2008.06.24

恐山

今年も恐山へ行き、境内にある宿坊に泊まってきました。
美味しくて健康的な精進料理を食べ、心が洗われる有り難い法話を聴き、体の芯から癒される温泉に浸かり(宿坊内に1つ、境内に4ヶ所の温泉がある)、朝のお勤めをして心を清めるという、これ以上ない素晴らしいところ。

10 11_2
15 17
14 16

2日目には奥入瀬渓流を小散策して、森林浴&マイナスイオン浴をしてリフレッシュしたはずが、三沢空港からの帰りの飛行機が濃霧のため欠航になってしまい、大慌てで代替手段の八戸からの新幹線を手配したりで(悪天候が原因で欠航した場合、基本的にはチケットが払い戻されるだけ)、癒し目的で旅行したのに、なんだか出発前よりもグッタリ疲れてしまった。また10月くらいに再訪したい。

142 18

【恐山宿坊「吉祥閣」】
・恐山電話番号(0175)-22-3825
・宿坊電話番号(0175)-22-3826
・1名12,000円(二食付き)入山料500円別途必要
・宿泊の1週間前までに予約
・宿坊の部屋は15畳+次の間付きで非常に広い

(タイムテーブル)
17時:この時間までにチェックイン
18時:夕食(精進料理)。
19時:法話。その後、希望者は自室で写経も可能
22時:消灯。入浴はこの時間まで可能
5時:入浴が可能になる
6時:起床
6時半:地蔵殿と本堂で朝のお勤め
7時半:朝食(精進料理)
10時:この時間までにチェックアウト

(注意)
部屋にテレビと冷蔵庫はなく、携帯電話の電波も一切入らない。

12 13

| | コメント (0)

2007.10.15

恐山

数年来の念願だった恐山へ行ってきた。
境内にある宿坊に1泊し、精進料理と温泉を堪能しつつ、写経をしたり早朝に本堂でお勤めするという非常に濃い内容だった。

恐山というと、どうしてもイタコの口寄せとか心霊現象のイメージが強すぎるため、近寄り難い怖さを感じてしまうが、実際に行ってみると、荒涼としたこの世の物とは思えない荒涼とした風景こそ広がっているものの、宿坊は綺麗だし温泉も抜群の湯加減、精進料理は豪華で非常に美味しく、お坊さんも親切かつ気さくで、いい意味で期待を裏切られること請け合い。

テレビや新聞がなく携帯の電波も入らない俗世間から完全に隔離された世界で、日頃の乱れた食生活を精進料理で正しつつ、疲れた体は温泉で癒せるので、身も心も芯から休めるのにはこの上ない場所だと思う。恐山は毎年5~10月しか開山してないため、そう頻繁に行けないのが残念だが、来年の5月になったら是非また宿坊に泊まりたい。

01_207_2

11_212_2 







【宿坊について】
・1人1泊12000円(2食付き)
・12畳+次の間付きの部屋
・テレビと冷蔵庫はない
・携帯電話の電波は一切入らない

(タイムテーブル)
17時:この時間までにチェックイン
18時:夕食(精進料理)。夕食後、希望者は自室で写経
22時:消灯。入浴はこの時間まで可能
5時:入浴が可能になる
6時:起床
6時半:地蔵殿と本堂で朝のお勤め
7時半:朝食(精進料理)
10時:この時間までにチェックアウト

1314

| | コメント (0)

2007.03.12

恐山

ちょくちょく国内旅行はしているが、最近無性に行きたくてしょうがないのが、青森県の恐山。
別にイタコの口寄せを頼みたいわけではなく、水子の供養(心当たりはない)でもなく、純粋に観光目的で。この絶望的なまでに荒涼としつつも美しい風景にどうしようもなく惹かれるのは自分だけでしょうか。。。恐山の中に宿坊があり、ここで精進料理をいただきつつ宿泊し、朝のお勤めまでできるらしいので、今年中に何としても行くつもり。ちなみに開山期間は5月から10月までの模様。

| | コメント (0)

2005.10.10

南の島

SN330007
南の島へ行ってきた。
同じ日本でこんなに美しい場所があったのかと感激!

| | コメント (0) | トラックバック (0)