« 現2歳世代のJRA最初のデビュー戦 | トップページ | 適条件ではなく今回は苦戦必至 »

2018.07.01

実に嬉しい、偉大なる「2着」

ブリーズドゥース、4ヶ月ぶりでも馬が良くなっていて2着に好走し、大井へ移籍するために必要な獲得賞金(150万円以上)をクリアできた。未勝利卒業と同じ価値がある2着で、関係者の努力に感謝。

◆6/30(土)函館2R 3歳未勝利(牝)…◎エトワールドパリ(藤岡佑)→4着
中1週でもプラス6キロ。もっと増えてもいいくらいだけど前走当時のような細い印象は受けず、落ち着いてパドックを周回していた。スタート後の1歩目で躓いて態勢を崩してしまい逃げられず、後方4番手で1コーナーに入った。まずまず流れが速くなり、ペースを考えると位置自体は悪くなかったけど、向正面に入ってから馬群の外から進出して徐々に前との差を詰め、3コーナーに入る頃にはジョッキーの手が盛んに動きながら5番手まで押し上げたものの、直線に向くとさすがに余力がなくなって伸びあぐねてしまい4着となった。スタートはいい馬だったので、躓いて後方からになったのは想定外。それでも優先出走権は確保しているので、引き続き順番待ち。

◆6/30(土)福島3R 3歳未勝利(牝)…×キュアエンジェル(△藤田菜)→16着
初出走とは思えないほど落ち着いて歩けていたし、前向きさも感じられた。ただ歩様が全体的にこぢんまりとしていて馬体にメリハリがなく、いかにも使いつつといった印象。ゲートの出はまずまずだったものの、スタート直後から追走に苦労している様子で最後方から。何とか馬群から離されないよう懸命に追われても、3コーナーに入ったあたりでは1頭だけポツンと最後方に。そのままゴールまで流れ込む形になり、勝ち馬から3.6秒差のシンガリ負けを喫した。残念ながらタイムオーバーで、今のままではダートを使っても余計に勝ち馬との差が開きそう。

◆6/30(土)函館9R 3歳以上500万下(牝)…×クイックモーション(丸山)→13着
マイナス2キロの468キロとそれほど減らずにレースを迎えられたけど、やはりまだまだ線が細くて490キロくらい欲しい。トモの伸びが良く、パドックの雰囲気は上々だった。ゲートの中でかなりガタガタしてしまい、伸び上がるようにゲートを出て後方から。徐々にポジションを挽回して後方5番手で1コーナーに入った。馬群の外を回してジンワリとポジションを押し上げ、向正面に入るあたりではちょうど中団に。3コーナーに入ってから追われたものの、その時点でかなり手応えは怪しく、馬群の外を回らされたこともあって直線に向く頃には後方まで下がってしまい、結局はシンガリ負けを喫した。出遅れたなら、それはそれとして大人しく後方待機しておけばいいものを、強い競馬をしてはこんな結果になるのも当然。レース選択が最悪なら乗り方も最悪だった。

◆6/30(土)中京11R 白川郷S…○アンデスクイーン(福永)→4着
中1週でも馬体重は前走と変わらず、全く疲れを感じさせないしっかりとした歩様でパドックを周回し、文句なしの気配だった。揃ったスタートを切り、逃げ馬の前めのインを取りに行った。ラチ沿いの4番手で1コーナーに入り、理想的な位置取り。縦長のスローな展開になってしまい、道中はずっと逃げ馬から4馬身ほど後ろのインでじっと構える形に。4コーナーから追われ始めたもののペースが遅かったので前との差をなかなか詰められず、いったんは後方に下がりかけつつも坂を上がってからもう一度伸びて3着争いはハナ差及ばずの4着だった。速い流れの高速決着は得意だけど、スローの上がり勝負では分が悪かった。今回もいいレースはできていて、牡馬混合の準オープンをもう1回勝つのは並大抵のことではない。

