« 3歳の6月に古馬混合戦を完勝 | トップページ | 長休明けを圧勝するダート適性の高さ »

2018.06.23

宝塚記念挑戦と1年4ヶ月ぶりの復帰戦

今週はストロングタイタンが宝塚記念に挑戦するほか、ウェスタールンドが1年4ヶ月ぶりに復帰し、しかも待望のダート戦に出走するという楽しみな顔ぶれ。

◆6/23(土)東京12R 3歳以上500万下…×キュイキュイ(△藤田菜)
2歳時に未勝利戦を勝ってから6戦していずれも好走できていない。その中に5着が1回だけあるとはいえ、11頭立ての少頭数で勝ち馬から0.7秒差の完敗を喫しており、上位争いとはほど遠い状態が続いている。前走はダート戦に挑戦したものの、やはりハービンジャー産駒だけあって全く走れなかった。今回は勝ったことのある東京コースで、長すぎず短すぎない1400mの距離も現状ベストなはずだから、前走よりは条件が好転するし、切れる脚がない分だけ馬場が渋れば有利になるので、展開次第では二桁着順は免れるかも。平場の500万条件にしては妙にメンバーが揃ってしまい、どう贔屓目に見ても勝ち負けに加われる可能性はない。

◆6/24(日)函館8R 3歳以上500万下…×ブレッシングテレサ(藤岡祐)
8戦連続二桁着順のひどい成績だったのが、芝の短距離戦で後方待機のレースをしてからは7着・6着と復調の兆しを見せている。今回も芝1200m戦で、調教の動きからすると引き続き好調を維持しており、しかも前走500万条件での入着馬が1頭だけとメンバーレベルも手頃になったので、実力的には通用の余地が十分ある。ただ、函館は直線が短くて差し・追い込みが非常に決まりにくいし、今開催は特に前残りの傾向にあるため、ここ2戦のような競馬をすると脚を余す恐れが。先行馬が少なくスローな展開になりそうなのも懸念点。この馬が一桁着順に好走したレースは全て藤岡康太騎手が鞍上で、今回は兄の祐介騎手に乗り替わることもマイナスに。

◆6/24(日)阪神11R 宝塚記念…▲ストロングタイタン(川田)
前走は恵まれた面もあったにせよ、直線で内を突くという今までにないレース内容で重賞初制覇を果たしてくれた。追い切りの動きを見ても今までとは馬が変わったかのような迫力のある走りで、中2週でも前走同様の項状態をキープできている。初めてのG1挑戦でメンバーレベルも格段に高くなるし、G1ともなると走破タイムや勢いだけでなく馬の格みたいなものも必要になるので、ここで通用するかは未知数。ただ、宝塚記念は例年比較的上がりのかかる展開になって、いい脚を長く使えるタイプが好走していることから、切れる脚はないけれど持続性のある脚を使えるこの馬に展開が向く可能性が高い点は強調材料。前日は重まで悪化した馬場もレースを迎える頃には良馬場まで回復しそうなのもプラスで、状態面・展開面・馬場状態と好条件が揃った。あとはこの馬の力がG1で足りるかと、運が向いてスムーズなレースができるかどうか。過去6勝中3勝を挙げている川田騎手への乗り替わりは全く問題なし。毎回書いているけどパドックでの気配が着順に直結する馬なので、馬体に張りがあるかとイレ込んでいないかは注意。

◆6/24(日)函館12R 津軽海峡特別…△ウェスタールンド(藤岡佑)
重度の裂蹄を2回発症してしまい、1年4ヶ月ぶりのレースとなる。2年前の4歳時に小倉で1000万特別を勝ってからは、降級して同条件でも善戦止まりになっていたけど、今回は21戦目にして初めてダートへ矛先を変えた。ダートの方が勝利数が多いネオユニヴァース産駒ということもあり、こなせるどころか芝よりもいい走りができる可能性すらある。休養中に去勢が施され、以前のようにレース前半で真面目に走らない面が解消されていればいいけれど、ますます走る気に欠けるようになっているリスクもある。初ダートなのでモロに砂を被ることは避けたいため、大外枠を引いたのは好材料。長期休養明け・去勢明け・初ダートと不確定要素が多いとはいえ、久しぶりの実戦復帰でどんなレースを見せてくれるか楽しみ。

|

« 3歳の6月に古馬混合戦を完勝 | トップページ | 長休明けを圧勝するダート適性の高さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3歳の6月に古馬混合戦を完勝 | トップページ | 長休明けを圧勝するダート適性の高さ »