« シルクホースクラブ2018年申し込み馬 | トップページ | 8週連続勝利で今年17勝目 »

2018.08.04

最優先申し込み馬のデビュー戦

キャロットで最優先を使って出資したインボルクが、3歳の8月にようやくデビューを迎える。さすがにこの時期のデビューとなると勝ち上がりはかなり厳しそう。

◆8/04(土)新潟6R 3歳未勝利…×インボルク(内田)
2年前にキャロットの現3歳馬が募集された時、この馬を最優先で申し込みつつ珍しく2口申し込んだほど当時は気に入っていたのに、存在をすっかり忘れていた。3歳の8月にしてようやく今回がデビュー戦になる。昨年の9月にゲート試験を合格し、大きな問題はなくデビューを迎えられそうだったのが、動きが物足りないとのことでじっくり乗り込まれ、今年の1月に骨膜が出て完全に順調さを欠いてしまった。ようやく態勢が整ったというよりは、とりあえず走らせてみる程度で、既走馬相手の18頭フルゲートでは上位争いも難しそうで、おそらく回ってくるだけになってしまうのでは。ただ、気で走るタイプのステイゴールド産駒ということもあり、可能性が全くのゼロではないかも。もう未勝利戦も残りわずかで、タイムオーバーは避けたい。

◆8/04(土)新潟7R 3歳未勝利(牝)…△テトラクォーク(石橋脩)
今回が5戦目。前走は出遅れたところを馬群の外から強引に進出し、早仕掛けすぎて最後伸びあぐねて6着だったとはいえ、勝ち馬からは0.6秒差でソコソコは走れている。芝・ダート問わず先行力はある馬なので、スタートさえマトモならいいポジションを取れて流れに乗ったレースができるはず。幸いにして今回は大外枠を引いたので出遅れる心配は少なくなったし、多少の距離損はあってもモマれ込むこともないだろうから、この馬の力は発揮できそう。ただ、ノヴェリスト産駒でダートの1200mが最適とは言えないはずで、上位争いは可能でも頭までのイメージはあまり湧かない。いっそ逃げの手に出ても面白そう。

◆8/04(土)札幌8R 3歳以上500万下…×クロークス(藤岡佑)
昨年1月に500万条件のダート戦を逃げ切り勝ちした後、再度500万条件に降級してもなかなか好走できず、7戦して入着したのは1回のみ。でも逃げ馬だけにスンナリと行かせてもらえば一発はあり得るので、道中突っつかれずにマイペースの逃げを打てるかどうか。今回はハナにこだわるタイプは見当たらないし、大外枠を引いてモマれないレースはできそうなことから、上位好走できる余地は多少ありそう。ここ最近、積極的な競馬が多くて好印象の藤岡佑介騎手に乗ってもらえるのもプラスに働きそう。

◆8/05(日)小倉11R 小倉記念…◎ストロングタイタン(アブドゥラ)
前走の宝塚記念は、馬場が稍重までしか回復せず勝ちに行く競馬をして11着に敗れた。馬場もそうだけど距離も微妙に長かったか。中京芝2000m・阪神芝2000mのレコードホルダーだから、時計が出やすい今開催の小倉、しかも芝2000m、さらにパンパンの良馬場でレースを迎えられそうなのはこの馬としては願ってもない条件。57キロのトップハンデでも、57キロを背負って中京でレコードを出しているし、極端な軽量馬もいないので全く問題なし。ひとつ気がかりなのは、ハッキリした先行馬が見当たらないので、スローペースになる可能性がある点。この馬は速い上がりには対応できず、持続的な脚が求められる展開に強いタイプなので、後ろに控えすぎると差し届かないおそれも。4~5番手でレースを進めたい。

◆8/05(日)新潟12R 3歳以上500万下…○グラドゥアーレ(ルメール)
ちょうど1年前の未勝利戦を勝ち上がり、500万条件に昇級してからは4着・4着・2着と上位好走できている。芝の1400~1600m戦なら先行しても差しに回っても堅実に走れるのが強みで、左回りの芝1400mなら崩れるシーンは考えづらい。3月の前走後、左トモの深管に不安が生じて約5ヶ月ぶりになるけど、休ませていた期間は短く、じっくりと乗られていたので状態面は問題ないはず。18頭フルゲートで近走好走馬が多いとはいえ、降級馬が1頭もいないメンバー構成なのでここでも十分通用しそう。弟のアンブロジオが3勝目を挙げて準オープンにいるので、この馬も早く勝ち星を増やしたい。

|

« シルクホースクラブ2018年申し込み馬 | トップページ | 8週連続勝利で今年17勝目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シルクホースクラブ2018年申し込み馬 | トップページ | 8週連続勝利で今年17勝目 »