« 完璧な乗り方でも2着に敗れる | トップページ | 4月は未勝利に終わりそう »

2017.04.27

気の悪さも見せ、厳しいレース結果に

意外といいところがあるかもと期待していたオルファンは、パドックでゴネたりレースでは追走に苦労したりで、残念ながら厳しいレース結果に。対照的にレッドルーファスとポイントブランクの7歳馬2頭は強い相手に好走してくれた。

◆4/22(土)福島1R 3歳未勝利(牝)…△ウィッシュノート(北村友)→4着
前走は太めで動ききれなかったところ、今回は長距離輸送もあって12キロ減でちょうどいい体つき。無駄な動作をせず落ち着いてパドックを周回できていたし、この馬なりに力強さも加わって前走以上の気配に見えた。揃ったスタートを切り、少し促して中団あたりにつけた。最内枠だったのでラチ沿いを進み、3コーナーに入ったあたりからはコーナーワークも生かして徐々に前へ進出。直線に向いてからは馬群を割る形でジリジリと前との差を詰めたものの、先頭に迫るほどの勢いはなく0.5秒差の4着まで。ジョッキーがロスなく上手に乗ってくれたし、馬も良く頑張ってはいるものの、現状ではこれが精一杯。

◆4/22(土)京都5R 3歳未勝利…△オルファン(池添)→15着
404キロの馬体は想定内で、なんとか400キロはキープできた。細いというよりは全体的に体つきが小さい。パドックに入ってきて3周くらいは落ち着いて全く問題なく歩けていたのに、4周目くらいからは歩くのを嫌がって立ち止まったりと気の悪さを見せ、その後は何度も促されて渋々歩いていた。ゲートをソロッと出てしまい、ダッシュも鈍くて後方2番手から。ペースとしてはまずまず流れ、向正面の時点でジョッキーが時折気合いを入れつつの追走。4コーナーに入っても依然として後方2番手のままで、この時点で先頭との差が15馬身くらいあって勝負圏外に。直線に入っても馬群の外に出す余裕がなく馬場の内側に入れる形となり、最後までピリッとした脚を使えないまま流れ込んだだけの15着に終わった。まだレースを理解していない面はあるにせよ、追走に一杯となってしまいこれはこの先も厳しそう。ただ後肢の蹴りが強いフットワークをしていたので、意外とダートの方が向いている可能性はある。
A43i9539 A43i9727

◆4/22(土)東京10R 府中S…×レッドルーファス(大野)→4着
この馬はパドックでうるさい面を見せると凡走するタイプだけど、今回は8ヶ月ぶりでも落ち着いていたし、トモの踏み込みが力強くキビキビとした歩様で、ここ数戦の中では一番良く見えた。スタート後に挟まれる形になり後方2番手から。コーナーワークで向正面に入るあたりでは後方4番手に位置した。平均ペースで縦長の展開になり、道中はずっと折り合ったまま後方4番手で動かずじっくり進めた。3~4コーナーでも持ったままで、直線に向いてから追い出すと、ジリジリと差を詰めて坂を上がってからもうひと伸びしたものの、先に抜け出した馬との差は詰められず4着まで。7歳馬の休み明けでこれだけ走れれば上々で、東京の1800m~2000mなら流れが向けば更に走れそうで楽しみになった。

◆4/22(土)東京11R オアシスS…×ポイントブランク(蛯名)→3着
筋肉質で典型的なダート馬なのでいつも歩様は硬く見えるけど、今回はこの馬なりに柔らかく歩けていたし、今まで見られなかった前向きさも感じられ、明らかに前走以上の状態。好スタートを決め、スッと2番手を取りに行った。逃げ馬が後続を5馬身ほど引き離す流れになり、2番手でも実質的に逃げているのと変わらないくらい実にスムーズな追走。3~4コーナーを持ったままいい手応えで周り、直線に向いてもまだ追い出しを待つ余裕もあり、残り300m地点では一旦先頭に立って後続を引き離し、一瞬勝ったかと思ったら、残り200m地点からは脚色が鈍ってしまい、中団に控えていた2頭に外から強襲されて3着となった。オープン特別にしてはかなり強いメンバーを相手に、しかも7歳馬であわやのシーンも作れたし、前が完全につぶれる展開だった中でただ1頭上位に残っているし、本当によく頑張ってくれている。1400mならオープン勝ちのチャンスも十分。

◆4/23(日)福島10R 飯盛山特別…×エリオットベイ(杉原)→14着
グリーンチャンネルで映った範囲では、いつもに増して肩の出が悪く、中1週での出走が仇になった感。とはいえ10キロ減で体つきは明らかに前走以上だし、トモの踏み込みには力強さがあった。まずまずのスタートを切り、あまり急かせずに中団あたりに控えた。内の3番ゲートからのスタートだったのに、1コーナーへ入るまでに上手く馬群の外へ出せた。中団で向正面に入り、勝負処でもなかなか前との差を詰められず、外からマクられてポジションを悪くしてしまい、3コーナーから追われてもなかなか馬が反応しないままで、直線に向いた頃には後方馬群に沈んでしまい勝負圏外に。結局はブービーの14着に終わった。いい位置を取れたのにレースの後半では馬が全く動かず大敗を喫してしまい、これは厳しそうだと思っていたら、レース後に成績不振での引退が発表された。オークションに出品されることになり、広いコースの門別か大井なら馬格もあるし意外と走れるのでは。

【次週出走予定】
◆4/28(金)園田11R C1特別…ハルカカナタ(田中学)
◆4/29(土)新潟8R 4歳以上500万下…デューズワイルズ(北村友)
◆4/30(日)京都1R 3歳未勝利(牝)…アスティル(川田)
◆4/30(日)京都7R 4歳以上500万下…ノーブルソニック(松山)
◆4/30(日)京都9R 糺の森特別…レーヌドブリエ(池添)
◆4/30(日)東京11R スイートピーS…キュイキュイ(柴山)
◆4/30(日)東京12R 4歳以上1000万下…クロークス(北村宏)

|

« 完璧な乗り方でも2着に敗れる | トップページ | 4月は未勝利に終わりそう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完璧な乗り方でも2着に敗れる | トップページ | 4月は未勝利に終わりそう »