« 54連敗でようやくストップ | トップページ | 交流重賞制覇のビッグチャンス到来 »

2017.07.04

5ヶ月ぶりでも上々の3着

ララベルと同期のガーデンズキュー、こちらも5歳にして気性面の成長が大きく、しっかりと頑張ってくれている。

◆6/30(金)大井10R 南風特別…△ガーデンズキュー(笹川)→3着
5ヶ月ぶりで14キロ増でも太い印象は受けず、減っていた馬体がキッチリ戻った印象。気性的にうるさい面も全く見せなくなった。まずまずのスタートから、いつもよりは前へ行けず、中団よりやや後ろからのレースに。馬群の中でモマれどおしでもヒルまずにしっかりとした走りで、3コーナーでは中団馬群まで取り付いた。勝負所の4コーナーでは前が塞がって抑えるシーンがありながらも、直線に向いてから笹川騎手に懸命に追われてジリジリと伸び、3着まで上がったところがゴール。使って良くなるタイプだけに、休み明け初戦で3着なら上々だし、フルゲートでメンバーが揃っていたこともあり、これなら次走は勝ち負けに持ち込める。この馬はマイル戦がいちばん良さそう。
A43i2671 A43i2839

◆7/02(日)中京10R 香嵐渓特別…△アナザーバージョン(大野)→5着
マイナス6キロと数字上はそう減っていたわけではないのに、妙に馬体が寂しく見えてパワー不足の印象。まずまずのスタートを切り、ジョッキーが促してもなかなか前へ行けずに中団よりやや後ろから。3コーナーから馬群の内側に入る形になり、それでも馬群が密集していなかったのでレースを止めるようなことはなく、直線に向いてから追われてもジリジリと前に迫るほどの勢いはなく、それでもかなり流れが速かったので最後まで脚色は衰えず、バテた馬を交わして掲示板圏内は何とか確保できた。非常に速い流れになり、前へ行けなかったのが功を奏した格好。ただ経済コースを通ったわりには伸びなかったし、ちょっとこの先も勝ち負けに加われるかは疑問府が。

|

« 54連敗でようやくストップ | トップページ | 交流重賞制覇のビッグチャンス到来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 54連敗でようやくストップ | トップページ | 交流重賞制覇のビッグチャンス到来 »