« 上位争いは十分可能 | トップページ | 展開次第では勝ち負けに »

2017.08.11

レースの幅が広がっての2着好走

◆8/10(木)大井11R アルビレオ賞…▲ガーデンズキュー(笹川)→2着
ここ最近はパドックで気の悪さを見せることなく落ち着いて歩けていたけど、落ち着きつつも珍しくキビキビと歩いていて上々の気配。ただトモの歩様が硬めに見えた。好スタートを切り、少し促して3番手を取りに行った。この日は前残りの展開が頻発していたので、逃げ馬の直後という位置は理想的。インの3番手をキープしつつ、4コーナーから気合いを入れて先頭との差を詰めにかかり、直線に向くとスムーズに外へ出して2番手には上がったものの、残り200mの地点で逃げ馬が6馬身ほど大きく抜け出していて、ジワジワとは詰め寄りつつも3馬身差の2着となった。

1400mでもスッと好位に取り付けたし、直線の長い外回りコースで最後までしっかりと脚を使え、さらに1分26秒台の高速決着にも対応でき、レースの幅が広がったのは大収穫で、これで勝てなかったのは勝ち馬が強かったとしか言いようがない。3着には4馬身差を付けているし、これは今後が楽しみになった。ララベルに劣らず、この馬も5歳にして成長している。
A43i4742 A43i4921

|

« 上位争いは十分可能 | トップページ | 展開次第では勝ち負けに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上位争いは十分可能 | トップページ | 展開次第では勝ち負けに »