« 各馬とも展開の助けが必要 | トップページ | 内回りなら前走以上に »

2018.01.20

期待を大きく下回る結果に

7頭いずれも期待を下回る結果に終わってしまった。今週末の土日はJRAでの出走はなく、1/24(水)のTCK女王盃にはララベルが出走する。いい状態でレースを迎えられそうで楽しみ。

◆1/13(土)中京1R 3歳未勝利(牝)…○エトワールドパリ(▲富田)→5着
強行軍でも2キロ増えていたのは好材料。ちょっと前肢の出は硬かったけど疲れを感じさせないキビキビとした歩き方で、十分力は出せるデキに見えた。好スタートを切り、少し気合いを付けるとスッと先頭に立ってハナを切る形に。前半はかなりのスローペースに落とし、向正面からは平均的な流れに。半馬身ほどのリードを保っての逃げを打ち、3コーナーからは2番手にいた馬に抜群の手応えで並び掛けられ、直線に向いたところでアッサリ交わされてしまい、その後もいつもほどの粘りは見られず後続にも交わされて5着となった。さすがにペースを落としすぎて後続も楽になってしまった印象。楽にハナを切れるだけの先行力はあり、いずれ逃げ切れるはず。

◆1/13(土)中京9R 4歳以上500万下…×ゴールドエフォート(△森裕太朗)→15着
2ヶ月ぶりで14キロ増えて過去最高馬体重。太い印象は全く受けず、いつものようにキビキビと歩けていて、パドックだけ見ると500万で頭打ちの馬とは思えない雰囲気だった。ゲートの中でかなり暴れて、大きく出遅れ最後方から。道中でもムキになりながらの追走で、最後方なのにジョッキーが抑え加減。引き続き最後方のまま4コーナーから馬群の外に出して徐々に進出し、直線に向くと馬場の真ん中あたりから一瞬だけ伸びかけたものの、残り200m地点では完全に脚が上がって1.4秒差の15着に大敗した。今まで気の悪さは見せなかったのにゲートの中から余裕がなかったし、せっかく最後方で待機していたのに動くのが早すぎた。

◆1/13(土)京都9R 北大路特別…◎イストワールファム(浜中)→3着
関西までの輸送があっても6キロ増えていたのは何よりもの好材料で、落ち着いてパドックを周回できていた。ただ、どうもクビの使い方が硬いのは気になった。揃ったスタートを切り、持ったまま馬なりで後方2番手からの競馬に。じっくりと脚をためているというよりは、どうも前肢の出が良くなく、追走に余裕がないような雰囲気。3コーナーに入ったあたりから早くもジョッキーの手が動き始め、後方2番手のまま馬群の一番外に出して直線に向くと、これといった伸びが見られずモタついてしまい、残り100mを切ったあたりでようやく脚を使えてギリギリ3着は確保した。故障ではなかったようでホッとしたけど、終始突っ張ったような走りなのは気になった。

◆1/13(土)京都10R 新春S…▲レーヌドブリエ(國分恭)→7着
この馬は落ち着きが着順に直結するタイプだったけど、落ち着いているというよりは覇気がなくダラッとした歩き方でパドックを周回していた。ゲートの出は互角だったものの、行き脚が突かず最後方から。ポツンと1頭だけ最後方になり、向正面の時点で少し促しながらの追走。それでも何とか4コーナーに入ったあたりで馬群に取り付き、一番外に出して直線に向くと、スローな流れになったとはいえ全く前との差が詰まらず、後方のまま脚を使えず7着に終わった。今までならむしろスローペースの決め手勝負に強かったはずなのに、2戦続けて良いところなしに終わったのが気になる。繁殖入りの引退期限が近いけど、もう1戦くらいはできそう。

◆1/13(土)中山12R 4歳以上1000万下…×アズールムーン(石橋脩)→14着
3ヶ月ぶりで16キロ増の528キロでも、特に太くは見えずこれくらいの馬体で問題なし。動きは硬めに見えて芝よりもダートの方が合いそうな雰囲気。揃ったスタートを切り、少し押しながらハナを主張して、半馬身ほどのリードで逃げる形に。競り合いはなくすぐに隊列は決まったものの、かなり速いペースになり、それでも持ったまま先頭をキープしつつ4コーナーを回ったものの、直線に向いた途端に手応えが悪くなって2番手の馬に交わされてしまい、そこから一気に脚色が悪くなってズルズル後退して15着に大敗した。逃げ馬だから大敗は仕方ないけど、ここ1年ほど大敗続きでなかなか浮上のキッカケを掴めない。ダートの短距離で逃がしてみたい。

◆1/14(日)中京3R 4歳以上500万下(牝)…△ウィッシュノート(☆荻野極)→14着
430キロの小柄な牝馬なので4キロ減は歓迎ではないけど、これくらいで走っていたし、トモの歩幅が大きくて全体的にはいい状態に見えた。揃ったスタートを切り、かなり積極的に押して出て、逃げ馬の後ろの4番手に付けた。その後もずっと手応えが悪いままで、4コーナーに入ったあたりでは内ラチ沿いを懸命に追われているにも関わらず8番手くらいにポジションを悪くしてしまい、それでもコーナーワークで5番手で直線に向くと、前は十分開いているのに逃げ馬とラチの間を抜けようとせず、逃げ馬が後退するのに合わせてズルズルと下がってしまい14着に大敗した。前走は全く同じコースで内ラチ沿いを通って5着に好走していたし、初勝利を挙げた時のジョッキーが乗っていたのに、今回は全く走れずどうしたことか。

◆1/14(日)中京9R 4歳以上500万下…×クロークス(中谷)→16着
ちょっとボテっと見えるのはいつも通り。特に気の悪さを見せることなく、まずまずの歩様でパドックを周回していた。ゲートを出た直後に躓いてしまいハナには立てず3番手から。縦長の展開で1900m戦の割には速い流れになってしまい、それでも何とか3番手をキープしたまま4コーナーに入ると、またいつもの癖で外に膨れ加減でコーナーを回り、ポジションを悪くして直線に向くともう余力がなく、後退する一方で5.0秒差のシンガリ負けを喫した。やはり左回りは良くないし、ジョッキーの乗り方にも工夫が見られず全く収穫のないレースになってしまった。

【次週出走予定】
◆1/22(月)大井8R C1(四)(五)…ブレッザフレスカ(繁田)
◆1/22(月)大井10R ウエルカム2018賞…ガーデンズキュー(笹川)
◆1/24(水)大井11R TCK女王盃…ララベル(真島)
◆1/25(木)大井3R C3(五)(六)…カヴァレリア(西)
◆1/27(土)東京10R クロッカスS…アンブロジオ(ルメール)
◆1/28(日)東京5R 3歳新馬…パストゥレイユ(未定)
◆1/28(日)東京7R 4歳以上500万下(牝)…ゴールドエフォート(未定)
◆1/28(日)京都10R 飛鳥S…レーヌドブリエ(未定)

|

« 各馬とも展開の助けが必要 | トップページ | 内回りなら前走以上に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 各馬とも展開の助けが必要 | トップページ | 内回りなら前走以上に »