« 適条件で初重賞勝ちのチャンス | トップページ | オークスに出走させたい逸材 »

2017.04.02

重賞制覇はならず3着まで

◆3/25(土)中京5R 3歳未勝利…◎グラドゥアーレ(柴山)→5着
中京までの輸送があってもマイナス2キロと大きく減らなかったのは好材料。ただ、ちょっとトモの踏み込みに甘さが目立ったのは気になるところ。好スタートを切り、持ったままジンワリと抑えて3番手につけた。前を行く2頭の外で理想的な位置取りで、やや行きたがるのを抑え加減の追走。3番手をキープしたまま3~4コーナーを回り、手綱を持ったままいい雰囲気で直線に向き、残り400m地点で追われると、モタモタとしてなかなか前との差が詰まらず、残り200mあたりからはむしろ前との差が広がってしまい5着に終わった。直線の坂を上がったあたりでバッタリ止まっているので、やはり中京は合わなそうだし本質的にマイルでは距離が長いのかも。1400mでレースをさせてみたい。

◆3/26(日)阪神1R 3歳未勝利(牝)…△ウィッシュノート(松若)→9着
小柄な馬なので14キロ増えたのは好材料でも、いかにも絞れそうな体つきで、筋肉が付いたというよりは仕上がり途上といった雰囲気。まずまずのスタートから押して5番手を取りに行った。あまり追走に余裕がなさそうな雰囲気で、残り600m地点からムチが飛んでもなかなか前へ進んで行かず、5番手をキープして直線に向いたものの余力はなくズルズルと下がってしまい9着に終わった。前へ行った馬がそのままの順番でゴールしたくらいなので、位置取りは良かったはずなのに踏ん張れなかったあたりはやはり太かったのか。なかなか初勝利へのメドが立たない。

◆3/26(日)中山1R 3歳未勝利(牝)…×キンナリー(勝浦)→3着
今回が初出走で多少キョロキョロしていたものの、落ち着きつつも大きな歩様でパドックを周回し、なかなかの好気配に見えた。ゲートを出る1歩目が遅くて後方2番手からのレースに。1コーナーに入ったあたりで先頭とはかなり差が開いてしまい、向正面に入ったあたりでようやくエンジンがかかったのかラチ沿いに進路をとってスルスルとポジションを押し上げて馬群に取り付いた。3~4コーナーでは馬群の外を回して中団まで押し上げると、直線でも外からジリジリと脚を伸ばしたものの、さすがに長く脚を使ったせいで残り100mあたりからは脚色が鈍ってしまい3着となった。直線に向いた時には一瞬夢を見たほどのレース内容で、初戦としてはこれだけ走れれば上々。スタートでもっと出られるようになれば未勝利戦は即勝ち負け可能。

◆3/26(日)中山10R 常総S…◎アップクォーク(吉田隼)→14着
落ち着いてパドックを周回していたけど、どうも歩様がこぢんまりとしていて、いつものような活気がないのは気になった。まずまずのスタートから、少し押した途端に気合いが入りすぎて掛かり気味に4番手となった。馬場が合わないのか、2コーナーの時点で追っ付け気味の追走になってしまい、この時点で好走はなくなった。向正面に入っても走りに余裕がなく5番手にポジションを下げ、3コーナーの入り口から盛んにジョッキーの手が動き始め、何とか4番手で直線に向いたものの、全く余力がなくズルズル下がる一方で14着に大敗した。デビュー以来、4着を外すのは今回が初めてだけど、兄のストレンジクォークと同様にボコボコした馬場は全く合わない模様で、今回は仕方なし。

◆3/26(日)中京10R 熊野特別…×シャクンタラー(シュタルケ)→7着
中1週+中京までの輸送があっても4キロ減で、肩の出はあまり良くなくてもトモの踏み込みはしっかりしていて、全体的には上々の気配に見えた。ゲートの中でボロをしている時にスタートを切られて後方から。もともと後方からレースをする予定だったので好都合。後方2番手で1コーナーに入り、ぽつんと馬群から離れた位置での追走に。向正面の半ばあたりから一気にペースが上がり、じっくりと脚をためて後方2番手のまま直線に向き、馬群の外に出して差を詰めようとしても周りと同じ脚色になってしまい7着に終わった。稍重の発表以上に走りにくい馬場になってしまい、後方から競馬をしても意味がなかった。レース後にトモを傷めてしまい、しばらく休養することに。

◆4/01(土)中山11R ダービー卿CT…▲グランシルク(戸崎)→3着
クビをさかんに振りながらパドックを周回するのはいつも通りで、イレ込んでいるわけではなく、トモの歩様にも力強さがあって力は出せる状態。ゲートの中でガタついてしまい、あまり良いスタートを切れずに後方3番手から。馬群の中に突っ込んでコーナーワークでちょうど中団あたりで向正面に入った。見るからにスローな流れになり、馬群の内側に位置したのでなかなかポジションを押し上げられず、4コーナーでも馬群の外に出せないまま直線に向き、前が開いた馬群の内に切れ込みながら懸命に脚を伸ばして差を詰めても3着が精一杯だった。今回も賞金を加算できなかったのは残念だけど、もう少しだけ流れが向けば重賞でも勝ち負けできるところには来ている。
A43i7207 A43i7261

◆4/02(日)阪神12R 鳴門S…△ソーディヴァイン(川田)→3着
中1週で馬体に増減がなく、キビキビした歩様でパドックを周回し、疲れも感じられず前走以上のデキに見えた。今回もゲートの出はあまり良くなく、二の脚が早くてスッと2番手に付けた。逃げ馬とは半馬身差、3番手の馬に外から並び駆けられる苦しい展開になったものの、2番手をキープしたまま楽な手応えで3~4コーナーを回った。直線に向いてもまだ追い出しを待つ余裕があり、残り300mから満を持して追われても意外と伸びがなくて先頭との差を詰められず、ゴール前で脚が少し甘くなってしまい3着となった。昇級初戦でこれだけ走れれば上々で、今までなら直線で後退していたのに、最後まで集中して走れていたあたりは精神面の成長もうかがえる。引き続き1400m戦なら上位好走は必至。

【次週出走予定】
◆4/08(土)中山4R 3歳未勝利(牝)…ノーブルクラウン(未定)
◆4/08(土)福島6R 4歳以上500万下…エリオットベイ(未定)
◆4/08(土)阪神8R 4歳以上500万下…デューズワイルズ(未定)
◆4/08(土)福島12R 桑折特別…クイックモーション(津村)
◆4/09(日)中山9R デイジー賞(牝)…キュイキュイ(柴山)
◆4/09(日)阪神9R 忘れな草賞…イストワールファム(ルメール)

|

« 適条件で初重賞勝ちのチャンス | トップページ | オークスに出走させたい逸材 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 適条件で初重賞勝ちのチャンス | トップページ | オークスに出走させたい逸材 »