« 圧倒的なダート適性の高さを証明 | トップページ | シルクホースクラブ2018年申し込み馬 »

2018.07.31

門別への期間限定移籍

大井の荒山厩舎所属だったブリージーストーム、5月頃から早くも夏負けの兆候が出ていたため、期間限定で門別の小野厩舎へ移籍した。移籍自体は面白い試みで歓迎だけど、今までこの馬が出走した41戦全て現地応援していたので、その記録が途切れるのは残念。

◆8/01(水)門別11R 安平町道の駅来春オープン特別…◎ブリージーストーム(石川倭)
まだあまり暑くない時期から夏負けの兆候があったため、秋までの期間限定で大井から門別へ移籍することになった。南関東に比べると賞金水準は低いけど、かなりの大型馬で一度休ませると立て直すのに時間も負荷もかかってしまうため、涼しいところで動かした方がいいと判断されての門別移籍で、地方競馬オーナーズでは初めての試みになる。今年に入ってから大井のオープン特別で4着・2着に好走していたし1200m戦にも対応できていたので、今回の1200mオープン戦なら十分通用するはず。ただ、大井とはあまりにも砂質が違いすぎて、かなりの負荷が掛かるタフな馬場状態だから、景気よく逃げてしまうと直線でバッタリと止まってしまうおそれも。メンバー的には楽にハナを切れる組み合わせで、この馬の形に持ち込めることは確実。門別で重賞を勝つためにも初戦から期待したい。

|

« 圧倒的なダート適性の高さを証明 | トップページ | シルクホースクラブ2018年申し込み馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 圧倒的なダート適性の高さを証明 | トップページ | シルクホースクラブ2018年申し込み馬 »