« 生涯最大の目標レース | トップページ | 大井生え抜き馬としての歴史的快挙 »

2017.11.04

差しが生きる流れなら浮上

重賞2勝馬マキシマムドパリの全妹、エトワールドパリがデビューを迎える。お姉さんの実績に近づくような走りを期待したい。

◆11/05(日)京都3R 2歳未勝利…○ダージリンクーラー(岩田)
過去2戦とも、スタートから追い通しなのに終いまでしっかりと伸びるレースぶりで3着・2着と好走している。前走で0.2秒差まで詰め寄っていたので今回も上位好走は必至だけど、交流重賞を8勝したミラクルレジェンドの仔であるグレートタイムが出走していて、時計面ではだいぶ差があるので厳しいレースになりそう。今回は岩田騎手に乗り替わり、ダートのコースでズブい馬を動かすことにかけては岩田騎手の方が上手いはずだから、ここは是非勝ち負けの競馬に持ち込んで欲しい。9頭立てと少頭数だし、差しが生きる流れになれば逆転の目も出てくる。

◆11/05(日)京都5R 2歳新馬…△エトワールドパリ(藤岡佑)
愛知杯・マーメイドSを勝ったマキシマムドパリの全妹。ここまでこれといったトラブルもなく順調にデビューを迎えられたし、栗東トレセンに入ってから2ヶ月間じっくりと乗り込まれて、十分力を出せるデキにある。ただ、牡馬混合の新馬戦で芝2000mの距離では強気になれず、抜けた評判馬は見当たらないもののいかにも中距離が向きそうな馬ばかりで、果たしてどこまでやれるか。牝馬なので切れる脚が求められるような展開になれば浮上余地も十分ありそう。

◆11/05(日)京都8R 3歳以上500万下…×ブレッシングテレサ(☆荻野極)
栗東の梅田智之厩舎から奥村豊厩舎への転厩初戦で、3ヶ月ぶりの出走となる。調教では500万勝ちできそうなほどいい動きを見せているのにレースに行くとサッパリだめで、先行させても控えても直線では全く伸びない。能力云々よりは気性面の問題が大きいけど、今回はとても穏やかにしていて追い切りの動きも良かったそうだし、馬の行く気に任せるレースをするとのことで、もしかしたら変わり身が見られるかもしれない。6戦連続二桁着順の大敗続きで、そろそろ8着くらいには入りたい。

|

« 生涯最大の目標レース | トップページ | 大井生え抜き馬としての歴史的快挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生涯最大の目標レース | トップページ | 大井生え抜き馬としての歴史的快挙 »