« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017.01.30

今週2勝+大収穫のレース内容

今年の初勝利を含む計2勝を挙げられたほか、着順こそ10着と振るわなかったオーサムもレース内容はガラリと良くなるなど、5頭とも大きな収穫があって、成績も上向いてきそう。

◆1/28(土)東京3R 3歳新馬…△カヴァレリア(大野)→3着
514キロでもう一絞りできそうな体つきでも、落ち着いてパドックを周回していたし歩様にも気になるところはなく、力は出せる状態。揃ったスタートを切り、持ったまま急かせず中団馬群の外に位置した。道中の追走はスムーズで、3~4コーナーでは少し内に入れて砂を被らせつつ、直線に向いて再び馬群の外に出すといい脚で伸び、先に大きく抜け出した2頭には及ばなかったものの、脚色が衰えることなく3着争いはキッチリと制した。行った行ったの展開になり、1頭だけ後方から伸びてきたのは上々で、初勝利はそう遠くないはず。
A43i3740 A43i3965

◆1/28(土)東京5R 3歳未勝利(牝)…◎イストワールファム(ルメール)→1着
寒い時期でも馬体の張り艶が良好で、パドックの外めをキビキビとした歩様で周回し、申し分のない気配。あまり良いスタートではなく、持ったまま後方5番手くらいからの競馬に。縦長の展開になっても慌てず控えたままで、3~4コーナーでも動かず後方集団のまま。直線の入り口でやや促しつつ馬群の外に出すと、軽く追われただけで素晴らしい脚色で伸びてきて、ムチを使うことなく残り200m地点で先頭に立ち、あとは流して1着となって初勝利を挙げた。レース内容・時計面ともにケチの付けようがなく、これは上のクラスに行っても楽しみな逸材。気性面に全く問題がない馬なので、距離延長でも走れそう。
A43i4270 A43i4314 A43i4364

◆1/28(土)京都7R 4歳上500万下…△クロークス(和田)→1着
20キロ増えて482キロという数字を見た時はガッカリしたけど、パドックを見ると全く太い印象はなく、全て成長分と言えるほど付くべきところに肉がついた素晴らしい馬体。歩様にも力強さがあって、今まで見た中では断然の好気配。好スタートを決め、少し促しただけで労せずスンナリとハナに立てた。2馬身ほどのリードを取って、スローに落とさず平均的なペースで逃げた。道中は絡まれることなく、3~4コーナーに入ってもいい手応えのまま1馬身ほどのリードをキープ。直線に入ってから追い出され、1馬身のリードを保ったまま後続に迫らせず、鮮やかな逃げ切り勝ちをおさめた。馬体・気配とも素晴らしかったし、和田騎手もこれ以上は考えられない芸術的なペースで逃げてくれた。あまりにも鮮やかすぎたので昇級して通用するか不安だけど、バテない強みはもっているので、スンナリと逃がしてもらえればチャンスもあるはず。

◆1/29(日)京都3R 3歳未勝利…×オーサム(松田)→10着
6キロ減って496キロでも馬体にメリハリがなくまだ絞れそうな体つき。それでもトモの歩様は前走よりも力強さが出てきた。伸びるようにゲートを出てあまり良いスタートではなかったものの、二の脚は速くて4番手に位置した。内ラチ沿いに入れての追走で、今回は砂を被っても走りはスムーズ。時々松田騎手に気合いを入れられつつも、4番手をキープしたまま4コーナーに入り、一瞬は上位好走を夢見たものの、直線に入ってからは完全に脚があ上がってしまい10着に終わった。良さが全く見られなかった前走とは打って変わって、先行できるようになったし、上に伸び上がるような走りも見せず、砂を被ってもヒルまなくなり、着順こそあまり変わらなくてもレース内容は格段に良くなった。前へ行けるようになった点は大きな進境で、もっと馬体が絞れれば着順も良くなるはず。

◆1/29(日)東京4R 3歳未勝利…◎グラドゥアーレ(ルメール)→2着
前肢の出が硬いのはいつも通り。特に気の悪さを見せることもなかったし、トモの踏み込みに力強さがあって、十分力は出せる状態に見えた。今回は揃ったスタートを切り、抑え加減でジンワリとハナに立った。1馬身ほどリードをとった平均ペースの逃げとなり、道中は絡まれることなくスムーズな展開に。4コーナーでは後続にクビほどの差まで詰め寄られたものの、手応えは楽なまま。直線に向いても追い出しを待つ余裕があり、残り400m過ぎから追われていったん2馬身ほど抜け出したものの、残り100m地点で脚色が鈍って2着に敗れた。ハナに立ったのは誤算だったかもしれないけど、スタートが良くなったのは今後を考えるとプラスで、この馬もよく走っているけど勝ち馬に巧く乗られてしまった。母は短距離馬だったし、もしかしたら1400mくらいの方がいいかもしれない。

