« 4頭ともチャンス十分 | トップページ | さすがに今回は勝ち負け »

2017.10.16

2度もクビの上げ下げで競り負ける不運

土曜・日曜のメインレースでは、馬体は前へ出ていたのにクビの上げ下げでハナ差競り負けてしまい、土曜はソーディヴァインの訳の分からない出走取り消しという不運にみまわれた。

◆10/14(土)京都11R 清水S…▲レーヌドブリエ(四位)→2着
時折小走りになることはありつつも、うるさい面を見せるようなことはすっかりなくなり、キビキビとした歩様でパドックを周回して今回も気配は上々。まずまずのスタートを切り、持ったままスッと下げて後方4番手からのレースに。前半はかなりスローな流れになりながらも隊列は変わらず、3~4コーナーでも仕掛けずじっくり構えたまま直線に向くと、しばらく追い出しを待つ余裕があり、残り300m地点から追われるといい脚で先頭に迫って、内から伸びて来た馬と併走状態で残り50m地点で先頭に立ち、態勢は完全に前へ出ていたものの、ちょうどクビを上げたところがゴールで惜しくもハナ差の2着となった。準オープンへの昇級初戦でこれだけ走れれば文句なしだけど、態勢的には前へ出ていたので実に惜しい2着。スローの決め手勝負になったのもプラスに働いた。

◆10/14(土)京都12R 3歳以上1000万下…◎ソーディヴァイン(川田)→取消
レースの1時間前に「事故により出走取り消し」と発表され、詳細が分からなかったたので何が起きたのかと心配していたら、同厩舎の2レースに出走した馬へ抗生剤を注射しようとしたところ、間違えてレース前のこの馬に注射してしまい、レース前の治療行為(禁止事項)に該当するとのことで出走できなくなった。獣医師が勝手に治療するはずがないので、立ち会っていたはずの厩舎関係者は何をやってたんだという感想しか出てこないけど、馬にはダメージがないそうで2週間後に改めて出走予定とのことで一安心。まず間違いなく勝てると思っていたので残念。

◆10/15(日)京都10R 愛宕特別…▲アンデスクイーン(松若)→5着
4ヶ月ぶりなので、できれば馬体を増やして出走したかったけど、マイナス4キロで休み明け初戦からしっかり動ける状態。前肢を前へ放り出すような歩き方もせず、落ち着きもあった好気配だった。わずかに立ち後れる形で後方5番手から。先行集団が飛ばしてかなり縦長の展開になり、バラけた馬群をスムーズに追走。前との差がかなり開いたこともあって向正面の半ばあたりから手が動き始め、3~4コーナーでは馬群の外を回しながら徐々に前との差を詰めて中団まで押し上げて直線に向くと、馬群の外からジリジリと伸びたものの先頭を交わすほどの勢いはなく、0.4秒差の5着となった。展開が向いた面はあるにせよ、重馬場の高速決着にも対応できたし、かなりメンバーの揃った昇級初戦で入着できたのだから大したもの。早く牝馬のダート交流重賞を走らせたい。

◆10/15(日)東京11R オクトーバーS…◎ストロングタイタン(戸崎)→2着
今回はキビキビとした歩様でパドックを周回できていてトモに力強さもあり、間違いなく勝ち負けに持ち込めると確信。好スタートを切って、少し抑えて3番手からの競馬に。重馬場の割にはまずまずの平均ペースになって縦長の隊列に。スムーズに3番手を追走して持ったまま3~4コーナーを回って直線に入り、残り400m地点で追い出すと一気に先頭に立ったものの、残り200m地点で脚色が鈍って外から伸びて来た馬に迫られ、それでも馬場の内を懸命に粘りつつ、態勢はまだ前へ出ていたのにクビの上げ下げでハナ差交わされ2着となった。前日のメインレースを再現しているかのような惜しい2着だけど、重馬場にも対応できたし、オープンでも通用することを改めて証明できたのは収穫。
A43i8510 A43i8547

【次週出走予定】
◆10/20(金)浦和2R 3歳(七)…ヴェルティーチェ(御神本)
◆10/21(土)京都1R 2歳未勝利…エンジェルウィング(川田)
◆10/21(土)新潟2R 2歳未勝利…トゥンバドーラ(加藤)
◆10/21(土)京都5R 2歳新馬…ブレイニーラン(川田)
◆10/21(土)京都11R 室町S…ポイントブランク(藤岡佑)
◆10/21(土)東京11R 富士S…グランシルク(田辺)
◆10/22(日)京都2R 2歳未勝利…ダージリンクーラー(和田)
◆10/22(日)新潟10R 浦佐特別…クイックモーション(未定)

|

« 4頭ともチャンス十分 | トップページ | さすがに今回は勝ち負け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4頭ともチャンス十分 | トップページ | さすがに今回は勝ち負け »