« 条件好転で久々の勝利も | トップページ | ララベル姉妹を見学 »

2017.08.16

1年5ヶ月ぶりの嬉しい通算9勝目

ちょうど前の日に社台ファームを訪問し、妹のララベル・ブレッザフレスカ・フェドゥラフォレに甥っ子ショコラヴェリーヌ16の4頭を見てきたところ、兄が格好いいところを見せてくれた。もう1頭の妹であるブリーズドゥースが今週日曜の新潟でデビューするのでぜひ兄に続いて欲しい。

◆8/15(火)大井10R ミッドサマー賞…▲ブリージーストーム(今野)→1着
真島騎手、右足の薬指を骨折したとのことで、今野騎手に乗り替わり。この日のブリージーストームは、今まで見たことがないくらい自らグイグイと積極的に歩けていたし、前肢の出が生涯最高と言えるほどスムーズで、全く申し分のない気配。プラス16キロでも、その数字を知らなければそう太い印象は受けなかったはず。まずまずのスタートから、ガンガン押して2番手を取りに行った。向正面に入ってからは逃げ馬と併走状態になり、3コーナーではいい手応えで持ったまま先頭に立ち、じっくりと構えて先頭で直線に向いてから追い出すと、じわじわと後続を引き離して残り200mの地点では2馬身ほど抜け出し、後続の方が脚色が悪くてこの時点でセーフティリード。そこからも終いまでしっかりした脚取りで、3馬身半差で1着となり、昨年3月以来の1年5ヶ月ぶりとなる通算9勝目を挙げた。

ラップタイムを見るとメチャクチャなハイペースだったのに、全く労せず楽に走れていたのにはビックリ。同じような位置にいた馬はあまり人気がなかったこともあるけど全て下位に沈んでいて、ゴールドアリュール産駒らしく強気の競馬が合うのかも。時計が出やすい馬場+水の浮くような不良だったとはいえ、1:26:6は優秀。ここで一息入れるそうだけど、もともと休み明けの方が走るタイプなので、また次走が楽しみ。
Ke3a3969 Ke3a4106

|

« 条件好転で久々の勝利も | トップページ | ララベル姉妹を見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 条件好転で久々の勝利も | トップページ | ララベル姉妹を見学 »