« 障害練習の効果はいかに? | トップページ | 好走できるかは展開次第 »

2017.01.19

久々の好走でホッと一安心

今週も勝ち星は挙げられなかったけど、ウェスタールンドがうまく立ち直ってくれて安堵した。

◆1/14(土)京都5R 3歳未勝利…×アスティル(シュミノー)→11着
イレ込むほどではないにせよ、前走と同様に終始チャカつきながらパドックを周回していたし、馬場に出た後の返し馬でもクビを使わない走りで、前走からの良化度合いは薄そうに見えた。あまり良いスタートではなく、少し促して後方馬群の中へ。レース中は前走よりもクビを使ったフットワークになっていた。道中はずっとジョッキーが追っ付け気味で、馬群の内側を走らせて3~4コーナーでは中団まで位置を押し上げたものの、直線に向いてからはサッパリ延びず11着に終わった。着順は前走より悪化してしまったけど、かなりメンバーレベルの高い一戦だったし、走法には進境が見られたので、もっと長い距離を馬なりで走らせて直線だけ追い込むような競馬をして、力まずに走れるようになれば前進可能。

◆1/14(土)京都10R 北大路特別…×レーヌドブリエ(藤岡佑)→3着
14キロ増の450キロは過去最高馬体重。全く太い印象はなく、むしろこれくらいでいい。パドックではいつも通りチャカつきながらの周回。この馬にしては珍しくいいスタートを切り、後方6番手くらいに位置した。3コーナー手前から馬群の中に入れ、4コーナーではラチ沿いに進路を取って中団あたりに位置を押し上げ、直線に向いてしばらくしてから追い出すと、あまりピリッと脚は繰り出せず、3着争いは制してゴールした。1着・2着馬はかなり強かったし、昇級戦の休み明けでこの内容なら文句なく、ジョッキーも上手く乗ってくれた。馬群の中から伸びてきてレース内容に自在性が出てきたのは今後を考えると好材料。ロスなく立ち回れば1000万条件でも勝つチャンスがありそう。

◆1/14(土)京都12R 4歳上1000万下…▲ソーディヴァイン(福永)→11着
いつもパドックではよく見える馬だけど、どうも覇気がないというか、力強さを感じない歩き方をしていたのが気になった。いつもよりいいスタートを切り、少し押して前へ行かせ、ハナは切れずに3番手に控えた。逃げ馬の直後でモマれる形になり、3番手をキープしたまま直線に向き、ラチ沿いピッタリに進路はあったのにサッパリ伸びず11着に大敗した。その気になれば3コーナーへ入るまでにハナを切れたのに、控えてしまった時点で好走はなくなった。内枠を引いてしまうと今後もこういったレース内容になりそう。いっそ1200mで追い込むレースを試す価値はあるかも。

◆1/15(日)中山3R 3歳新馬…×オーサム(石橋脩)→11着
502キロの大型馬なのにトモに全く力強さがなく、体つきもまだまだ幼くて、一目見ただけでこれはダメと断言できるほど未完成。飛び上がるようなスタートを切ってダッシュも鈍く、砂を被った途端に頭を上げてしまい後方2番手から。1コーナーに入ったあたりでジョッキーに追われるほど。向正面では最後方まで下がってしまい、全く進んで行く様子がなく、最後方のまま直線に向いてから馬群の外に出すと、ようやくまずまずの脚を使って何頭か交わして11着となった。メンバーレベルが異様に低く、時計も相当遅い中でこの内容ではどうしようもない。

◆1/15(日)中山10R ニューイヤーS…◎グランシルク(戸崎)→2着
クビを振ったりうるさい面を見せながらの周回はいつも通り。イレ込んでるわけではなく、歩様に力強さがあって好気配。ポンと好スタートを切って、一旦ハナに立ちかけたところを抑えて7番手くらいに控えた。いつもよりは前の位置取りで、平均的な流れになったのでちょうどいいポジション。道中の追走もスムーズで、4コーナーまではラチ沿いを走らせ、直線に向いたところでちょうど前が開いたところをジリジリと伸びたものの、2番手から先に抜け出した馬を交わすほどの勢いはなく2着まで。ロスなく立ち回れているし、平均ペースの高速決着の中で34.6秒で上がって2着だから、これは勝ち馬が強かったとしか言いようがない。
A43i3251

◆1/17(火)京都12R 4歳上1000万下…△ウェスタールンド(松若)→3着
降雪のため一旦は芝1800mに変更となったところ、火曜日に延期となって当初の条件どおり芝2000mでレースが行われた。3ヶ月ぶりでもいつも通り落ち着いてパドックを周回できていたし、ちょっとトモの歩様が甘く見えるのもいつも通り変わらず。揃ったスタートを切り、促してもなかなか前に進まず最後方から。9頭立ての割には縦長の展開となり、流れもややスローなペースに落ち着いた。道中の追走はスムーズで、最後方で抑えたまま3コーナーを回り、4コーナーから進出を開始して馬群の一番外に出して直線に向くと、1頭だけいい脚色で伸びてきて先頭に迫り、先に抜け出した2頭には及ばず3着となった。行った行ったの展開の中で伸びてきたのは価値があるし、ここ3走は全くの不振で今回も凡走したら障害入りもあり得ただけに、この好走は心底ホッとした。テンに行けないので、ワンターンの1800mに条件変更されなかったのもこの馬には良かった。今日の内容ならまた1000万条件を勝てる日も来る。

【次週出走予定】
◆1/22(日)京都4R 3歳500万下(牝)…アンデスクイーン(荻野琢)
◆1/22(日)中京6R 4歳上500万下(牝)…ノーブルソニック(中谷)
◆1/22(日)中京9R 4歳上500万下…エリオットベイ(福永)

|

« 障害練習の効果はいかに? | トップページ | 好走できるかは展開次第 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 障害練習の効果はいかに? | トップページ | 好走できるかは展開次第 »