« 距離短縮でさらに前進 | トップページ | 今年の地方4勝目なるか? »

2017.11.28

アンティフォナの仔が早くも2勝目

アルーアキャロルがまさかの敗戦を喫するも、アンブロジオは2歳のこの時期に早くも2勝目を挙げ、マイルの重賞戦線に乗れそうでこの先が楽しみ。

◆11/26(日)京都2R 2歳未勝利…×エトワールドパリ(松若)→8着
一度使われても4キロ増えていた点は好感。骨格がしっかりした馬なので480キロでもまだ細く見えるし、パドックで小走りになるなどうるさい面を見せていたのは前走と同様。好スタートを決め、前へ行かせてもハナは取り切れずに3番手から。掛かっていたわけではないけどじんわりと抑えて5番手で3コーナーに入った。3コーナーではまた一旦先頭に並び掛けるも、4コーナーに入ったあたりから脚色が怪しくなり、外から来た馬に交わされて直線に向くと、決してバテてはいないもののピリッとした脚は使えず8着に終わった。距離短縮でかえって追走に苦労してしまい、全く脚を使えていないことからダートでの走りを期待した方が良さそう。

◆11/26(日)京都6R 3歳以上500万下…▲クロークス(☆荻野極)→16着
6キロ増えて476キロと過去最高馬体重。全く太い印象はなく、いい体つきになってきたけど、トモがなかなか前へ入らずこぢんまりとした歩様だったのは気になった。好スタートを決め、主張してハナを取りに行った。1馬身ほどのリードをキープした逃げとなり、想定どおり平均的な流れに持ち込め、ちょうど後続にも脚を使わせるペース配分。4コーナーに入ったあたりから後続に迫られ、それでも半馬身のリードはキープしていたものの、直線に入ったあたりで一気に脚色が悪くなって一杯となりシンガリ負けを喫した。難なくハナを切れてペース配分も良く、ジョッキーは上手く乗ってくれた。逃げ馬なので大敗は仕方ないとはいえ、ここまで負けるとなるとやはり本調子ではなかったのかも。

◆11/26(日)東京7R ベゴニア賞…◎アンブロジオ(ルメール)→1着
小柄な馬なので、前走で減っていた分がほぼ戻るくらいの6キロ増は好材料。うるさい面を見せることなく、パドックの外の方をキビキビと歩いて好気配。揃ったスタートを切り、スッと前へ行って2番手に位置した。そのままだとハナを切りそうな勢いだったので少し抑えつつ、逃げ馬の1馬身半ほど後ろに控えて2番手のまま3~4コーナーを回り、直線に向くと持ったままジンワリと先頭に並び掛けたものの、残り300m地点では外から来た馬に一旦交わされる苦しい展開になりながらも、再び盛り返して競り落としつつ、ゴール直線に内から迫ってきた馬も交わさせず先頭を死守して1着となり、連勝を飾った。時計自体は騒ぐほどではないけど、競り合いに強い勝負根性は父のローズキングダムを彷彿とさせるもので、もう少し馬体が増えてくればかなり面白いところまで行きそう。母である元出資馬のアンティフォナは屈腱炎で1勝しかできなかったけど、その仔が2歳のこの時期に2勝を挙げてくれるとは感慨深い。
Ke3a6824

◆11/26(日)東京9R シャングリラ賞…◎アルーアキャロル(ルメール)→3着
俺様キャラはすっかり影を潜め、落ち着いてパドックを周回できていたし、トモの伸びも上々で十分力を出せるデキ。まずまずのスタートを切り、急かせず控えてちょうど馬群の中団から。ダート1400m戦にしてはかなりスローな流れになったせいか掛かり気味で、3コーナーでは引っ張るシーンも。それでも中団馬群の内に控えつつ、直線に向いてからはスムーズに馬群を割って外に出すことに成功し、残り200m地点では2番手に上がってあとは逃げ馬を交わすだけの完勝ペースに思えたら、そこからは先頭に迫る勢いがだいぶ衰えてしまい、残り100m地点ではむしろ内にいた馬にも迫られ、結局は2番手もキープできず3着に終わった。掛かった面はあるにせよ、距離を短縮しても詰めの甘さは解消できず、まるでアナザーバージョンのレースを見ているよう。集中力が長く続かないタイプの可能性もあり、意外と府中より中山の方が合ってるかも。とはいえこの内容なら1000万条件はすぐ勝てる。
Ke3a6954 Ke3a7059

◆11/27(月)大井6R メルセデス・マイバッハ賞…▲ヴェルティーチェ(クアトロ)→2着
現地観戦もネット観戦も叶わずパドックでの気配は不明。一度使われてもマイナス6キロと大きく減らなかったのは好材料。まずまずのスタートを切り、押して前へ行かせて2番手に付けた。単勝1.1倍の圧倒的人気馬に乗っていた的場さんが、前へ行って欲しそうな顔をしてすぐ隣で様子を伺っていたので向正面の半ばあたりからハナへ。すぐ横から並び掛けられる苦しい展開ながらいい手応えのまま直線に向き、さすがに的場さんの馬にはアッサリと交わされたものの、2番手はしっかりとキープして2着となった。勝ち馬には力の違いを見せつけられたけど、この馬も時計は大幅に短縮しているし、レース内容はだいぶ良くなって来た。年末の開催でもおそらく一番下の組に編成されるはずで、初勝利のチャンスは十分ありそう。

【次週出走予定】
◆11/30(木)大井8R C1(七)(八)…ブレッザフレスカ(西)
◆12/01(金)大井11R スマイルシティ・品川特別…ブリージーストーム(今野)
◆12/01(金)大井12R By yourside Shinagawa賞…ガーデンズキュー(笹川)
◆12/03(日)中山5R 2歳新馬…エールブラン(シュミノー)

|

« 距離短縮でさらに前進 | トップページ | 今年の地方4勝目なるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 距離短縮でさらに前進 | トップページ | 今年の地方4勝目なるか? »