« 最適条件で一発を | トップページ | クラス再編後で苦戦必至 »

2017.06.15

未勝利卒業が絶望的に

社台・サンデーの1歳募集馬見学ツアーは、例年通り2週目1日コースの6/16(金)に行ってきます。地方オーナーズは既にかつての出資馬の初仔であるショコラヴェリーヌ16(牡:父エンパイアメーカー)を第1希望で申し込み済みで、中央入厩馬はパスする予定です。

◆6/06(火)大井11R 東京スポーツ賞…△ブリージーストーム(真島)→4着
休み明けだった前走もパドックではよく見えたけど、今回プラス9キロでも全く太い印象は受けず、むしろ馬体の張り艶がいいしこの馬にしては珍しくキビキビと気合い十分でパドックを周回していて、申し分ない気配。ほぼ揃ったスタートを切り、押して5番手に位置した。向正面の時点で既に真島騎手の手が動き、いかにも反応が悪そうな追走で、それでもラチ沿いの5番手をキープしながら3~4コーナーを回り、直線に向いて懸命に追われても先に抜け出した勝ち馬からは放される一方で、脚色的には外から来た馬に交わされ着外に沈みそうだったものの、最後までバテずに踏ん張って4着は死守した。この馬にとっては時計が速すぎた印象で、真島騎手の腕が終始動きっぱなしだった割にはよく頑張っている。展開次第では更に上の着順も十分可能。

◆6/10(土)東京2R 3歳未勝利…×ルーチェミラコロ(丸山)→6着
3ヶ月ぶりでも馬体に増減がなく、もっと実が入って欲しい印象で、お腹のあたりがスッキリ見えた。パドックでも発汗が目立って落ち着きも欠き、あまり褒められない気配。いつものようにあまりゲートの出が良くなく、後方3番手から。3コーナーに入るあがりではラチ沿いをスルスルと進出して後方5番手くらいにポジションを押し上げ、引き続きラチ沿いの経済コースを通って直線に向くと、ジワジワとは差を詰めたものの目立った脚は使えず、勝ち馬から1.2秒差の6着となった。砂を被ってもヒルまずにしっかり走れたけど、丸山騎手が巧く乗ってロスなくラチ沿いを回った割には勝ち馬に差を付けられてしまい、勝ち上がりに赤信号が灯ってしまった。

◆6/10(土)東京6R 3歳未勝利…△コーブルク(石橋)→7着
4ヶ月ぶりでプラス16キロでも、特に太くは見えずちょうどいいくらいの馬体。ややうるさい面は見せていたものの、伸びやかな歩様で全体的にはよく見えた。スタート直後に隣の馬に激しくぶつけられ、挟まれる形で後方から。平均ペースでかなり縦長の展開になり、ラチ沿いを走って3コーナーに入るあたりでは中団あたりまでポジションを挽回した。その後も外に出せるシーンがなく、馬群の中に入ったままで直線に向き、なかなかピリッとした脚を使えず、特に狭くなるシーンはなかったのに伸びずバテずで7着に終わった。優先出走権を逃してしまい、今後適条件のレースがなく勝ち上がりは絶望的になったうえ、レース後に右トモの骨折が判明し、残念ながらこれで引退になりそう。

【次週出走予定】
◆6/17(土)阪神3R 3歳未勝利…ウィッシュノート(△荻野極)
◆6/17(土)阪神12R 3歳以上500万下…ブレッシングテレサ(未定)
◆6/18(日)函館1R 3歳未勝利(牝)…インハーフェイバー(武豊)
◆6/18(日)東京1R 3歳未勝利…カヴァレリア(横山典)
◆6/18(日)阪神6R 3歳以上500万下(牝)…アンデスクイーン(デムーロ)
◆6/18(日)東京8R 3歳以上500万下…クイックモーション(内田)

|

« 最適条件で一発を | トップページ | クラス再編後で苦戦必至 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最適条件で一発を | トップページ | クラス再編後で苦戦必至 »