« 動きが良くなり上位好走の期待も | トップページ | 10度目の挑戦で初重賞タイトル獲得へ »

2017.09.07

キャロット2017年1歳募集馬申し込み

キャロットの2017年1歳募集馬は、以下の内容で申し込みました。今回は1頭しか出資できない可能性もあるため、もしかしたら締め切り直前に申し込み馬を増やす可能性も。

-----------------------------------------------------
◆最優先申し込み
・アブソルートリーの16(牡 父:ダイワメジャー)

◆一般申し込み
・ピースエンブレムの16(牡 父:ディープブリランテ)
・フェルミオンの16(メス 父:ダノンシャンティ)
・アドマイヤレッドの16(メス 父:ヨハネスブルグ)
・ササファイヤーの16(牡 父:ベルシャザール)
-----------------------------------------------------

カタログだけで決めているシルクの出資馬が一番成績がいいし、ここ最近キャロットは会員が激増してツアーに参加しても満足に馬を見られないので、今年はカタログとDVDを見ただけで申し込み馬を決めた。

最優先のアブソルートリーは、1歳ながら早くも485キロの大きな馬体を誇り、それでいて歩様が非常にスムーズで、背中がブレない流れるような歩き方をしている点に惹かれた。

ピースエンブレムはお母さんが元出資馬で、今回初めて仔が募集される。こちらも490キロで迫力満点で魅力的だけど、ツアーでかなり評判が高かったようで、母馬優先だけでなく最優先も使わないと出資できないほどの人気を集めていて、かなり確率の低い抽選に賭けることになりそう。

フェルミオンは兄姉3頭(ストレンジクォーク・アップクォーク・テトラクォーク)に出資していて、まだ小柄な馬体を大きく使って歩けているし、デビュー済みの兄姉が全て勝ち上がっている点も魅力的。

アドマイヤレッドはヨハネスブルグ産駒だけあって背の低さが目立つけど、しっかりボリュームのある馬体で脚捌きが力強く、早い時期から動けそうなところがいい。総額1200万円とお手頃なのもプラス。

地方馬からはササファイヤーを。兄のプラテアードとマズルファイヤーに出資しているゆかりの血統で、この母からは牡馬が出ると走っているし、地方の深い砂を全く苦にしないパワフルな馬体をしていてい期待が高まる。ただしこちらもツアーで評判になったようで、かなりの申し込み数を集めていて、当選確率の低い抽選になる。

|

« 動きが良くなり上位好走の期待も | トップページ | 10度目の挑戦で初重賞タイトル獲得へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動きが良くなり上位好走の期待も | トップページ | 10度目の挑戦で初重賞タイトル獲得へ »