« コースレコードで重賞初制覇 | トップページ | 1200m戦も全く問題なし »

2018.06.04

待ちに待った1200m戦

ブリージーストーム、門別時代には牧場側から短距離馬という評価をされていたけど、大井に転入してからは1600mや1800mでの好走歴が多かったので、なかなか短い距離を使われる機会がなかった。今回は待望の1200m戦出走が叶い大いに楽しみ。

◆6/07(火)大井8R C1(四)(五)…×ブレッザフレスカ(赤岡)
疲れが出て一息入れられ4ヶ月半ぶりの出走となる。右トモが弱い馬なので使い込まれるよりはフレッシュな状態の方が走れており、本来であれば休み明けの今回が狙い目になるけど、帰厩後に鼻出血を発症して1開催後ろ倒しにした経緯があり、どこまで走れるか半信半疑。追い切りの本数は十分足りているし、もともとC1のこれくらいの組では好走経験もあるので、スムーズに先行出来れば残り目もありそう。時計的には十分通用するし、メンバーを見渡すとハナにこだわりそうな馬がいないのもプラス。

◆6/07(火)大井11R 東京スポーツ賞…○ブリージーストーム(今野)
南関東転入35戦目にして初の1200m戦に出走する。門別在籍の2歳時に、1700m戦では追走に一杯だったのが1200m戦に矛先を変えたら素晴らしい先行力を見せ上位好走できていたので、いつかは大井でも1200mを走らせてみたかった。門別で好走してから5年近くが経過していて、もう7歳なので今となってはスピード不足の可能性もあるけれど、姉のショコラヴェリーヌも1200m戦を使い始めてから成績が上向いたこともあり、この馬も変わる余地は十分秘めていると思う。外枠を引いたので、ダッシュが利かなかったとしてもモマれる心配がなくなったし、これといった強敵も見当たらず楽しみな一戦。中1週は過去に好走歴があり、特に心配なさそう。

|

« コースレコードで重賞初制覇 | トップページ | 1200m戦も全く問題なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コースレコードで重賞初制覇 | トップページ | 1200m戦も全く問題なし »