« ララベル、フェブラリーS出走 | トップページ | 理想的な枠順で上位好走も十分 »

2018.02.17

ララベル現役最後のレース

ララベルがJRAのフェブラリーSに挑戦する。地方馬の優先出走枠があるわけではなく、ちゃんと賞金上位で今回の出走が叶ったので、堂々と大一番に挑んで欲しい。

◆2/18(日)東京8R 4歳以上1000万下…◎アップクォーク(ムーア)
左トモに弱さを抱えている馬でなかなかレース間隔を詰めて使えず、今回は3ヶ月ぶりとなる。良化度がスローで使うだけ使ってみた前走でも2着に好走できたし、前走よりもだいぶ状態面は良くなっているとのことで、引き続き勝ち負けの競馬に持ち込める。もともと1000万条件は勝っていて、準オープンでも2着に好走したこともあり、しかもその時の勝ち馬は後にヴィクトリアマイルを勝つアドマイヤリードだから、ここでモタモタするような器ではない。ブラックプラチナムとの一騎打ちムードだけど、こちらの方が少し後ろでレースを進めるはずで、マークできる立場だから競馬はしやすい。3歳時にムーア騎手で1000万条件を勝っている点も心強い。

◆2/18(日)小倉11R 小倉大賞典…◎ストレンジクォーク(柴山)
前走の中山金杯では、道中折り合いを欠くシーンもありながら直線よく差を詰め0.1秒差の3着と惜しい内容だった。今回はハンデが54キロに据え置かれ、前走よりも相手関係は楽になったので、ここも上位争いは十分可能。レースの10日前にNF天栄から直接小倉へ入厩していて、当日輸送がないのもプラスに働くはずだし、直前の追い切りもダートで豪快な動きを見せていて、少なくともデキ落ちはない。ただ、瞬時の加速ができるタイプではないので、4コーナーでどれでかスムーズに馬群を捌いて直線に向かえるかがカギになる。弟のアップクォークとともに好走を期待したい。

◆2/18(日)東京11R フェブラリーS…×ララベル(真島)
JBCレディスクラシックを勝った時もまだ状態面はピークではなく9割くらいだったのが、今回はレース間隔が詰まっているのにしっかりと負荷を掛けられたし疲れも残らず、6歳にしてようやく馬体が完成し、生涯最高のデキでこの大一番に臨める。前走で太め残りだった馬体も10キロくらい減りそうで、得意の左回りのマイル戦に替わることもあり、JBC当時を上回る走りが期待できる。ただ、やはり相手が一気に強化されすぎて、現時点のダート一線級が全馬顔を揃えた今回はさすがに勝ち負けや上位争い云々は言えない。でも、このコース得意のゴールドアリュール産駒、母はJRAのダート1000mで好走した馬でスピード勝負はむしろ歓迎の血統、出走馬の中でいちばん大きな馬体、ゲートの不安がなく先行力もあるなど、強調材料もいろいろあり、掲示板以上は難しくても賞金の出る10着以内を望むのは決して無理筋ではない。真島騎手のこのレースの前に4レースの乗り鞍があり、同じ舞台のヒヤシンスSにも騎乗する点も心強い。これが現役最後のレースとなり、もちろん少しでも上位をという気持ちもあるけれど、とにかく無事にレースを終えて戻ってきて欲しい。

|

« ララベル、フェブラリーS出走 | トップページ | 理想的な枠順で上位好走も十分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ララベル、フェブラリーS出走 | トップページ | 理想的な枠順で上位好走も十分 »