« 苦しい展開でも踏ん張って4着 | トップページ | 不振を極めていた馬の復活劇 »

2018.07.07

馬場悪化で減点が必要

函館で出走する3頭は、良馬場ならいずれも勝ち負けに持ち込める力はあるけれど、道悪は減点が必要であまり強気になれない。

◆7/07(土)函館8R 3歳以上500万下…△ブレッシングテレサ(藤岡佑)
8戦連続二桁着順という不振の極みに達していた馬が、陣営の努力によって前走は2着に好走し、馬券圏内に入るのはデビュー戦以来の2年4ヶ月ぶりだった。前走と同様に函館芝1200m戦で、降級馬がいないメンバー構成になり、実力的には再度上位好走も期待できそう。ただし今回は道悪は避けられそうになく、重馬場の巧拙というよりはどうしても道悪になると後方からの差し・追い込みが利きづらくなり、その点がどう影響するか。せっかく後方待機で好走できるようになったので、届かないのを覚悟で後方から大外をブン回すような乗り方を期待したい。

◆7/08(日)福島6R 2歳新馬…×オルオル(△藤田菜)
YGGオーナーズの無料馬。美浦に入厩してから1ヶ月半ほどじっくりと調整され、ゲート試験も特に問題なく合格していたものの、馬体重が400キロほどしかなくて強めの追い切りができず、まだ調教では終いの1ハロンが14秒台しか計時できていない。バーディバーディ産駒でダートの方がいいはずだから、今回の芝1200mでは回ってくるだけになりそう。

◆7/08(日)函館12R かもめ島特別…○アグレアーブル(岩田)
前走は2番手から直線抜けだし、2年ぶりの3勝目を挙げた。函館は2戦2勝と相性がいいし今回も8頭立ての少頭数になり、昇級戦でも引き続き勝ち負けできそう。重馬場で勝っているので道悪自体は問題ないけど、2年前に函館で勝った時は重馬場の中を後方から無理に追い込んで脚を傷めたので、ここは勝ちに行く強引な競馬はせず前の方でスムーズに立ち回りたい。

◆7/08(日)函館12R かもめ島特別…△イストワールファム(ルメール)
今回が1000万条件への降級戦で、今回のメンバーの中では唯一の降級馬。2ヶ月ぶりでここを目標にキッチリと仕上げられたし、先行力・決め手とも持っている馬で、本来ならここでは断然の存在。ただ湿った馬場が苦手なローエングリン産駒で、実際に稍重だった忘れな草賞でも全く伸びずに敗れていることから、今回に関してはあまり自信がない。函館はもう雨は降らなそうなので、レースまでにどこまで馬場が回復するか。良馬場なら勝ち負け。

|

« 苦しい展開でも踏ん張って4着 | トップページ | 不振を極めていた馬の復活劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苦しい展開でも踏ん張って4着 | トップページ | 不振を極めていた馬の復活劇 »