« 今回も入着は十分可能 | トップページ | 5ヶ月ぶりでも上々の3着 »

2017.07.03

54連敗でようやくストップ

なかなかレース結果を更新できなかったけど、長かった連敗も54でようやくストップした。もともと入着は多かったので、徐々に成績は上向くはず。

◆6/17(土)阪神3R 3歳未勝利…▲ウィッシュノート(△荻野極)→1着
マイナス6キロで過去最少馬体重まで減っても細い印象はなく、動ける体つき。ただ前肢の出はいつよもり硬め。好スタートを切り、ハナに立たせるのも可能な勢いだったところを控えて前から2列目でレースを進めた。流れが速くなり、結果的にここで控えたのが大正解。終始いい手応えでの追走で、2列目の4番手のまま直線に向くと、スムーズに馬群の外に出せて、そこからはいい脚で前を捕らえて先頭に立ち、11戦目で嬉しい初勝利を挙げた。デビュー以来いつも堅実に走れていたものの、なかなか勝ち負けには加われなかったのが、レースを重ねていくうちに力を付けて勝利を挙げられるまでになった。特にここ2戦はレース内容も良く、500万でもソコソコ走れるのでは。

◆6/17(土)阪神12R 3歳以上500万下…×ブレッシングテレサ(☆加藤祥)→11着
牝馬の10キロ減は歓迎材料ではないし、クビを大きく上下に振りながらパドックを周回していて、能力云々よりも気性面がネック。揃ったスタートを切り、今回は全く促さずに持ったまま控えて中団のやや後ろから。馬群の中に入れて我慢させながらの追走。道中は外からマクり気味に進出する馬もいてポジションを悪くし、後方集団で直線に向くと、バテてはいないもののこれといった伸びが見られず11着に終わった。着差は1.4秒差なので徐々には良くなっているものの、上位争いに加わるまでは時間がかかりそう。

◆6/18(日)函館4R 3歳未勝利(牝)…△インハーフェイバー(△坂井)→6着
6キロ増で514キロと牝馬にしてはかなり大柄。胴長の体型で、落ち着いてパドックを周回できていたのは好材料。伸び上がるようにゲートを出てしまい後方からの競馬に。砂を被るのを気にする様子もあり、促してもなかなか前へ進まず。それでも向正面ではジリジリと前との差を詰め、3~4コーナーでも馬群の外を回して少しずつポジションを押し上げ、中団の後ろあたりで直線に向いてもジリジリとは伸びたものの、先頭には全く迫れず6着まで。かなりのハイペースになり、道中動かなければもっと上の着順になっただろうけど、大柄で函館コースは走りにくそう。

◆6/18(日)阪神6R 3歳以上500万下(牝)…○アンデスクイーン(デムーロ)→1着
レースを使ってしっかり調教をしても馬体が6キロ増えていたのは調子の良いことの証明で、前脚を放り出すような歩き方もせず、落ち着いてパドックを周回していた。まずまずのスタートを切り、あまりダッシュが良くなく後方からのレースに。1コーナーからはラチ沿いの経済コースを走らせ、ペースが落ちたところをスルスルと進出してポジションを押し上げ、向正面から3コーナーに入る頃には3番手まで上がった。いい手応えで4コーナーから逃げ馬に並び掛けると、直線では力強く抜け出して2馬身差を付けて通算2勝目を挙げた。乱ペースの出入りが激しい競馬になったのに、惑わされることなく自分のレースができたことが勝因。今回の内容なら1000万でも十分通用するし、気性面に問題がなく1戦ごとにレース内容が良くなっているのは大きな長所。

◆6/18(日)東京8R 3歳以上500万下…△クイックモーション(内田)→2着
数字の上ではプラス3キロで過去最高馬体重でも、まだまだ細く見えるし最低でもあと20キロは欲しい体つき。全体的に余計な動作が多く、落ち着きも欲しい。好スタートを切り、少し押してハナに立った。抑え加減で1馬身ほどリードを保っての逃げで、あまりスローには落とさず平均ペース。3~4コーナーでも依然として1馬身のリードを保ち、直線に向いてから少し馬場の外に出すと、残り300m地点で勝ち馬にはアッサリと交わされたものの、2番手は楽に確保したまま2着となった。逃げの手に出たのは意外だったけど、ようやく近走不振から脱して500万条件でも勝ち負けできることを証明できた。

◆6/24(土)東京2R 3歳未勝利…△カヴァレリア(横山典)→8着
落ち着いてパドックを周回できていても、どうも前と後ろがバラバラで噛み合ってないような歩き方をして、力強さが感じられず。あまり良いスタートを切れずにダッシュも鈍く、後方2番手からの競馬に。向正面の時点ではだいぶ追走に苦労している様子で、3コーナーからようやく安定した走りになり、直線に向いてから馬群の外に出して懸命に追われたものの、全く伸びる様子がなくバテた馬を交わした程度の8着に終わった。東京ダート1600mで過去4戦し、いずれも同じような時計で走っていて、なかなか走りが良くならない。スタートダッシュが鈍いのでローカル小回りも合わなそうでだいぶ厳しくなってきた。

◆6/24(土)阪神8R 3歳以上500万下…×デューズワイルズ(松山)→13着
プラス8キロで、減っていた馬体が戻ったのは好材料。それでも相変わらずトモに力強さがなく、パドックの時点で苦戦必至の印象。この馬にしてはゲートの出が良くダッシュもできていたものの、急かせず後方4番手からの競馬に。見るからにスローな流れに落ち着いてしまい、しかもラチ沿いを走らせていたので向正面ではポジションを押し上げられず。4コーナーに入ってからラチ沿いを追われても、スローだったのでなかなか前との差を詰められず、結局は道中のポジションのままの13着に終わった。流れが向かなかったとはいえあまりにも内容が悪すぎるし、馬体に成長がないので500万条件ではこの先も厳しそう。

◆6/25(日)東京11R パラダイスS…◎グランシルク(戸崎)→2着
2人引きでやや気負いながらもイレ込んでるわけではなく、一連のレースと同様の気配でパドックを周回していた。揃ったスタートを切り、スッと下げて後方馬群に位置した。少頭数でスローな流れになってしまい、それでも3コーナーでは少し早めにポジションを押し上げて先頭とは5馬身差くらいの位置取りに。直線に向いてから馬群の外に出しつつ、残り400mから満を持して追われても、先に抜け出していた逃げ馬にはなかなか迫れず2着に終わった。重賞では3着・オープン特別では2着となかなか賞金を増やせないけれど、常に惜しいところまで走れているので、流れが向けば重賞勝ちも十分あり得る。
A43i2629

|

« 今回も入着は十分可能 | トップページ | 5ヶ月ぶりでも上々の3着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今回も入着は十分可能 | トップページ | 5ヶ月ぶりでも上々の3着 »