« ハナを取り切れば初勝利も | トップページ | 函館に有力馬が揃う »

2018.06.15

カヴァレリア3連勝

カヴァレリアが3連勝を飾ってくれた。休養後に大井でもう1戦した後、秋の東京開催を目標にJRAへ復帰することになった。

◆6/08(金)大井10R 特選仲夏賞…◎カヴァレリア(真島)→1着
中1週でも疲れた様子はなくキビキビとした歩様でパドックを周回して好仕上がり。引き続き力は十分出せる状態に見えた。揃ったスタートを切り、押して前へ行かせて一旦ハナに立ったものの、外の馬を行かせて2番手に控えた。1~2コーナーでは掛かるのを抑えつつ、向正面に入ったあたりで折り合いが付き、逃げた馬に並びかけた。3コーナーに入るあたりでは逃げ馬がバテて早くも先頭に立ち、持ったままのいい手応えで直線に向くと、内ラチ沿いピッタリに進路を取りながら後続を寄せ付けず、3馬身のリードを保って1着となり3連勝を飾った。前走は展開に恵まれた面もあったけど、今回は自分でレースを作っての完勝で、レースを重ねるごとに内容が良くなってきたのは厩舎関係者やジョッキーのおかげ。C1クラスをもう1勝してもJRAでのクラス(500万)は変わらないことから、一度休養に出しつつもう1戦してからJRAに戻ることになった。
A43i9746 A43i0050

◆6/10(日)東京6R 3歳未勝利…▲エールブラン(△武藤)→8着
馬っけを出しながらもパドックの外を大きな歩様で周回していたし、歩様にもそれほど硬さは感じられず好仕上がり。揃ったスタートを切り、押してハナを取りに行こうとしたところ、外からドッと来られてしまい7番手のインで1コーナーに入った。道中の反応が鈍くて向正面では早くもジョッキーの手が動きはじめ、どんどんポジションを悪くしてしまい3コーナーに入るあたりでは10番手くらいに後退。そこからも懸命に追われて何とか引き離されずに食らいつくも、直線に入っても伸びずバテずといった走りで勝ち馬からは3.1秒差の8着に終わった。逃げられなかった時点で苦戦は必至だったけど、なんとか1周回ってくるのが精一杯のレースになってしまった。もうダートの長距離戦はなく、残念ながら未勝利卒業はかなり難しそう。

【次週出走予定】
◆6/16(土)函館7R 3歳以上500万下…トラベリング(ルメール)
◆6/16(土)東京10R 相模湖特別…アンブロジオ(横山典)
◆6/16(土)函館12R 遊楽部特別…アグレアーブル(ルメール)
◆6/17(日)函館1R 3歳未勝利(牝)…エトワールドパリ(岩田)
◆6/17(日)阪神2R 3歳未勝利…ダージリンクーラー(△川又)
◆6/17(日)阪神10R 灘S…アンデスクイーン(松若)
◆6/17(日)東京12R 3歳以上500万下(牝)…サラーブ(川田)

|

« ハナを取り切れば初勝利も | トップページ | 函館に有力馬が揃う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハナを取り切れば初勝利も | トップページ | 函館に有力馬が揃う »