« 体質強化で3勝目は確実 | トップページ | 内にササらなければ上位も可能 »

2017.02.14

古豪の活躍で2勝を上積み

7歳馬と6歳馬の活躍で今週は2勝を上積みできた。ただし間違いなく勝てると踏んでいたアルーアキャロルが大敗を喫してしまい、まだ流れは良くなりきっていない。

◆2/11(土)東京9R テレビ山梨杯…▲レーヌドブリエ(石川)→8着
前走14キロ増えた分は今回の長距離輸送で全て減ってしまった。それでも細くは見えなかったし、この馬にしては珍しくチャカつくシーンもあまり見せずに落ち着いてパドックを周回できていた。揃ったスタートを切り、持ったまま下げて後方2番手に位置した。見るからに遅いペースに落ち着いてしまい、3コーナーに入ったあたりでも後方2番手のまま。抑えたまま少しポジションを押し上げつつ直線に入って大外に出すと、いい手応えでジリジリとは差を詰めつつも、なかなか前が止まらず8着止まり。上がり33.8秒の脚を使って8着だから流れが向かなかったことに尽きる。この馬のことだから、前へ出して行っても着順はあまり変わらなかったはず。
A43i4966 A43i5069

◆2/11(土)京都10R 飛鳥S…△アップクォーク(フォーリー)→2着
初の長距離輸送でもプラス2キロと減らなかったのは何よりもの好材料。落ち着いていたし、トモの伸びもしなやかで好仕上がり・好気配。揃ったスタートを切り、少し促して5番手あたりに付けた。大外枠だったため道中はやや掛かり加減。抑えて7番手に下げて3コーナーを迎え、直線に向いて馬群の外から一気に進出して一旦は勝ったかに見えたものの、残り300mあたりからはジリジリとした伸びになり、外から一気の脚を繰り出した勝ち馬には及ばなかったものの、最後まで渋太く伸びて2着を確保した。重馬場でのレースもこなせたし、前走で積極的なレースをした経験が今回に生きている。昇級戦でこれだけ走れれば文句なしで、準オープン卒業も近い。

◆2/11(土)東京10R 銀蹄S…△ポイントブランク(蛯名)→1着
大柄な馬なので4キロでも絞れたのはプラス。あまりパドックではよく見えない馬なのに、歩様に力強さがあって気配は良好。抜群のスタートを切って、労せず馬群の外から3番手をキープした。前を行く2頭から4馬身ほど離れた位置になり、スムーズな追走。被されないように4コーナーで少し外を回しつつ、直線に向いて残り400m地点から追われると、残り200mでは完全に抜け出して1馬身のリードを保って優勝、通算5勝目を挙げた。詰まりまくった2走前とは打って変わって何のロスもないスムーズなレースができたし、持ち込み馬だけに早め先頭から押し切る競馬も合っている。7歳にしてオープン入りとは非常に良く頑張ってくれている。今回の勝ち時計は翌日のオープン戦より速いし、過去に重度の骨折を2回しているだけに、7歳ながら19戦しかしておらず、馬もまだ傷んでないのでオープンに昇級しても善戦してくれそう。
A43i5155 A43i5278 A43i5327

◆2/11(土)東京12R 4歳上1000万下…◎アルーアキャロル(ルメール)→8着
俺様キャラでいつもうるさい面を見せていたのに、パドックで馬を一目見るなり、去勢でもしたのかと思えるほどすっかり大人しくなっていた。プラス8キロの数字以上にまだ馬体には余裕があった。今回もスタートが悪くて後方からの競馬となり、掛かり気味に馬群を割りつつポジションを押し上げて先団馬群に迫った。3コーナーに入る頃には3番手集団まで押し上げ、4コーナーから直線に向いた時には持ったままの抜群の手応えで2番手に上がり、圧勝ペースかと思ったら、いざ追われるとサッパリ伸びず、外から来た馬にもドッと交わされてしまい8着に終わった。向正面で後方から先団に取り付くくらい脚を使ってしまってはさすがに伸びないか。負けるとは夢にすら思っていなかったのでかなりショックだったけど、マイルの距離が長い可能性もあり、今回の大敗をいい経験にしたい。
A43i5541 A43i5599

◆2/12(日)京都8R 4歳上1000万下(牝)…▲サンタエヴィータ(川田)→1着
この馬はパドックでの落ち着き具合が成績に直結するタイプ。チャカつくことなく落ち着いて歩けていたのは好材料。でもプラス20キロの数字通り、馬体にメリハリがなかったのは気になった。揃ったスタートを切り、最初は抑えつつジンワリとポジションを押し上げ、1コーナーに入る時には外の3番手に位置した。こういうポジションを取れれば力が上で、この時点で勝利を確信。向正面でマクる馬がいて4番手になったものの、3コーナーでは抑えたままスッと3番手に上がり、直線に向く頃には労せず先頭に立って抜け出すと、残り200m地点で外から来た差し馬に迫られたものの、あまり危なげなく1馬身のリードを保って1着、通算3勝目を挙げた。同じ日の未勝利戦より0.7秒遅いタイムだけど、間もなく引退・繁殖入りする馬なので強い勝ち方をする必要は全くない。6歳の牝馬ながらよく頑張ってくれた。3月末までにもう1戦して繁殖入りの予定。

◆2/13(月)小倉7R 4歳上500万下(牝)…▲ブレッシングテレサ(▲坂井)→16着
降雪による順延の影響があったのか、6キロ減っていたのはあまり褒められず。ただイレ込む様子は全くなく、クビを使って気分良さそうにパドックを周回していた。スタート直後に両サイドから挟まれたものの、持ったまま2番手に上がって1コーナーに入った。平均的なペースになり、道中は2番手をキープしたまま特に絡まれることなくスムーズな展開に。3コーナーに入ったあたりから急に手応えが悪くなり、4コーナーから直線に向いた頃には既に勝負圏外。直線では下がる一方で2.3秒差の最下位に大敗した。道中は特に不利はなかったし、51キロの減量騎手が乗っていたので負担も軽かったはず。ちょっと敗因が分からない。

【次週出走予定】
◆2/16(木)園田9R A1特別トータリゼータC…レッドダニエル(吉村)
◆2/16(木)大井12R 紅梅賞…ブリージーストーム(真島)
◆2/18(土)京都3R 3歳未勝利…オーサム(未定)
◆2/18(土)東京3R 3歳未勝利…カヴァレリア(未定)
◆2/18(土)京都12R 4歳上1000万下…クロークス(和田)
◆2/19(日)東京5R 3歳新馬…コーブルク(未定)
◆2/19(日)東京8R 4歳上1000万下…ストレンジクォーク(ルメール)
◆2/19(日)小倉11R 小倉大賞典…ストロングタイタン(北村友)
◆2/19(日)東京12R 大島特別…アナザーバージョン(内田博)

|

« 体質強化で3勝目は確実 | トップページ | 内にササらなければ上位も可能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体質強化で3勝目は確実 | トップページ | 内にササらなければ上位も可能 »