« 気の悪さも見せ、厳しいレース結果に | トップページ | 3歳世代25頭全馬がデビュー »

2017.04.28

4月は未勝利に終わりそう

この4月はJRAで「0-0-6-3-1-5」と3着は多くても連対がなく、南関東でも「0-3-1-0-0-1」と勝ち星を挙げられていない。今週は賑やかに6頭が出走し、いずれも入着できれば上々といった顔ぶれで、今月の勝利は厳しそう。

◆4/29(土)新潟8R 4歳以上500万下…×デューズワイルズ(北村友)
半年ぶりの前走は、マクるでもなく控えるでもない、なんとも中途半端な乗り方で9着に終わった。一度使われてもう少し動けるようになるだろうし、前走よりは相手関係も楽になり、ある程度は前進できそう。全く先行力のない馬なので、比較的直線の長い新潟コースも合ってそう。半年休ませたのに馬体が増えていなかったことから、さらに減るようだと好走は難しくなる。

◆4/29(土)東京9R 秩父特別…△レーヌドブリエ(デムーロ)
前走は牡馬混合戦でも2着に好走できたものの、53キロの軽ハンデを生かしてのものだったし、勝ち馬には0.5秒差をつけられてあまり惜しくない内容だったのも事実。今回は別定戦で55キロを背負うことになり、小柄な牝馬にとっては有利ではないし、東京コースでも勝っているとはいえ大敗した回数も多く、果たしてどこまで通用するか。2ヶ月ぶりでも調教の動きは良く、展開次第では上位好走も十分あり得る。

◆4/30(日)京都1R 3歳未勝利(牝)…×アスティル(川田)
デビューから3戦していずれも良いところなく大敗を喫している。いずれも勝ち馬から1秒差以内で、着順ほど負けてないとはいえ、先行力がない上に控えたところで差し脚も使えず、芝では厳しそう。420キロそこそこの小柄な馬でダート替わりもプラスとは言えない。今までの走りを見た印象では、スピード不足ではなくパワー不足で終いの脚が使えない印象で、苦戦は免れない。3ヶ月休ませて馬体が増えているかがカギで、クビの高い走り方も改善されているかどうか。

◆4/30(日)京都7R 4歳以上500万下…×ノーブルソニック(松山)
全く前へ行けない馬ながら、芝・ダート問わず終いだけはしっかり差を詰められたのに、ここ最近は後方のまま伸びないレースが続いている。今回は芝の2400mに距離を延長することで先行力不足はカバーできそうだけど、長距離向きの資質があるとも思えないし、この距離で牡馬を相手に好走するのは至難の業。10頭立てでメンバーはかなり楽になり、鞍上も大幅強化されたので、今回も終いの脚を生かす走りで少しでも上位を目指して欲しい。

◆4/30(日)東京11R スイートピーS…×キュイキュイ(柴山)
前走は極端に時計のかかる重馬場で、道中掛かりながらも最後まで踏ん張って5着と好走した。切れる脚はないものの、さすがに重馬場まで悪化しては厳しかった。今回はオープンへの格上挑戦でメンバーレベルも格段に上がり、強気になれる材料は特に見当たらないけれど、モマれる可能性が低くなる外枠を引いたのは好材料で、前走のように道中で掛かるのをなだめながらロスなく追走できれば上位好走もあり得る。引き続き柴山騎手に乗ってもらえるのはプラスで、勝ったことのある東京コースに替わるのもいいはず。

◆4/30(日)東京12R 4歳以上1000万下…×クロークス(北村宏)
2走前に500万条件を逃げ切り勝ちして、前走は逃げられず中団からのレースが精一杯で大敗を喫した。ダート2100mなら前へ行ける可能性は高まるはずだったけど、今回は外枠を引いてしまったし、他にも逃げたそうな馬が3頭いるので、単にハナを切るだけなら可能でも、自分の競馬に持ち込んで上位好走するのは難しそう。3歳時に東京コースで走った際、バカついたり外に膨れたりとマトモなレースができなかったことがあるのも心配。血統的に距離が延びるのはプラスで、外枠から砂を被らない位置でレースをしたい。

|

« 気の悪さも見せ、厳しいレース結果に | トップページ | 3歳世代25頭全馬がデビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気の悪さも見せ、厳しいレース結果に | トップページ | 3歳世代25頭全馬がデビュー »