« 名手の腕前で今後につながる競馬を | トップページ | 展開次第では久々の勝利も »

2017.05.25

9着でもレース内容は進境あり

2頭とも9着と着順はあまり良くないけど、先につながるレースはできているので全く悲観はしていない。

◆5/25(木)大井6R 3歳410万円以下…△フェドゥラフォレ(森)→9着
中1週でも馬体に増減がなかったし、キビキビとパドックを周回できるようになり、いかにも状態は良さそう。ゲートの中で少しガタついた時にスタートを切られ、後方3番手から。道中は掛かるでもなく、持ったままピタッと折り合っての追走。向正面ではじっくりと構えつつ後方2番手で3コーナーに入ると、馬場の内めから追われて徐々に先頭との差を詰め、直線に向いた時に一瞬伸びかけたものの、次から次へと他の馬に前へ入られてしまい、馬が遠慮する形で伸びあぐねてブービーの9着に終わった。1200mのスピード勝負よりは1600mの方が走りやすそうだったし、今回は砂を被っても前へ行こうとしていたので、これから徐々には良くなってきそう。これで社台ファームへ放牧するとのこと。晩成の血統でどこまrで成長するか楽しみ。
A43i1494 A43i1601

◆5/25(木)大井11R スポーツ報知賞…△ブリージーストーム(赤岡)→9着
休養前は太め残りを敗因の一つに挙げられていたので、しっかり乗られて6キロ減ったのは好材料。毛艶が冴え渡り、歩様もキビキビとして硬さを感じず、昨年3月に勝った時と同じくらいの好気配。好スタートを切り、ムチをイレながらハナに立たせた。半馬身ほどのリードを保っての逃げとなり、そとから2頭に並び掛けられる展開に。それでも終始いい手応えで逃げ、半馬身のリードを保ったまま4コーナーから直線に向くと、残り200mまでは懸命に先頭をキープしていたものの、馬体を離した外から勝ち馬に一気に交わされ、それでもしばらくは2番手に踏ん張りながらも残り100m地点で力尽きてしまい9着となった。終い踏ん張れなかったのは休み明けの分かと思ったら、競走成績を見るとかなりのハイペースとなっていて、これは仕方のないところ。もし勝ち馬と馬体を併せられたらもう少し踏ん張れただろうけど、見せ場十分のレースができたし、9着とはいえ勝ち馬とは0.6秒差で、これなら次走が楽しみになった。
A43i1714 A43i1983

|

« 名手の腕前で今後につながる競馬を | トップページ | 展開次第では久々の勝利も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名手の腕前で今後につながる競馬を | トップページ | 展開次第では久々の勝利も »