« 可もなく不可もなし | トップページ | 牝馬限定戦なら力が違う »

2018.02.10

適条件で今回は巻き返す

今年に入ってからはシンザン記念を勝っただけでもう一つの結果が続いている。でも今週は好勝負必至の馬が2頭いて、勝ち星の上積みができるかも。

◆2/10(土)小倉1R 3歳未勝利(牝)…○エトワールドパリ(藤岡佑)
ダートでは3戦して3着・4着・5着といずれも好走できているし、楽にハナを切るだけの先行力もあり、小倉ダート1700mの舞台は望むところ。前走は道中あまりにもスローに落としすぎて後続の決め手に屈した形で、今回は藤岡騎手ならちょうどいいペースで逃げるはずで、勝ち負けの期待が高まる。前走入着馬がほかに3頭しかおらず相手関係は楽になり、過去3走とも未勝利勝ちできる水準の時計では走れているし、最内枠を引いたこともあり自分の競馬に徹するのみ。

◆2/12(月)小倉6R 4歳以上500万下…×デューズワイルズ(浜中)
芝の長距離戦では7着・7着とまずまず走れていて着順ほど着差も開いておらず、展開次第では掲示板くらいは望めるところまできた。カジノドライヴ産駒でダートの方が良さそうだけど、全く先行力がなく前へ行けないので、芝やダート云々ではなくゆったり走れる距離が合っていそう。今回は浜中騎手に鞍上が強化され、仕掛け次第では前走以上も期待できそうだし、ロスなく立ち回れる最内枠を引いたのも好材料。追い切りでもしっかり動けており、そろそろこのクラスでもメドを立てないと首筋が寒くなる。

◆2/12(月)東京9R テレビ山梨杯…◎イストワールファム(ルメール)
前走は道中ずっと突っ張ったような走り方で追走に一杯で、直線だけで差を詰めて何とか3着というレース内容だった。京都の3コーナーからの下り坂が合ってないような印象で、未勝利時代に強い勝ち方をした東京芝1800mなら即見直せる。決め手勝負なら最上位だし、3走前に完勝したインヘリットデールが準オープンで3着に好走していることから、こちらもモタモタせず早く準オープンに昇級したい。良馬場でレースを迎えられる点も好材料。

◆2/12(月)小倉12R 4歳以上500万下(牝)…×ブレッシングテレサ(☆荻野極)
調教ではいい動きを見せているのに、レースに行くと途中で諦める面があって、昨年は7戦して全て二桁着順だった。引き続き状態面は申し分ないし、今回は芝の1200m戦へ一気に距離が短縮されることから、集中力を切らさずに最後まで走れるようならソコソコ通用する余地はある。楽に前へ行けるだけの先行力はあるので、初距離でも付いて行けるのでは。今回もまた二桁着順に大敗するようならさすがに現役続行は無理なので悔いのないレースを。

|

« 可もなく不可もなし | トップページ | 牝馬限定戦なら力が違う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 可もなく不可もなし | トップページ | 牝馬限定戦なら力が違う »