« JRAに復帰したくない | トップページ | 鳴尾記念2頭出し »

2018.05.26

もっと長い距離の方がいい

今週は3頭が出走する。だいぶ在厩馬が増え、6月は出走頭数も多くなりそう。

◆5/26(土)京都3R 3歳未勝利…△ダージリンクーラー(和田)
前走は好スタート・好ダッシュを決めたのに、結局はなかなかスピードが乗らず8番手からの競馬になり、ジョッキーがスタートから必死に追ってもズブさばかりが目立って5着が精一杯だった。現状では前走以上のレースができるとは思えず、少なくとも勝ち負けは無理だと思うけど、前走程度走れば時計的には十分通用するくらいのメンバー構成になり、ペース判断が上手な和田騎手が鞍上ということもあり、展開や乗り方次第では入着ならあり得そう。今回のダート1900m戦も悪くないものの、本来ならもっと距離が長い方がいいはずで、次開催のダート2000m戦への出走を確実にするためにも5着以内に入りたい。

◆5/26(土)京都8R 4歳以上500万下…×クロークス(▲川又)
前走は11戦ぶりに芝を使われ、比較的速いペースで逃げて5着に踏ん張った。コンデュイット産駒だけに、スタミナ勝負に持ち込まないと上位好走は難しく、今回もメンバーを見渡すと他に逃げそうな馬が見当たらないので、スタートさえ悪くなければ速い流れの逃げに持ち込めそう。前走の芝2000mから2200mへ距離が延びるのも好材料で、もっと長くていいくらい。前走も時計的にはまずまずの水準だったし、引き続き3キロ減の川又騎手が鞍上で、道中絡まれずスムーズな逃げを打てれば好走以上の可能性も。いっそ大逃げを打つくらいの乗り方を期待したい。

◆5/27(日)東京9R むらさき賞…○アップクォーク(ボウマン)
トモや背中が疲れやすい馬でなかなかコンスタントに使えず、1度走ると3ヶ月くらいは間隔を空けないとダメなタイプだけど、それでも毎回のように上位争いしてくれているし、今回はかなり状態面は良いとのことで、引き続き勝ち負けに持ち込めそう。昇級戦とはいえ4歳時に準オープンで2着に走れており、格負けの心配もない。ただこのレースはハンデ戦で、クラス好走馬・昇級馬が揃ったかなりレベルの高いメンバー構成になり、準オープン好走実績があるのでハンデも56キロと見込まれた。速い上がりが要求されるレースには滅法強いので、ある程度のペースで流れつつ、後方から決めてを生かすような展開に持ち込みたい。本来なら距離は2000mくらいあった方がいい。

|

« JRAに復帰したくない | トップページ | 鳴尾記念2頭出し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JRAに復帰したくない | トップページ | 鳴尾記念2頭出し »