« 高速決着に対応できず善戦止まり | トップページ | レコード勝ちで勇躍小倉記念へ »

2017.07.15

キッチリ勝って小倉記念へ

JRAの競馬場では、まだ中京と函館で口取りをしたことがないので、今回のストロングタイタンを申し込んだところハズレてしまい、中京遠征は取り止めに。

◆7/15(土)中京10R インディアトロフィー…▲アンデスクイーン(酒井学)
ダートでは7戦して掲示板を外したのは1回だけ(6着)という堅実さ。前走は初の1800m戦で、かなり出入りの激しい展開になったにも関わらず、嫌気を差すことなく最後までしっかり伸びて完勝し、時計面も上々だった。今回は牡馬混合の昇級戦でもハンデが51キロなら十分通用の余地はあるはずで、前走のように底力が問われる展開になれば頭まであり得る。牝馬ながら使っても馬体重が増えている点は好感で、ここでもプラス体重なら尚いい。

◆7/15(土)中京11R マレーシアカップ…◎ストロングタイタン(川田)
昨年の夏から秋にかけて3連勝して一気にオープン入りし、重賞では2戦して9着・5着ともう一息の着順だった。ただその2戦は明らかにデキ落ちだったし、実績のある夏場でしかも準オープンへの降級戦なら、ここは文句なしに勝ち負けの競馬に持ち込める。5ヶ月ぶりでもしっかりと乗り込まれて状態面は何も問題なく、乗り慣れた川田騎手なら安心してレースを見ていられそう。ここをキッチリ勝って来月の小倉記念へと駒を進めたい。

◆7/16(日)函館4R 3歳未勝利(牝)…△アスティル(ルメール)
ハープスターの妹で、ここまで4戦していずれも着外に敗れている。ダート戦を試した前走は度外視して、芝の3戦(9着・11着・11着)はいずれも勝ち馬から1秒以内には走れており、着順ほどは負けていない。ステイゴールド産駒だけあって気性面に問題があり、函館での滞在競馬は間違いなくプラスに働く。芝1200m戦に矛先を変え、短距離のスピード勝負には疑問符が付くけど、クビを使わない走り方をしていることと気性面から、一気に走れる距離は悪くないはずで、今までよりも多少は前進できるのでは。5着以内に入れないと芝のレースに出走できなくなる可能性があり、ここは何とかいい走りを。

◆7/16(日)福島8R 3歳以上500万下(牝)…×キュイキュイ(津村)
こちらも気性面に問題を抱え、今回は芝1200mへと距離を短縮してみることになった。さすがに重賞やオープンでは家賃が高かったけど、自己条件なら4着・1着・5着とまずまずの走りはできているし、ある程度は前へ行ける先行力を持っているので、距離が全く合わないことはなさそう。モマれ弱さもあり、外の13番枠を引いたのは好材料。今までのレース内容からして大望は酷だろうけど、初の古馬との対戦になるものの、牝馬限定戦であまりメンバーレベルは高くなく、見せ場程度は作って欲しい。

|

« 高速決着に対応できず善戦止まり | トップページ | レコード勝ちで勇躍小倉記念へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高速決着に対応できず善戦止まり | トップページ | レコード勝ちで勇躍小倉記念へ »