« オルフェーヴルの全妹がようやくデビュー | トップページ | 気の悪さも見せ、厳しいレース結果に »

2017.04.24

完璧な乗り方でも2着に敗れる

必勝を期して臨んだレースで、森騎手も完璧に乗ってくれたにも関わらず2着。今回は力及ばず、勝ち馬が強かった。

◆4/21(金)大井4R 3歳380万円以下…◎フェドゥラフォレ(森泰斗)→2着
6キロ増えていたのは好材料だし、落ち着きすぎていた前走とは違って少し気合いを見せるようになり、だいぶ雰囲気が良くなってきた。今回は揃ったスタートを切り、少し抑え加減で2番手に控えた。逃げ馬から2馬身ほど離れた理想的な位置取りで、4コーナーに入ったあたりで持ったままいい手応えで逃げ馬の1馬身差まで詰め寄った。直線に向くと外から来た馬と併走する形で差を詰め、残り200m地点では一旦先頭に立ったものの、そこからは外の馬の脚色が優勢で1馬身1/4差の2着となった。課題だったスタートも文句なしに決めたし、ハナに立つのではなく2番手というのも理想的。追い出しのタイミングも完璧で、非の打ち所がない乗り方をしてくれて時計も短縮しているのにそれでも2着だったので、勝った馬が強かったとしか言いようがない。次走も引き続きチャンス。
A43i9403 A43i9453

|

« オルフェーヴルの全妹がようやくデビュー | トップページ | 気の悪さも見せ、厳しいレース結果に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オルフェーヴルの全妹がようやくデビュー | トップページ | 気の悪さも見せ、厳しいレース結果に »