« もう1戦できるかどうか | トップページ | キャロット2017年1歳募集馬申し込み結果 »

2017.09.11

期待以上の圧勝で重賞初制覇

今回ばかりは相当自信があったけど、思った以上の強さでグランシルクが重賞初制覇を飾ってくれた。その一方でこの週に出走した未勝利馬は3頭とも引退が確定している。

◆9/09(土)中山3R 3歳未勝利…△ヴァベーネ(田辺)→12着
体高が低くていかにもダート短距離向きの体型。まだ幼い体つきをしていたけど、トモには力強さもあって力は出せそうな気配に見えた。揃ったスタートを切り、好ダッシュを決め手4番手の外に位置した。願ってもない好位置を取れたものの、3番手で3コーナーに入ると流れが速かったせいか手応えが悪くなり、3頭分外を回らされていたこともあり4コーナーから直線に向く頃には早くも後退し始めて7番手あたりまで下がってしまい、直線では後退する一方で12着に終わった。5戦目でも残念ながらレースぶりは特に変わらず、これで出られるレースがなくなり引退が確定した。
Ke3a4499 Ke3a4726

◆9/09(土)中山3R 3歳未勝利…◎オーバーレイ(横山典)→10着
両前に鉄橋鉄を装着。500キロ超の大柄な馬ながら重苦しさはなく、キビキビとパドックを周回していて好印象。少し伸び上がるようなスタートを切り、そこから懸命に押されて先頭集団に取り付いて7番手あたりで3コーナーを迎えた。馬群の中でモマれる形になり、4コーナーに入ったあたりでは余力がないのかラチ沿いに入れられ、直線に向いてムチが飛んでも全く余力がなくズルズル後退してしまい10着に終わった。大柄な馬体で走りにくそうにしていたし、蹄の状態もかなり悪いようで力を出せなかった。出られるレースがなくなり、状態面もなかなか良くならないことから、こちらも引退することになった。
Ke3a4593 Ke3a4707

◆9/09(土)阪神4R 3歳未勝利…△オーサム(川須)→10着
12キロ減って過去最少馬体重になり、力なくパドックを歩いていたし前肢の捌きも硬く、お世辞にもいい状態とは言えなかった。まずまずのスタートを切り、スタート直後の芝では急かせず、ダートに入ってから少し行き脚を付けて後方6番手に位置した。縦長の隊列になって馬群の外をスムーズに追走し、3コーナーではまだ控えたままで、4コーナーに入ってから馬群の外に出しつつ追われ、直線に向いてからはサッパリ伸びないまま全く脚を使えず10着に大敗した。3月の時点ではもっと走れていたのに、ソエで休養した後は良いところがないままだった。こちらも引退が確定した。

◆9/09(土)阪神7R 3歳以上500万下…×デューズワイルズ(松山)→11着
2ヶ月半ぶりでも6キロ減っていたし、パドックではよく見えるタイプの馬なのに覇気が感じられなかった。良いスタートを切り、押して前へ行かせようとしても全くダッシュが付かず、結局はいつもの定位置である後方2番手からの競馬に。平均やや早めのペースになり、向正面に入ってもなかなか前との差を詰められず、3コーナーでムチが飛んでも脚を使えないどころか最後方まで下がってしまい、直線に入ってもバテた馬を交わした程度の11着に終わった。かなりの高速決着になったとはいえ、未勝利当時と同じ走破タイムでは厳しく、成長が感じられない。

◆9/10(日)阪神7R 3歳以上500万下(牝)…×ウイッシュノート(北村友)→5着
3ヶ月ぶりで馬体が全く増えていなかったのは誤算。それでもこの馬なりに力強さは加わっていて、力は出せる状態に見えた。マトモにゲートから出遅れてしまい後方からの競馬を余儀なくされ、馬群の外からスルスルと進出して後方5番手で3コーナーを迎えた。馬群の内に入れつつコーナーワークで中団馬群までポジションを押し上げて直線に向くと、先に大きく抜け出した勝ち馬には迫れなくても、馬群を縫うように上手く伸びてきて0.8秒差の5着となった。初の古馬混合戦かつ昇級戦でこれだけ走れれば上々。未勝利を勝った時のようにレース経験を重ねて少しずつ上位争いできるようになって欲しい。

◆9/10(日)中山11R 京成杯AH…◎グランシルク(田辺)→1着
いつものようにクビを上下に振りながらパドックを周回しつつも、全くイレ込む様子はなく発汗もしていなかった。歩様に力強さがあって引き続き好気配を持続できていた。その気になればマルターズアポジーのハナを叩けるくらい抜群のスタートを切り、抑えてスッと中団馬群の後ろに控えた。よどみない流れで縦長の展開になり、被されない外の位置をキープ。中団に控えたまま3コーナーから徐々に前との差を詰め、4コーナーでは馬群の一番外を回していつもより早めに追われると、直線に向いてから1頭だけ違う勢いで一気に先頭に立つと、残り100mの地点では早くも圧勝ムード。今までの詰めの甘さがウソのような完勝劇で、待望の重賞初制覇を飾った。井崎さんがテレビで語っていたように、騎手が変わればここまで走りが変わるのかとビックリするほどの強さだった。今回の勝利によりサマーマイルシリーズのチャンピオンに輝いている(ウインガニオンと同点優勝)。これでマイルチャンピオンシップも賞金的に出走が叶うはずで、今後が大いに楽しみになった。何とか引き続き田辺騎手に乗ってもらえないものか。
A43i6334 A43i6463
A43i6507 A43i6580

【次週出走予定】
◆9/16(土)中山5R 2歳新馬…サラーブ(未定)
◆9/17(日)阪神1R 2歳未勝利(牝)…ブリーズドゥース(藤岡佑)
◆9/18(月)中山6R 3歳未勝利(牝)…キンナリー(戸崎)
◆9/18(月)阪神9R 甲武特別…ノーブルソニック(未定)

|

« もう1戦できるかどうか | トップページ | キャロット2017年1歳募集馬申し込み結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう1戦できるかどうか | トップページ | キャロット2017年1歳募集馬申し込み結果 »