« JRA初出走は中山金杯 | トップページ | 抽選をクリアした運を生かしたい »

2017.01.06

気の悪さを見せて大敗

重賞初挑戦のストロングタイタンは厚い壁に跳ね返される結果に。でも強くなるためには今回のように厳しい流れでモマれる経験も必要。

◆01/05(木)中山11R 中山金杯…▲ストロングタイタン(川田)→9着
実馬を見るのは昨年9月の芙蓉S以来。冬毛が伸びて毛艶が悪く見えたのは寒い時期だけに問題ないとして、全体的に落ち着きを欠いていたし、うまく背中を使えずゴトゴトした歩き方をしていたのが気になり、馬券は買いづらい雰囲気。ゲートの中でガタついてしまい、あまり良くないスタートを切ってもすぐに挽回して5番手に付けた。速い流れでバラけた縦長の展開となり、向正面まではスムーズに走れていたものの、3コーナーの手前で後方から進出してきた馬に外から並び掛けられた途端、馬がエキサイトして付いて行ってしまい、3コーナーに入った頃には落ち着いて5番手をキープ。ところがそのあたりから今度は手応えが怪しくなり、4コーナーで後続に来られた時に全く抵抗できず伸びあぐねてしまい、直線に入ってもバテはしなくても勝負圏外に沈んで9着となった。今回は気性面の若さを見せたし、デキも完調とは言えず、次走また改めて期待したい。夏の暑い時期の方がいいのかも。

|

« JRA初出走は中山金杯 | トップページ | 抽選をクリアした運を生かしたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JRA初出走は中山金杯 | トップページ | 抽選をクリアした運を生かしたい »