« 振るわない成績に逆戻り | トップページ | 古豪の活躍で2勝を上積み »

2017.02.11

体質強化で3勝目は確実

今週は賑やかに6頭が出走し、いずれもチャンス十分で楽しみ。特にアルーアキャロルはキッチリと1000万条件を卒業しておきたい。

◆2/11(土)小倉7R 4歳上500万下(牝)…▲ブレッシングテレサ(▲坂井)
昨年2月に新馬勝ちをして以来、体質が弱くてなかなかレースに使えず、今回がようやく4戦目。10月の京都開催で7着後、外厩でじっくりと調整されてだいぶ体質も強化されたようで、速いところも乗られるようになり、この馬なりには成長している。牝馬限定の芝2000m戦なら条件面は申し分なく、これくらいのメンバーなら十分通用する実力の持ち主。3キロ減の51キロで出走できるのも有利。ただ、降雪のため開催できるか分からないし、道悪は決してプラスとは言えず、当日の馬場状態とレース展開次第で着順がガラリと変わりそう。

◆2/11(土)東京9R テレビ山梨杯…▲レーヌドブリエ(石川)
牝馬限定戦だけに全体的なレベルが高く、各馬にチャンスがありそうな混戦模様。この馬も前走は昇級戦ながら3着と好走しているものの、勝ち馬からはハッキリと離されてあまり惜しくない内容だった。とはいえ近走の走破時計はこのメンバーに入ってもかなり優秀で、差しが生きる流れになれば今回も上位争いは十分期待できそう。馬体が14キロ増えても全く太くなく、5歳にして馬体が完成した印象。長距離輸送はあるものの、また馬体が増えているようなら更に良い。後方からレースをする馬なので大外枠もむしろ好都合。

◆2/11(土)京都10R 飛鳥S…△アップクォーク(フォーリー)
いつも後方からレースを進めていた馬が、11月の前走はムーア騎手が乗って2番手から押し切る強い競馬で3勝目を挙げた。疲れを癒やしつつ3ヶ月ぶりの出走となり、まだ色々と弱いところはあるものの、重賞でも惜しい競馬ができていたし、デビューから7戦して4着を外したことなく堅実に走れる馬で、準オープンへの昇級戦でも格負けの心配はなさそう。ただ、初めての関西圏への輸送になるし当日は降雪が予想され、兄のストレンジクォークが道悪でサッパリ走れなかったことから、馬場が渋るようなら大幅減点が必要。12頭中、前走入着馬が10頭もいてレベルが高く、ここで好走できるようなら先が楽しみになる。

◆2/11(土)東京10R 銀蹄S…△ポイントブランク(蛯名)
2走前は今回と同じ東京ダート1400m戦で、前が詰まりに詰まっても3着と非常に惜しいレースだった。前走にしても、かなり外を回されながらも小差6着で、マイル以下に距離を短縮してから準オープンでも堅実に走れるようになってきた。時計面は上位争いできる水準にあるものの、メンバーを見渡すと強敵が揃った印象で、前へ行きたい馬が多くて展開面も不利。今回も外枠を引いてしまい、いっそ控えて差す競馬を試してみるのも面白そう。2走前に好走した時の蛯名騎手に乗ってもらえるのもプラスに。

◆2/11(土)東京12R 4歳上1000万下…◎アルーアキャロル(ルメール)
どんなに控え目に見ても重賞級の素質を持ちながら、前走後に軽度とはいえ2回目の骨折をしてしまい、4ヶ月ぶりで通算5戦目を迎える。2連勝したあと2着・2着と足踏みが続いたものの、負けた相手がその後に重賞を2勝したグレンツェントと川崎記念3着のコスモカナディアンなら仕方なしといったところ。今までは体質の弱さがあって熱発や疝痛があったのに、今回は非常に順調だったそうで、ようやく馬が完成の域に近づいている印象。ルメール騎手なら馬に気を抜かせずに走らせるだろうし、ここは何の不安もなく3勝目を挙げられる。

◆2/12(日)京都8R 4歳上1000万下(牝)…▲サンタエヴィータ(川田)
今年で6歳になり、牝馬なので遅くとも来月末までには引退を迎える。12月の前走は多少進路を取りづらいシーンはあったものの、1番人気を大きく裏切る10着に大敗した。ハッキリとした敗因が分からないのが不安だけど、しっかりと調整されて十分走れるデキにあるようだし、今回も乗り慣れた川田騎手が手綱を取ることになり、引き続き上位争いできる。時計面では断然の存在ながら、近走の着順は良くてもあまり惜しくないレースが続いていて、おそらくまた差す競馬になるはずで、前を捕らえきれない懸念も残る。引退までに何とかもう1勝を挙げて欲しい。

|

« 振るわない成績に逆戻り | トップページ | 古豪の活躍で2勝を上積み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 振るわない成績に逆戻り | トップページ | 古豪の活躍で2勝を上積み »