« 正攻法のレースで2着好走 | トップページ | 距離短縮に対応も最適とは? »

2017.04.15

初の1200m戦で激変なるか?

アナザーバージョンは勝たずに入着を繰り返しての賞金稼ぎを願っていたら、ここのところ2着・3着・4着・5着・6着と1つずつ着順を落としてしまっている。詰めの甘さが残るので、今回思い切って中山ダート1200mへ狙いを変えたのは面白いと思う。

◆4/15(土)中山12R 鹿島特別…▲アナザーバージョン(内田)
東京コースに良績が集中しているため左回りで直線の長いコースばかり狙って出走していたので、右回りのコースは13戦ぶりとなる。中山は過去2戦して10着・12着といずれも大敗しているけど、福島は2着・4着なので右回りが走れないわけではない。ただ今回は初の1200m戦というのがどう出るか。レースを止めてしまう悪癖があるので距離を短縮することで最後まで集中して走れるようになるかもしれないし、スピードに付いて行けない可能性もある。これといって強いメンバーは見当たらないものの、もともと相手なりに走るタイプ。モマ弱さが残る馬なので内めの4番ゲートに入ったのは減点材料。スタートはいい馬なので、ある程度のポジションに位置してジリジリと先頭に詰め寄るようなレースをしたい。当初は東京戦の予定だったのが、あまりに状態が良いので早めに帰厩して中山に回った経緯があり、調子の良さも生かしたい。

◆4/16(日)中山12R 春興S…▲ストレンジクォーク(ルメール)
ちょっと詰めの甘さもある馬で、昨年2月に1000万特別を勝ってから2着が4回あり、再度勝利するまで6戦を要した。その前走はあまり得意ではなかった東京コースで完勝できたのは大きく、得意の中山コースに替わって引き続き勝ち負けの競馬に持ち込めそう。今回は初のマイル戦になるものの、血統的にはマイルでの活躍馬ばかりでむしろ向くのでは。もともと準オープンは2戦して2着が2回と好走実績があるし、引き続きルメール騎手に乗ってもらえるのはプラスで、ここも実力的には十分通用する。中山の芝は昨日からかなり時計が出やすい馬場状態で、後ろの方に下げすぎると届かない恐れも。

|

« 正攻法のレースで2着好走 | トップページ | 距離短縮に対応も最適とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正攻法のレースで2着好走 | トップページ | 距離短縮に対応も最適とは? »