« 最優先申し込み馬のデビュー戦 | トップページ | シルクホースクラブ申し込み結果 »

2018.08.06

8週連続勝利で今年17勝目

重賞2勝目を期待したストロングタイタンは、レース中に心房細動を発症してしまいシンガリ負け。土曜日にテトラクォークが初勝利を挙げてくれ、これで8週連続の勝利となった(今年17勝目)。でも来週勝ち星を挙げるのはちょっと難しそう。

◆8/01(水)門別11R 安平町道の駅来春オープン特別…◎ブリージーストーム(石川倭)→2着
涼しい門別に移籍したせいか、いつもよりキビキビとした歩き方でパドックを周回し、いかにも元気そうで一安心。揃ったスタートを切り、じんわりと前へ行かせて内の馬が速かったので2番手に位置した。1200mでも追走は楽で持ったまま2番手をキープ。4コーナーから少し仕掛け気味に動いて逃げ馬に並び掛けて直線に向くと、外から勢いよく差してきた2頭に一気に交わされて一旦3番手に下がったものの、並んだら容易に交わさせない勝負根性を発揮して、懸命に踏ん張って2着は死守した。この開催は砂が補充されて内が伸びない馬場状態だったし、ややハイペースになって先行馬は辛い展開になったけど、それで2着なら決して悪くない。次走は8/14に組まれている1200mの重賞に出走予定。

◆8/04(土)新潟6R 3歳未勝利…×インボルク(内田)→15着
480キロとなかなかボリュームがあり、いかにも最優先で申し込みそうな好みの馬体。まだ絞れる余地はあっても太い印象は受けず、初出走のせいかちょっと落ち着きのなさはあった。ゲートが開いた瞬間に首を上げてしまい、あまり良いスタートは切れず後方から。スタート直後から追走に苦労してしまい、最後方で1コーナーに入った。内田騎手に時々促されながら馬群から離されないように追走し、3コーナーから徐々に前との差を詰めにかかってもピリッとした脚は使えず。直線に向いてもフラフラした走りで、後方にいた馬の中では先着した程度で2.0秒差の15着に終わった。かなりのピッチ走法で、現状では2200mを走るだけの体力はなさそう。大幅な変わり身は見込みづらく、未勝利戦が組まれている期間での勝ち上がりは無理だけど、レース前に想像していたほどは悪くなかったので、地方転出を試みて欲しい。

◆8/04(土)新潟7R 3歳未勝利(牝)…△テトラクォーク(石橋脩)→1着
2ヶ月半ぶりで2キロ減の418キロ。増えなかったけど細い印象もなく、小さいなりにまとまった馬体をしていたし、歩きもしっかりしていて全体的には前走以上に見えた。大外枠から好スタートを切り、少し促した程度でハナを優婆夷には行かず6番手に位置した。3コーナー手前で外から交わされそうになったところを強気に出して行き、逃げ馬の4頭分外から並び掛ける形で3~4コーナーを回り、直線に向いた時には単独先頭に立つと、残り200mからはハッキリと抜け出して後続を寄せ付けず、1馬身半のリードを保って1着となり5戦目で初勝利を挙げた。今回は石橋騎手の強気の乗り方がハマり、特に3コーナー手前で外から交わされそうになった時に控えず行かせた判断が素晴らしく、ここが最大の勝因。馬も早めの仕掛けによく応えてくれた。ちょうど1週間ほど前に、兄のストレンジクォークが不幸にも蹄葉炎で予後不良となってしまい、この妹の頑張りは嬉しい。

◆8/04(土)札幌8R 3歳以上500万下…×クロークス(藤岡佑)→11着
ここのところ馬体が増えていたので、10キロ減の470キロでも全く細くないし、硬さはあってもしっかりとした歩様で状態は良さそうに見えた。揃ったスタートからなかなかいいダッシュを利かせ、大外枠からハナに立った。後続を5馬身ほど離して1コーナーに入り、その後も軽快に飛ばして向正面に入る頃には10馬身ほどリードして大逃げを打つ形になった。それでもペースは決して速すぎず、1000m通過が60秒ソコソコで、願ってもないような理想的なに下に持ち込めた。3コーナーでも10馬身のリードをキープし、4コーナーあたりからジョッキーの手が動き、直線に向く頃にはリードが4馬身ほどに。残り200m地点で後続に交わされてしまい、そこからはさすがに踏ん張れず11着に終わった。非常に巧いペースで逃げを打ち、向正面では勝ったと思ったほど。今後ここまで楽に逃がせてもらうチャンスはなさそうだし、今となってはまだダートの方が良さそう。

◆8/05(日)小倉11R 小倉記念…◎ストロングタイタン(アブドゥラ)→12着
発汗の跡がある割にはパドックを周回していても発汗は目立たず、いい時はうるさいくらいの気合いを見せるのに、今回は妙に落ち着いていて好走時の雰囲気はなかった。揃ったスタートを切り、持ったままじんわりとポジションを下げて6番手に位置した。いつでも外に出せる理想的なポジションで、向正面でも外の6番手をキープ。ところが残り800mを通過したあたりから馬の反応が悪くて急にジョッキーの手が激しく動き始め、残り600m地点で急激に後退してしまい、それでも何とかゴールまで走って完走した。ジョッキーが馬を止めなかったことから脚の怪我ではなく心房細動か鼻出血かなと思ったら、幸いにして心房細動とのことで、しばらく休養してまた復帰して欲しい。いくら夏の暑い時期に調子を上げる馬とはいえ、この暑さの中を栗東坂路で猛調教したのが響いているはず。2番手にいた馬が33.5秒の上がりで勝つほどだから、アクシデントがなかったとしてもおそらく掲示板が精一杯だったはず。

◆8/05(日)新潟12R 3歳以上500万下…○グラドゥアーレ(ルメール)→3着
5ヶ月ぶりでマイナス8キロ。バランスの取れた馬体でちょうどいい体つき。ただ、どうも前肢・後肢ともチョコチョコ手先だけで歩いている感じで力強さに欠けていた。好スタートを切り、促してもあまり前へ行けずちょうど中団の10番手くらいに位置した。馬群でゴチャつくのを避けるためか、3コーナーの入り口で少し仕掛けてポジションを押し上げた。いい手応えのまま4コーナーを周って8番手くらいに直線に向くと、馬群の外からジワジワとは差を詰めたものの、先頭を走っていた2頭の脚色が衰えないままで、前に迫るほどの勢いはなく3着まで。道中のラップを見ると決してスローペースではなかったけど、52キロの軽量3歳牝馬が1・2・4・5着を占め、5キロの斤量差があって詰め切れなかった印象。それでも相変わらず堅実に走れているし、続けて使えるようなら2勝目は順番待ち。

【次週出走予定】
◆8/11(土)新潟11R 新潟日報賞…アンブロジオ(横山典)
◆8/12(日)札幌2R 3歳未勝利…トゥンバドーラ(未定)
◆8/12(日)札幌6R 3歳以上500万下…トラベリング(ルメール)
◆8/12(日)札幌12R 報知杯大雪ハンデキャップ…アナザーバージョン(未定)
◆8/12(日)大井10R 大井のSPAT4プレミアムポイント賞…ガーデンズキュー(笹川)

|

« 最優先申し込み馬のデビュー戦 | トップページ | シルクホースクラブ申し込み結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最優先申し込み馬のデビュー戦 | トップページ | シルクホースクラブ申し込み結果 »