« JRA交流戦でも上位は必至 | トップページ | 大挙10頭出しで今週こそは勝利を »

2017.05.11

追って味がなく7着に敗れる

パドックでの気配も良く、先行馬有利な馬場状態で、これは勝てるだろうと思っていたら、出遅れて伸びずに終わった。ただし先につながる負け方で悲観はしていない。

◆5/10(水)大井9R フォーチュネイトひなげし特別…◎フェドゥラフォレ(森泰斗)→7着
中2週で中間しっかり乗られても10キロ増えたのは何よりもの好材料。全く太く見えずもっと増えてもいいくらいで、程良い気合い乗りでしっかり歩けていたし、パドックでの気配は申し分なし。半馬身ほど立ち後れるようなスタートを切り、前へ行かせず押さえて後方4番手からの競馬に。3コーナーに入ってもまだ抑えたままじっくりと後方で待機。4コーナーから仕掛け気味に前との差を詰めつつ、馬群の外を回して直線に向いて追われると、これといった脚を繰り出せず道中のポジションのまま流れ込んだ形で7着に終わった。出遅れたところを強引に前へ出すのではなく、スッと抑えて差す競馬を試すレースに切り替えたあたりはさすがリーディングジョッキー。前が止まらない馬場状態だったこともあり結果は振るわなかったけど、砂を被った経験は生きてくるはずだし、やはり前へ行かせた方がいいことも分かり、こういう敗戦も時には必要。
A43i9941 A43i9996

|

« JRA交流戦でも上位は必至 | トップページ | 大挙10頭出しで今週こそは勝利を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JRA交流戦でも上位は必至 | トップページ | 大挙10頭出しで今週こそは勝利を »