« C1への昇級戦でも惜しい2着 | トップページ | オルフェーヴルの全妹がようやくデビュー »

2017.04.20

リーディングジョッキー確保で必勝の鞍

お姉さんのララベル・ブレッザフレスカがともに2着だったので、ここは3歳の妹が1着を取りに行く。

◆4/21(金)大井4R 3歳380万円以下…◎フェドゥラフォレ(森泰斗)
前走はスタートで後手を踏みながら押してハナに立たせ、直線で粘れずの4着だった。バテたというよりは内が伸びない馬場状態が災いした感。ゲートの出が悪い馬なので、ハナを切るまでに脚を使ってしまうのももう一息足りない要因。今回はゲート後入れの偶数番を引いたことで少しは出遅れる可能性が低くなったし、何よりもリーディングの森騎手に乗ってもらえるのは何よりも心強く、大船に乗った気分でレースに臨める。時計面の裏付けもあり、主催者が馬場の内側に砂を入れるでもしない限りは勝利が期待できそう。優駿スプリント挑戦への望みをつなぐためにもここは必勝の鞍。前走は妙に落ち着いていたこともあり、少しうるさいくらいでちょうどいい。

|

« C1への昇級戦でも惜しい2着 | トップページ | オルフェーヴルの全妹がようやくデビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« C1への昇級戦でも惜しい2着 | トップページ | オルフェーヴルの全妹がようやくデビュー »