2007.09.10

CANON EOS 40D

今までパドック・レースを撮影するときは、パナソニックのDMC-TZ3という10倍ズームのコンパクトデジカメを使っていたが、連写が効かないしフォーカススピードが遅いため、狙い通りの写真が撮れずにイライラしていたので、先月末に発売されたばかりのキヤノン EOS 40Dという、秒間6.5連写が可能なデジタル一眼レフカメラを買ってみた。

4年ほど前、廉価なデジイチとして大ヒットしたEOS kiss デジタルを発売直後に買ったが、全く使いこなせないまますぐ弟にくれてやった過去があるため、今回は果たして満足な写真が撮れるまで使うかどうか不安だったものの、ちょうど盛岡競馬場に行く用事があったのでこの40Dを持って行ったところ、これがまた素晴らしい。

スポーツモード・オートフォーカス・手ぶれ補正(レンズに付いている)のおかげで、ズームだけは自分で調節して後はシャッターを押してるだけのカンタンさ。秒間6.5連写だから、ズームを調整して被写体に食らい付いてシャッターを押していれば、1枚くらいは割と上手く撮れてる写真がある。ちょっとこれは競馬場へ行く時は手放せなくなりそう。

21010

| | コメント (0)