« 長休明けを圧勝するダート適性の高さ | トップページ | 状態を上げられず6着止まり »

2018.06.25

逃げを打てれば前走以上に

そういえば昨日のウェスタールンドの勝利は、JRA出資馬通算200勝目でした。

◆6/26(火)大井8R C1(三)(四)(五)…○ブレッザフレスカ(赤岡)
鼻出血を発症して順調さを欠いた前走も、2番手から一旦先頭に立ってあわやのシーンは作れた。一度使われた後、一開催飛ばさずここへ出走してきたからには多少なりとも前走より状態面も上向いているはずだし、メンバーを見ると前走二桁着順に大敗している馬が多く、ここ一連の時計的にも上位争いに持ち込めそう。ハナにこだわりそうな馬は見当たらないけど、前へ行きたい馬は多く、流れがどうなるかがカギになる。内の3番ゲートを引いたことから、ここも逃げの手に出たい。

|

« 長休明けを圧勝するダート適性の高さ | トップページ | 状態を上げられず6着止まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長休明けを圧勝するダート適性の高さ | トップページ | 状態を上げられず6着止まり »