« 9着でもレース内容は進境あり | トップページ | 50連敗から脱出なるか? »

2017.05.26

展開次第では久々の勝利も

今週は土日それぞれ4頭ずつ計8頭が出走する。南関東も含めてここ2ヶ月ほど勝利から遠ざかっていて、今週も確勝級の馬は見当たらないけど、上位争いが可能な馬は多く、流れが向けば久々の勝利もあり得る。

◆5/27(土)京都1R 3歳未勝利…▲ウィッシュノート(北村友)
過去9戦して、入着は多いもののなかなか勝ち負けに加われない状況が続いている。それでも前走は3番手の好位置に付けられるようになったし、だいぶメンバーも楽になってきたので、そろそろ馬券圏内に入っても不思議はない。追って味がないタイプなので、なるべく前の方でレースをしたいところ。今回はこの馬よりも内の枠に初出走馬が3頭いるので、今までよりもいい位置を取れる可能性もある。1000m戦で勝ち切るほどのスピードはないので、1200m戦のある阪神開催のうちに勝てるかどうか。

◆5/27(土)東京2R 3歳未勝利…×ヴァベーネ(▲横山武)
ここまで2戦して、出遅れて後方のまま伸びないレースが続いている。今回は外めの14番ゲートを引けたので出遅れたとしても挽回はしやすいだろうし、ようやく調教でも動けるようになり、さらに3キロ減の若手騎手が騎乗するので、ここ2戦よりは前進できるのでは。460キロであまり大柄な馬ではなく、冬場の重いダートよりはこの時期の時計が出やすいダートの方が走りやすいはず。もうそろそろ入着程度は走れないとこの先厳しくなる。

◆5/27(土)東京10R 葉山特別…△レーヌドブリエ(戸崎)
中1週・中1週の強行軍で東京まで遠征することになった。クラス再編直前で一番メンバーレベルが低くなる時期だし、ここのところ牡馬相手でも上位好走できているので、今回のメンバーでも十分上位争いには加われそう。ただ、東京・新潟・東京と、いずれも関東圏への長距離輸送ばかりで、馬体が大きく減るようだと大幅減点が必要。434キロ以上をキープして、パドックを落ち着いて周回できていれば力は出せるはず。

◆5/27(土)東京11R 欅S…△ポイントブランク(蛯名)
前走は持ったまま抜群の手応えで直線抜け出し、これは勝ったかと思ったら終いの脚が鈍って3着となり、前へ付けられればオープンでも十分やれる力を示した。今回は得意の1400mへ距離が短縮され、前走以上に粘りは増すはずで引き続きチャンス。とはいえ、メンバーレベルは前走よりも格段に高くなってしまい、重賞好走馬を相手に勝ち切るのはそう簡単ではなさそう。相性の良い蛯名騎手に引き続き乗ってもらえるし、2月に同じ東京ダート1400mの舞台で準オープンを勝った時は、翌日のオープン戦よりも時計が速かったので、自分の形に持ち込めれば頭までありそう。

◆5/28(日)東京4R 3歳500万下…△アンデスクイーン(藤岡佑)
スタートダッシュが鈍い馬なので、1400mではソコソコ走れても1200mではスピード不足になってしまう。今回は5着を外したことがないダート1400m戦になるし、もともと先週のレースに出馬登録していたくらいなので、仕上がりも上々で力を出せる態勢にある。メンバーを見渡しても未勝利勝ち直後の馬が多く、あまり人気はないだろうけど上位争いは十分可能なはず。ただ、関西所属の牝馬なので初の長距離輸送がどうなるか。馬体重が470キロを割るようなら大幅に減点が必要。

◆5/28(日)京都7R 4歳以上500万下…×ブレッシングテレサ(川須)
昨年2月に新馬勝ちしてからは4戦して良いところなく、特にここ2戦は500万条件の平場戦でシンガリ負けを喫している。それでもスンナリと2番手のいい位置を取りに行くなど、レース前半の内容は決して悪くないので、能力云々というよりは気性の問題か。この中間も熱発して順調さを欠き、追い切りでも未勝利馬にアッサリと遅れをとってしまい、特に変わってきた印象はなく、ここも苦戦必至。前へ行かせずに後方で控えて脚を使う競馬を試してみたい。

◆5/28(日)東京9R むらさき賞…◎ストレンジクォーク(ルメール)
前走は初めてマイル戦に挑んで小差の3着に好走した。中山コースの方が好走実績があるけれど、坂でモタつくので今なら東京コースの方が走りやすそう。昨年のこのレースでも今回と同じ56キロで2着に好走しているし、準オープンでは3戦して2着・2着・3着ともう少しのところまで来ており、ここも勝ち負けの競馬に持ち込める。臨戦過程も前走より順調で、重賞でも通用する実力の持ち主なので、ここを勝ってオープン入りしたい。

◆5/28(日)東京9R むらさき賞…▲レッドルーファス(大野)
3年前のこのレースを勝ち、昨年は5着に好走している。もともと東京コースの芝1800~2000mを得意にしており、過去9戦して掲示板を外したのは2回だけ。前走にしても休み明けでスタート直後に挟まれる不利がありながら4着に走れているし、メンバー構成はかなり手強くなったけどここも上位好走を期待できるのでは。後方から追い込むタイプなので、流れが向けば頭まであり得る。パドックでチャカつかずに落ち着いて歩けるかがカギになる。

◆5/29(月)盛岡10R カシオペア賞…◎クイックモーション(山本聡)
盛岡の交流戦に出走することになった。芝1700mなら全く問題ないし、ある程度の先行力はあるので小回りコースにも対応可能。ただ、非力なタイプで盛岡コースの急坂に対応できるか不安な面も。相手関係が大幅に楽になり、先日の大井記念を制して意気が上がる地元の山本聡哉に乗ってもらえるのは好材料。細身の馬なので馬体を大きく減らさずに出走できるかどうか。クラス再編前にここで勝てればまた500万条件に出走できるので1着が欲しい。

|

« 9着でもレース内容は進境あり | トップページ | 50連敗から脱出なるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9着でもレース内容は進境あり | トップページ | 50連敗から脱出なるか? »