« レース選択の幅が広がる価値ある勝利 | トップページ | 入着2回と大敗2回 »

2018.05.12

上位好走の期待は持てる

今週は土曜日に4頭が出走し、いずれも入着圏内は期待できそう。ただ勝ち星を計算できるまではなく、展開の助けがあればといった印象。

◆5/12(土)東京4R 3歳未勝利(牝)…▲パストゥレイユ(ルメール)
1月の新馬戦で3着後、3ヶ月半ぶりの出走。特にどこかを傷めたわけではなく、疲れが抜けるのに少し時間がかかった程度で、完全には休ませずじっくりと乗られて仕上がりは良好なはず。その新馬戦ではインの3番手から器用に立ち回り、残り200m地点では一旦先頭に立ちながらもゴール直前で外の2頭に交わされる惜しい内容だった。多少展開に恵まれた面はあったにせよ、先行できる脚と狭いところを割ってくる根性もあるので、今回も上位争いは確実。今回は外枠を引いたのでスムーズなレースができそうな点も好材料。

◆5/12(土)新潟6R 3歳以上500万下(牝)…△クイックモーション(丸山)
ダートでは牝馬限定戦を2回使われて5着・7着とあまり褒められたものではなく、道中のポジションがそのまま着順になり、伸びずバテずといったレース内容。今回はここ数戦の中では追い切りの動きも良く、いい状態でレースに臨めそうだし、最内枠に入ったことで前々で競馬を進められることから、上位争いには十分加われそう。ディープインパクト産駒で細身ながら、ダートでも馬群を苦にしない強みは持っているので、4歳馬が降級してくる前に好走程度は期待したい。芝のレースで2着好走したときも逃げの手に出ていたので、強気に先行したい。

◆5/12(土)東京6R 3歳500万下…△エンジェルウイング(川田)
前走はスムーズなスタートから5番手に位置したのに、ずっとジョッキーの手が動きっぱなしで追走に余裕がなく、直線でズルズル後退して1番人気を大きく裏切る10着に大敗した。終始ハミを取らなかったとのことで、今回はしっかりと走れるかどうか不安な面も。前走を除けば常に善戦できてるとはいえ時計面に限界のあるタイプで、まだ500万クラスを勝ち負けできるほどのスピードは不足している印象。今までずっとダート1400mを使われていたのが今回は1600mに距離が延長され、追走は楽になることから、持ち前の渋太さを生かせる展開になれば入着圏内には頑張れそう。へニューヒューズ産駒だから東京ダート1600mは大得意なはず。

◆5/12(土)京都11R 都大路S…○ストロングタイタン(岩田)
調子にハッキリとした波があるタイプで、好調時はキッチリと連対を果たすものの、ダメな時はパドックの時点で見栄えがせずにレースでも凡走している。今回はレース前の気配は上々で、寒い時期よりは比較的暖かくなった時期に結果を出しており、好走条件は揃っている。ただ切れる脚がないので本来はワンターンの1800mよりもコースを1周する2000mの方がいいし、オープン特別にしては妙にメンバーが揃ってしまい、クラス慣れしているとはいえ勝ち負け必至とまでは言えない。

|

« レース選択の幅が広がる価値ある勝利 | トップページ | 入着2回と大敗2回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レース選択の幅が広がる価値ある勝利 | トップページ | 入着2回と大敗2回 »