« 中山金杯とシンザン記念に挑戦 | トップページ | 各馬とも展開の助けが必要 »

2018.01.08

桜花賞候補が登場

2018年の初勝利を開催初週に重賞で挙げるという、幸先の良いスタートを切れた。しかも勝ち方が素晴らしく、これは今後のクラシック路線が大いに楽しみ。

◆1/06(土)中山2R 3歳未勝利…×エールブラン(▲武藤)→8着
一度使われても馬体重が減らず、まだ余裕のある体つき。それでもキビキビといい気合い乗りでパドックを周回していたし、全体的には前走以上に見えた。揃ったスタートを切り、押して前へ行かせようとしても周りの方が早くて6番手から。ラチ沿いに進路をとって1~2コーナーを回り。向正面に入ったあたりからジョッキーの手が動き始めて、今回も反応は悪かった。コーナーでは外へ膨れ加減になりつつも中団馬群の中で直線に向くと、伸びずバテずで8着となった。レース内容は前走とあまり変わらないけど、時計は2.8秒短縮しているし、レース慣れしてくれば徐々に成績も上向きそう。

◆1/06(土)中山7R 4歳以上500万下…×シャクンタラー(三浦)→16着
長期休養明けで22キロ増でも、もともと骨太の馬なので数字ほどは太く見えなかったし、うるさい面は見せずにキビキビとした歩様で悪くない雰囲気だった。まずまずのスタートを切り、持ったままでじんわりと前の方へ行って7番手の外に位置した。スローな流れになってちょうどいいポジションで、3コーナー手前に差し掛かってペースが上がった時に対応できずモタついてポジションを下げてしまい、3~4コーナーでも馬群の外を回ってコーナーワークで後方集団まで下がると、直線ではジョッキーもほぼ追うところなく最下位に終わった。ジョッキーのコメントによると道中の走りに違和感があったとのことで、もともと脚も完治はしていなかったし、これで引退となりそう。

◆1/06(土)中山11R 中山金杯…▲ストレンジクォーク(柴山)→3着
ここ2走はパドックでサッパリよく見えなかったのが、今回はあまり硬さもなくしっかり歩けていて、走れるデキに見えた。ただし覇気が感じられないのはいつも通り。揃ったスタートを切り、前へは行かせずじんわりと下げてちょうど中団あたりから。向正面まではスローな流れになり、行きたがるのを抑えるシーンも。3コーナー手前からマクって行った馬がいてペースが速くなり、馬群の中でじっと脚をためつつ直線に向くと、少しずつ外へと進路をとって残り300m地点あたりで前が開いたところを突いて差を詰め、坂を上がり切ってからはいい脚を繰り出したもののクビ差・クビ差及ばず3着となった。今後のためにも賞金を重ねられれば理想的だったけど、先行有利な展開になりながらもよく差を詰めたし、今回のメンバーを相手に3着なら文句なしによく頑張っている。今回のような競馬ができれば展開さえ向けば突き抜けられそうで楽しみ。
A43i5664 A43i5779

◆1/07(日)京都8R 4歳以上500万下…×ノーブルソニック(鮫島克)→12着
レースを重ねるごとに馬体が減ってしまい今回も4キロ減。数字以上にお腹のあたりがスッキリし過ぎに見えたけど、クビを使ってシャキシャキと歩けていたのは好感。ゲートの出があまり良くなく、いつも通り控える作戦で後方2番手から。内ラチ沿いに進路を取ってじっくりと追走。縦長の平均的な流れになり、特に隊列が変わることなく3コーナーを回り、引き続きラチ沿いの後方2番手をキープしたまま直線に向くと、一瞬だけ伸びかけたものの残り200mあたりで完全に一杯になり12着に終わった。スタミナも決め手もない今ならダート1800mが一番向いてそうだけど、馬体がしぼんでいるので立て直しが必要。3月の引退期限までに戻すのは無理だから、この馬もこれで引退となりそう。

◆1/08(月)京都11R シンザン記念…◎アーモンドアイ(戸崎)→1着
京都までの輸送があってもマイナス2キロで出走できて、細い印象は全く受けず。余計な動作をせずにクビを使ってしっかりと歩けていて、文句なしの気配だった。ゲートの中で何回かクビを下げていて、下げたタイミングでスタートを切られてしまい大きく出遅れて最後方から。向正面のうちはかなり緩い流れになりつつも、急かせることなくもったままじっくりと構えて後方2番手に。馬群の外に出して3コーナーの下り坂に入っても持ったまま少しずつ前との差を詰め、4コーナーに入ってまだ後方2番手でも持ったまま慌てず。直線の入り口から追撃を開始すると、馬群の一番外からいい勢いで前との差を詰め、残り200mからは圧巻の脚を見せて粘り込みを図る内の2頭をアッサリ交わし、強い内容で重賞を制した。稍重発表とはいえかなり雨が降っていたので道悪が合うかを心配していたら、道中は特にノメることなく綺麗なフットワークで走れていたし、先行した2頭が2着・3着に残る展開の中で、大きく出遅れながら1頭だけ違う脚を繰り出して、末恐ろしいまでの差し切り勝ち。戸崎騎手も慌てることなく自信を持って乗っていて、残り300mあたりで早くも勝利を確信したかのような追い方だった。これは文句なしに桜花賞候補の登場で、あとは怪我なく順調に行くことを祈るのみ。

|

« 中山金杯とシンザン記念に挑戦 | トップページ | 各馬とも展開の助けが必要 »

コメント

hideちゃん、こんばんは。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします!

お陰様でアーモンドアイがいい勝ち方をしてくれました。
関東馬で京都までの輸送・3ヶ月ぶり・牡馬相手と厳しい条件の中、
あれだけ走ってくれて期待が高まります。
あとは怪我なく桜花賞を迎えて欲しいものです。

現2歳世代からノルマンディーに入会したので、引き続きよろしくお願いします!

投稿: 遠藤 | 2018.01.20 02:02

こんばんは。今年もよろしくお願いします。
アーモンドアイ出資されてたんですね!
重賞制覇おめでとうございます。

遠征も経験してあの勝ち方なら阪神JF組相手でも楽しみですね。

投稿: hide | 2018.01.12 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中山金杯とシンザン記念に挑戦 | トップページ | 各馬とも展開の助けが必要 »