« 速いペースで追走に苦労して5着 | トップページ | キャロット2017年1歳募集馬申し込み »

2017.09.01

動きが良くなり上位好走の期待も

通常の未勝利戦は今週が最後になり、出馬ラッシュで3頭が除外されてしまった。ただオルファンはレース間隔が十分あったので希望通りのレースに出走でき、この中間で動きがだいぶ良くなったので少なくとも前走以上には走れそう。1年ぶりに小倉へ行って現地応援予定。

◆9/02(土)札幌5R 2歳新馬…▲アンブロジオ(藤岡康)
あまり数は多くないローズキングダム産駒で、お母さんは元出資馬のアンティフォナというゆかりの血統。総額1500万円と手頃な価格だったこともあり、あまり大きな期待はしていなかったけど、調教の動きがなかなか良く、実戦でも同様に走れるようなら結構活躍してくれそうな雰囲気。先週と今週の追い切りを見ていると口向きが悪く、乗り役の方もだいぶ操縦に苦労していたので、勝負所でしっかり動けるかがカギになる。札幌の新馬戦で10頭立ての割には相手も強そうだけど、仕上がりの早さで上位好走を期待したい。

◆9/02(土)小倉6R 3歳未勝利(牝)…△オルファン(☆荻野極)
オルフェーヴルの妹で、今回がようやっと2戦目。前走は芝1600m戦で後方のまま15着と全く良いところがなかったけど、今回は追い切りの動きがかなり良くなっていて、レースでも動きの良さを発揮できれば入着以上もあり得そう。小柄な馬なので小倉までの輸送で馬体が減るようだと厳しくなるし、前走ではパドックの周回をゴネるような気の悪さを見せていたので、またそういう面を見せないか心配。とはいえ前走以上に悪化することもないはずなので、ここは何とか入着圏内には走ってもう1回出走のチャンスが欲しい。馬体が420キロくらいに増えていると尚いい。

◆9/02(土)新潟9R 燕特別…△クイックモーション(戸崎)
前走は直線でズルズル後退してシンガリ負けを喫しそうだったのに、残り150mから再び伸びて5着と不思議なレース内容だった。そういういきさつもあるので再度新潟コースに出走するのも不安があるし、牝馬に芝2200mは距離が長くて過酷なのは間違いなく、果たしてどこまでやれるか。戸崎騎手に鞍上が強化されるのはプラスだし、18頭立ての割にはこれといった強敵も見当たらず混戦模様なので、前走のような気の悪さを見せなければ入着程度は走れるはず。この馬が中2週で使えるのは体調がいい証拠で、状態の良さを生かして頑張ってもらいたい。

◆9/02(土)新潟9R 燕特別…×ゴールドエフォート(丸田)
500万昇級直後は5着・5着と堅実に走れていたのに、ここ4走はいずれも二桁着順と成績を大きく落としてしまっている。ただ前走は12着とはいえ直線最後方からいい脚を使って0.8秒差と、着順ほどは負けておらず徐々にレース内容は良くなっていた。ただ今回は距離が2200mに伸びるのと、内回りで直線が短くなる点がどうか。とても強気なことは言えないけど、差しが生きる流れになれば確実に脚は使えるので、そろそろまた以前のような堅実な走りを見せてもらえないか。

◆9/02(土)札幌10R 札幌スポニチ賞…▲アズールムーン(藤岡佑)
前走はまるで走る気を見せなかったので、立て直されて3ヶ月半ぶりの出走となる。2歳時に2勝を挙げてレース選択が限られる状況だったとはいえ、関東馬が4戦連続で関西圏で出走して、その疲れが残った可能性が高い。今回は札幌競馬場に滞在していて輸送がないし、調教の動きも前走当時とは雲泥の差で、スムーズに先行できるようなら3勝目も期待できるのでは。ハナにこだわりそうな馬は見当たらないので、持ち前のスピードを生かしてそのまま粘り込むようなレースをして欲しい。少し力の要る洋芝は合うはず。

◆9/02(土)新潟10R 弥彦特別…◎レーヌドブリエ(吉田豊)
小倉の特別戦と両睨みで新潟へ出走することになった。前走は初の2000m戦で道中スムーズさを欠きながらも、馬群をスルスルと抜けて2着に好走した。新潟は過去4戦して5着・2着・1着3着と最も得意にしているコースで、しかも走り慣れた1800m戦なら引き続き勝ち負けに持ち込める。11頭立てでこれといった強敵も見当たらず、極端なスローにならなければ直線で突き抜ける。5歳の牝馬だから長くても来年の3月で引退することは決まっており、ここは順当に通算4勝目を挙げておきたい。

◆9/03(日)新潟2R 3歳未勝利…×カヴァレリア(中谷)
これで6戦目となり、5着以内に入れないと出られるレースがなくなって引退が決まる。ダートでは過去4戦全て東京の1600mを使われ、いずれも前へ行けず後方からの競馬を余儀なくされていた。今回は1800mは除外必至でダート1200m戦へ回ることになり、距離が短縮されることでなおさら前へ行けくなる恐れがあり、出走馬15頭中、前走入着馬が2頭しかいないメンバー構成でも苦戦は免れない。前走芝のレースながらハナを切ったことで、今までより前へ行けるようなら前進も可能。

◆9/03(日)小倉12R 3歳以上1000万下…×ノーブルソニック(北村友)
前走は3コーナーから追い上げて直線でガス欠して失速という、どうにも理解できない乗り方をされて大敗した。この馬は芝・ダート・距離を問わず後方からのレースしかできないタイプで、差しが生きる流れになれば善戦、前残りの展開になれば後方のままというわかりやすいタイプ。今回は芝2600m戦という長丁場に挑むことになり、さすがに距離延長がプラスになるとは思えないけど、11頭立てでうち2頭が未勝利馬と近走の中ではいちばん手頃なメンバー構成なので、展開が向くようなら入着程度は期待できそう。後方のままで終わってもいいので、とにかく後方でじっくり構えて、直線の手前あたりから進出を開始するくらいの乗り方をして欲しい。

|

« 速いペースで追走に苦労して5着 | トップページ | キャロット2017年1歳募集馬申し込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 速いペースで追走に苦労して5着 | トップページ | キャロット2017年1歳募集馬申し込み »