« 古豪の踏ん張りで2着健闘 | トップページ | 条件はベストでどこまで変われるか »

2018.04.21

前走以上の結果を

今週は6頭出走し、うち3頭がチャンス十分。そろそろクラス再編があるので今のうちにチャンスをものにしたい。

◆4/21(土)東京1R 3歳未勝利(牝)…×テトラクォーク(石橋)
デビューから芝のレースを2回使われ、1200m戦で2着・1400m戦で6着という成績だった。今回は2ヶ月半ぶりでダート1400m戦に矛先を変えることになった。410キロ程度の小柄な馬でパワー負けする可能性が高く、ノヴェリスト産駒だからダートが良いとは思えず苦戦は免れない。せっかく間隔が空いたので好きな条件に出走できるのに、レース数が少なくてなかなか出走が叶わず好走実績もある芝短距離ではなく、いつでも走れるダートになぜ今向かうのか全く理解できない。日曜4レースの芝1400m戦に回っていれば、メンバーレベルも低くてまず勝ち負けだった。

◆4/21(土)京都5R 3歳未勝利…○ブレイニーラン(デムーロ)
4戦して3着・2着・2着・3着と毎回好走はできているものの、ピリッとした脚を使えずあまり惜しくないレース内容でなかなか勝ちきれない。特にここ2戦は道中の追走にもかなり苦労していたことから、1800mに距離を延長するのは多少なりともプラスに働きそう。ディープインパクト産駒であることを考慮してもトモが小さく、底力が求められるような展開になると厳しそう。とはいえ今回はだいぶ相手関係が楽になり、時計的にも威張れる存在なので、ここは勝ち負けに持ち込めるのでは。ワンターンのコースでは最も距離が長くて坂のない京都芝1800mはベスト条件のはず。

◆4/21(土)京都6R 3歳500万下…◎トラベリング(ルメール)
前走は果敢にハナを切ったところ序盤から猛烈に速いペースになってしまい、さすがに直線で踏ん張れず9着に大敗してしまった。脚抜きのいい重馬場だったとはいえ、前半3ハロンを33.7秒で楽に逃げるだけのスピードがあり、今回1200mに距離が短縮されるのは大きくプラスに働きそう。デビュー戦は4番手で勝ったことからハナにこだわるわけではないし、ゲートに不安のある馬でもないので、前の方に位置して直線で抜け出しを図るレースができれば確実に上位争いできる。重馬場よりは乾いて力の要る馬場の方が走りやすい。

◆4/21(土)京都9R 4歳以上500万下(牝)…×ウィッシュノート(▲三津谷)
500万条件に昇級しても掲示板争いはできているけど、いずれも勝ち馬には決定的な差を付けられていて、なかなか2勝目を挙げられるメドが立たない。前走も6着とソコソコ好走できているように見えても未勝利戦より遅い時計だし、430キロ前後のまま馬体もあまり成長せず、今回も苦戦しそう。近走不振馬が多くて時計的にも通用の余地があるので、また内ラチ沿いの経済コースを回ってソツのない乗り方ができれば入着程度ならあり得るかも。3キロ減の恩恵も大きいはず。

◆4/22(日)東京7R 4歳以上500万下…◎アグレアーブル(大野)
前走は1年9ヶ月ぶりの長期休養明けをものともせず、クビの上げ下げでわずかに2着に敗れる惜しい内容で、脚元さえ問題なけでばまだやれそうなレース内容だった。馬体重が10キロ増にとどまっていたものの、まだ上手く体を使った走りができない中で好走できていたから、叩かれた今回はもっとスムーズな走りができそう。こちらは近走好走馬が多いとはいえ、一連のレース程度走れれば勝てるメンバー構成で、ここは3勝目を期待したい。馬群を苦にしないので内枠を引きたい。

◆4/22(日)福島10R 燧ヶ岳特別…×デューズワイルズ(太宰)
芝の長距離戦は4戦して7着3回・15着1回と、悲観するほどではないけど決して褒められないレースが続いている。その7着3回はいずれも3キロ減の見習い騎手が騎乗してのもので、今回は特別戦で57キロというのも不安材料。全く先行力のない馬だからゆったり走れる長距離戦は合っているけど、カジノドライヴ産駒だけにダートの方がいいはずで、なぜダートの2400m戦を使おうとしないのかがよく分からない。いつものように、後方待機策から追い込みに賭けて、直線でどこまで差を詰められるかといったレースをするしかない。

|

« 古豪の踏ん張りで2着健闘 | トップページ | 条件はベストでどこまで変われるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古豪の踏ん張りで2着健闘 | トップページ | 条件はベストでどこまで変われるか »