« 条件好転で巻き返しを | トップページ | 未勝利卒業が絶望的に »

2017.06.10

最適条件で一発を

今週は未勝利戦に2頭が出走する。コーブルクは今回の東京芝2000mが最適条件で、休み明けながら何とかここで勝ち星を挙げられないか。

◆6/10(土)東京2R 3歳未勝利…×ルーチェミラコロ(丸山)
栗東の須貝厩舎を放逐されてからの初戦となる。過去4戦していずれも掲示板外では仕方のないところ。短距離血統なのにスタートダッシュが鈍く、後方のまま伸びないレースが続いている。約3ヶ月ぶりでも調教の動きが変わってきた印象はなく、今回も厳しそう。ただ、前へ行きたい馬ばかり揃ったので差しが生きる展開になる可能性があり、直線の長い東京コースならスタートで後手を踏んでも挽回しやすいので、流れがハマれば入着程度ならあり得るかも。

◆6/10(土)東京6R 3歳未勝利…△コーブルク(石橋)
4ヶ月ぶりで今回が2戦目。デビュー戦の前走は体を使えない走りになって追走に苦労したものの、直線でようやっとエンジンがかかって4着に盛り返した。レースを経験したなりの上積みはありそうだけど、蹄を痛がったり筋肉疲労が出たりと順調さを欠いていて、今回も何とか出走態勢が整った感じで、万全にはほど遠い状態。それでも似たような状態でデビュー戦は善戦しているし、血統的に距離が2000mに伸びるのはプラスなはずで、差しが生きる流れになれば入着以上の好走も期待できる。残された時間も少なく、できればここで決めたい。

|

« 条件好転で巻き返しを | トップページ | 未勝利卒業が絶望的に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 条件好転で巻き返しを | トップページ | 未勝利卒業が絶望的に »