◆7/01(日)福島1R 3歳未勝利(牝)…×ブリーズドゥース(松山)→2着
4ヶ月ぶりでも落ち着いていたのは良かったし、以前よりも全体的に歩き方がしっかりしていて前進できそうな雰囲気だった。揃ったスタートを切り、促して逃げ馬の外に並びかけて2番手を取りに行った。平均的なペースになり、逃げ馬からは1馬身離れての追走に。向正面でも外からマクられず2番手をキープ。3コーナーに入って逃げ馬の手応えが怪しくなってもこの馬はいい手応えのままで、4コーナーの半ばで先頭に立って直線に向くと、外から並び掛けてきた馬を再度突き放した時は一瞬勝ったかと思ったけど、さらに外から差を詰めて来た馬には交わされてしまい2着となった。過去4戦からすると鮮やかな変わり身で、今までなら直線入り口で後退していたのが最後までしっかり走れるようになった。林徹調教師がこの馬を上手く鍛えてくれたし、松山騎手も積極的に乗ってくれて頭が下がるばかり。まだ首が高いままで、これで上手に首を使ってバランス良く走れるようになればもっとやれそう。この2着で賞金200万円を獲得し、大井競馬へ移籍するための条件をクリアできたのが何よりも嬉しく、この2着は未勝利脱出と同等の価値がある。

◆7/01(日)函館5R 2歳新馬…△パイロテクニクス(勝浦)→1着
496キロと大柄な馬体で、まだ多少余裕があって新馬戦としては理想的な仕上がり。気の悪さを見せずトモの伸びも上々だった。まずまず揃ったスタートを切り、少しダッシュが鈍くて5番手から。雨が降って重まで馬場が悪化しても道中の走りには余裕があり、3~4コーナーの中間あたりで少し促して前との差を詰め、先頭から4馬身差の5番手で直線へ向くと、馬群の外へ出さずに馬群を割る形でいい脚色で伸び、残り100m過ぎで逃げ馬を捕らえて先頭に立つと、2馬身半の差を付けてデビュー勝ちをおさめた。新聞の印どおり単勝14.0倍の4番人気という低評価で半信半疑だったけど、重馬場になったのも良かったのか、中団から馬群を割って差し切るという味な競馬で勝ってくれた。もちろん将来的にはダートの方が良さそうだけど、レースぶりが大人びていたので函館2歳Sに向かうのも面白そう。

【次週出走予定】
◆7/04(水)川崎11R デイリー文月杯…ブリージーストーム(今野)
◆7/07(土)函館8R 3歳以上500万下…ブレッシングテレサ(藤岡佑)
◆7/08(日)福島6R 2歳新馬…オルオル(未定)
◆7/08(日)函館12R かもめ島特別…アグレアーブル(岩田)
◆7/08(日)函館12R かもめ島特別…イストワールファム(ルメール)

|

« 現2歳世代のJRA最初のデビュー戦 | トップページ | 適条件ではなく今回は苦戦必至 »

コメント

no38さん、こんばんは。

前走7着からの変わり身は厳しいかなと思っていましたが、この好走は正直驚きました。

この日の3レースの勝ち時計よりも走破タイムが速く、
あと少し馬がしっかりしたり、展開が向けばもう勝てるところまで来てますね。

馬体そのものは素晴らしいので、これで実が入ってくれば大いに楽しみです。
何とか初勝利をと期待しています。

投稿: 遠藤 | 2018.07.02 01:52

EYさん、こんばんは。
ブリーズドゥース、今回は良く頑張ってくれましたね。鮮やかな変わり身でした。
直線に入った時は一瞬勝ったかと思い、色めき立ちました。

これで、未勝利を卒業できなかったとしても、
大井の荒山厩舎へ転籍してしっかり鍛えるという選択肢ができましたし、
なにより未勝利卒業のメドが立ったので、何とか次でもう一歩の前進を期待したいですね。

投稿: 遠藤 | 2018.07.02 01:44

いや〜 本当に林調教師には感謝ですね

調教師と本馬の初勝利は逃しましたが、次回のチャンス楽しみです
適切な調教で、ゆるゆるのトモも、少しはしっかりしてきました
本格化はまだまだ先なので、夢の続きが見れそうです

遠藤散財コンサルタンツ様の牧場動画で、出資を決断したno38として、あらためて、御礼申し上げます

投稿: no38 | 2018.07.01 19:51

ブリーズドゥースが価値ある2着に入り今日は胸が熱くなりました。
転厩されて好転することを期待していたのですが、まさに馬が良い方に変わってくれていました。
トモを痛めるクセがあるので心配ではありますが、もしかすると未勝利脱出も見えてきました。
次走が楽しみになりました。

投稿: EY | 2018.07.01 14:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現2歳世代のJRA最初のデビュー戦 | トップページ | 適条件ではなく今回は苦戦必至 »