« 宝塚記念挑戦と1年4ヶ月ぶりの復帰戦 | トップページ | 逃げを打てれば前走以上に »

2018.06.24

長休明けを圧勝するダート適性の高さ

宝塚記念に出走したストロングタイタンは今日のところは完敗。でもウェスタールンドは、長期休養明けながらちょっとモノが違うのではと思うような強い勝ち方をしてくれ、これはダート路線での活躍を大いに期待してしまう。

◆6/23(土)東京12R 3歳以上500万下…×キュイキュイ(△藤田菜)→8着
チャカチャカと小足を使った歩きでもイレ込んでいるほどではなく、いつもに比べると落ち着いている方。馬体重こそ前走と同じでも厚みのある馬体で力は出せそうなデキに見えた。あまりゲートの出は良くなく後方3番手から。3コーナーからはラチ沿いのインコースに入れたものの、ずっと口向きが悪くて外に張ったままの走りになってしまい、懸命に修正しつつほぼ最後方で直線に向くと、馬場のいい外には出せずバラけた馬群の中を進め、それでもソコソコの伸びは見せて8着となった。結果的にあまり上手い乗り方ではなかったけど、それでも1.0秒差の8着なら期待以上。広いコースで後方から差す競馬は向いてるかも。

◆6/24(日)函館8R 3歳以上500万下…×ブレッシングテレサ(藤岡祐)→2着
尻尾を振ったり多少チャカつく面は見せても、今までを考えると別馬のように落ち着いて歩けていたし、歩様の力強さ・馬体の張りとも上々で好気配。まずまずのスタートを切り、抑えて後方2番手まで下げた。掛かるのを抑え加減の追走となり、外に馬がいて馬群の中を追走する形で3~4コーナーを回り、それでも直線に入った時にガラッと空いた外に出すと1頭だけ違う脚色で前との差を詰め、先に抜け出した馬には3/4馬身及ばず2着となった。函館は直線が短いので苦戦を覚悟していたけど、それにしても馬群の中でよく我慢して終い伸びてくれた。馬券圏内に好走できたのはデビュー戦以来で2年4ヶ月ぶり。不振を極めた牝馬をここまで立て直したのは関係者の努力によるもので頭が下がるばかり。

◆6/24(日)阪神11R 宝塚記念…▲ストロングタイタン(川田)→11着
発汗は目立ったものの気の悪さは全く見せずに集中して歩けていたし、馬体の張りもあって前走同様に好気配で十分力を出せるデキだった。揃ったスタートを切り、ジンワリと前へ行って逃げ馬の直後の3番手に位置した。淡々とした比較的速めのペースになり、向正面までは隊列が変わることなく少し抑え加減の追走。3コーナーの手前では前を行く2頭の外に出して早めに動く態勢を整えつつ、4コーナーでサトノダイヤモンドが動いたのと併せて動き始めて2番手で直線に向いたものの、その時点で既に脚色は余裕がなく、残り200m地点で一杯になってしまい勝ち馬から1.2秒差の11着となった。スタート直後は一旦外に振りながらいい位置を取りに行き、3コーナーでは外に出していつでも動ける準備をして、4コーナーではレースの流れに沿って早めに動くという勝つための競馬をしてくれ、実際に道中は何の不利も受けない好騎乗だった。惜しむらくは、馬場が稍重のままだったことと想定よりも流れが速くなって前が辛い展開になってしまった点。2200mの距離も長かった。でも強い相手に正攻法の競馬をした経験が今後に生きてくるはず。

◆6/24(日)函館12R 津軽海峡特別…△ウェスタールンド(藤岡佑)→1着
グリーンチャンネルのパドック中継がほぼ真後ろからの映像だったので気配はよく分からず。長期休養明けでも8キロ増にとどまり、少なくとも太くは見えなかった。揃ったスタートを切り、スタート後はあまり馬に行く気がなく後方4番手から。馬群の外を回しつつ向正面に入り、いったん馬群の中にいれても砂を被るのを嫌がる様子はなかった。後方4番手で3コーナーに入ると、手綱を持ったまま馬群の一番外を回して一気に前との差を詰め、3番手まで上がって直線に向くと、いい脚色をキープしたまま残り200m地点で突き抜けて1馬身3/4の差を付け、1年4ヶ月ぶりの長いブランクをものともしない完勝で通算4勝目を挙げた。3コーナーで持ったまま上がって他馬を一気に交わす脚色はアーモンドアイを彷彿とさせ、上がり3ハロンは35.9秒とおよそダートのものとは思えない速さだった(上がり2位は37.0秒)。想像を遙かに上回るダート適性の高さで、これはぜひ早めに重賞に出走させたい。

【次週出走予定】
◆6/26(火)大井8R C1(三)(四)(五)…ブレッザフレスカ(赤岡)
◆6/30(土)福島3R 3歳未勝利(牝)…キュアエンジェル(△藤田菜)
◆6/30(土)函館7R 3歳以上500万下…クイックモーション(丸山)
◆6/30(土)中京11R 白川郷S…アンデスクイーン(福永)
◆7/01(日)福島1R 3歳未勝利(牝)…ブリーズドゥース(松山)
◆7/01(日)函館5R 2歳新馬…パイロテクニクス(勝浦)

|

« 宝塚記念挑戦と1年4ヶ月ぶりの復帰戦 | トップページ | 逃げを打てれば前走以上に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宝塚記念挑戦と1年4ヶ月ぶりの復帰戦 | トップページ | 逃げを打てれば前走以上に »