« 距離短縮に対応も最適とは? | トップページ | C1への昇級戦でも惜しい2着 »

2017.04.17

逃げ切っての連勝を期待

2頭とも楽にハナを切れそうなメンバー構成で、外差し向きの馬場状態になっていなければ2頭とも勝ち負けの競馬に持ち込める。

◆4/17(月)大井2R 3歳55万円以下…◎ヴェルティーチェ(▲藤田凌)
デビューから2戦して、いずれもいったん先頭に立ちながらも直線で伸びあぐねるレースで勝ちきれないまま。今回はリフレッシュ放牧明けで4ヶ月ぶりのレースとなる。休ませたわりには馬体が増えていないようだけど、過去2戦ともスムーズに先行して労せずいいポジションを取れるのは強みで、少なくとも既走馬には負けないのでは。6頭いる初出走馬もスタートではモタモタするだろうから、3キロ減を生かしてハナを切り、そのままリードを保って逃げ切るようなレースができれば。荒山厩舎所属の藤田ジョッキーがこの日デビューを迎え、初勝利となることを期待したい。

◆4/17(月)大井8R C1(十)(十一)…◎ブレッザフレスカ(繁田)
前走は逃げて直線に向いてずっと並び掛けられる苦しい展開ながら、結局最後まで抜かせずハナ差凌いで連勝した。競り合いになった時の強さは兄ブリージーストーム・姉ララベル譲りで、レースを重ねるごとに時計も詰めていて、ここに来て馬の成長を感じる。今回はC1クラスへの昇級戦とはいえ、楽にハナを切れそうなメンバー構成だし、前回と同じくらい走れば時計的にも十分通用する。追い切りの動きも非常に良く、弱点である右トモも以前ほどは気にならなくなっており、逃げ切っての3連勝を。

|

« 距離短縮に対応も最適とは? | トップページ | C1への昇級戦でも惜しい2着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 距離短縮に対応も最適とは? | トップページ | C1への昇級戦でも惜しい2着 »