« 3年ぶりの重賞挑戦なるか? | トップページ | キッチリ勝って小倉記念へ »

2017.07.12

高速決着に対応できず善戦止まり

8頭立ての少頭数でかえって展開が向かず、残念ながら久々の勝利は叶わなかった。

◆7/11(火)大井11R スターライトカップ…◎ブリージーストーム(真島)→3着
この中間もしっかりと調教を積まれていたので、6キロ増えていたのは意外だったけど、パドックでは太い印象は全く受けなかったし、ここ一連のレースと同様にキビキビと歩けていて、トモの歩様にも力強さがあって文句なしの状態。揃ったスタートを切り、労せずにスンナリと2番手に位置した。序盤は超が付くほどのスローペースになり、突っつかずに1馬身半ほどの間隔を保って2番手キープ。向正面に入ってからペースが速くなり、3コーナー手前から追っ付け気味の追走になり、それでも1馬身半差の2番手はガッチリとキープ。4コーナーでは前の3頭が後続を離す展開になり、直線に向いて懸命に追われても前との差が詰まらないどころか突き放されてしまい、3番手にいた1番人気馬に残り200m地点でアッサリと交わされたものの、3着はしっかりと確保してゴールした。現地でレースを見ていた時は、逃げ馬を可愛がりすぎて前残りになったのかと思ったら、ラップタイムを見ると長くいい脚を使うことが要求される展開になっていたし、今開催の大井は良馬場でもかなり速いタイムが出ていることから、高速決着に対応できなかった印象。
A43i3883 A43i3929

|

« 3年ぶりの重賞挑戦なるか? | トップページ | キッチリ勝って小倉記念へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3年ぶりの重賞挑戦なるか? | トップページ | キッチリ勝って小倉記念へ »