【次週出走予定】
◆2/02(木)園田9R A1立春特別…レッドダニエル(吉村)
◆2/04(土)京都6R 3歳未勝利…アスティル(未定)
◆2/04(土)京都9R 稲荷特別…ウェスタールンド(鮫島駿)
◆2/04(土)東京10R 箱根特別…シャクンタラー(北村宏)

| | コメント (0)

2017.01.28

今週こそは勝ち星を

JRA・地方とも今年はまだ勝ち星なし。でも今週は確勝級の馬が2頭いて初勝利を挙げられそう。

◆1/28(土)東京3R 3歳新馬…△カヴァレリア(大野)
エンパイアメーカー産駒で500キロ超の大型馬。いかにもダートが合いそうなタイプ。昨年9月に入厩してすぐにゲート試験は合格し、一旦外厩に放牧されてから12月中旬に再入厩してじっくりと乗り込まれ、仕上がりは上々。距離損はあってもゲート後入れで出遅れる可能性が低くなる大外枠を引いたのは好材料。新聞を見るとあまり印は付いていないけど、走る時のフォームを絶賛されていて、互角のスタートを切れるようなら上位争いも十分可能なはず。

◆1/28(土)東京5R 3歳未勝利(牝)…◎イストワールファム(ルメール)
デビュー戦の前走は、後方3番手からスローな流れの中で33.1秒の上がりを使いつつも届かず3着と、もう少しだけいいポジションを取れていればといったレース内容だった。左前の球節が腫れて3ヶ月半ぶりの出走となり、それでもずっと14秒ペースでは乗られていたので十分仕上がってレースに臨める。ここでは決め手が断然上だし、1800mなら展開不問で走れるはずで、ここは勝利が期待できそう。

◆1/28(土)京都7R 4歳上500万下…△クロークス(和田)
レース中にどこかへすっ飛んで行ってしまう気の悪さがあり、アテにできないタイプ。決め手を持ち合わせていない分、マトモに走ればなかなかバテない渋太さはある馬で、ダート1900mという条件は向いている。11頭立てと少頭数で先行馬が全く見当たらず、スンナリとハナを切れるようなら、ペース判断が上手い和田騎手が鞍上ということもあり、粘り込みも期待できそう。新聞では重い印もあるけど、あくまで逃げがハマるようならといった存在で、過剰人気の印象。

◆1/29(日)京都3R 3歳未勝利…×オーサム(松田)
中山の超低レベルメンバーの新馬戦でデビュー。上へ飛び上がるようなフットワークをしてなかなか前へ進まず、最後方から馬場を掃除してきただけに終わった。今回は中1週で使われ、調教の動きも更に悪化してしまったし、関西でのレースで相手も強化され、今回も見せ場すら作れない結果に終わりそう。一応、前走で砂を被る経験はできたことと、力の要る中山ではなく軽い京都のダートに替わることで砂質が合うようなら多少は前進できる可能性もある。

◆1/29(日)東京4R 3歳未勝利…◎グラドゥアーレ(ルメール)
前走はゲートでガタついてしまい、後方から馬群の外にも出せずスローな展開に泣いて5着止まり。右前が少し腫れて3ヶ月ぶりの出走となる。休ませた期間はごく短く、すぐに14秒ペースで乗られていたし、追い切りでの動きも格段に良くなってきたとのことで、いい仕上がりでレースに臨める。過去2戦とも、スタートさえもう少しマトモならといったレース内容で、実力的にはすぐに勝てるレベルにある。ゲート後入れの偶数番を引いたし、あまり大きく出遅れなければ勝ち負けの競馬に持ち込める。

| | コメント (0)

2017.01.27

外回りが合わずに掲示板を外す

例年、大井は1~3月の昼間開催時の成績が芳しくなく、未勝利のまま。

◆1/23(月)大井11R ガーネット賞…△ブリージーストーム(笹川)→8着
冬毛がモコモコとして見栄えはせず。歩様にもあまり力強さは感じなかったものの、気分良さそうにパドックを周回していた。少し躓き気味のスタートを切って、あまり積極的には行かせず2番手に位置した。9頭立ての少頭数のわりには縦長の展開となり、ペースも平均的な流れになってちょうどいい位置取り。ペースアップした3コーナーの手前から急激に手応えが悪くなり、4コーナーに差し掛かった時には早くも後方集団まで下がってしまい、2.6秒差の8着に大敗した。向正面で後退していることから距離云々ではなく、また気ムラな面が出た様子。今年から格付けの基準額が変わり、B1に降級できなかったのも痛い。
A43i3424 A43i3471

◆1/26(木)大井12R ジャニュアリー賞…◎ガーデンズキュー(笹川)→7着
前走で馬体が減っていたことから4キロ増は好材料。ちょっと歩き方が小さいのは気になったけど、気の悪さを見せることなく落ち着いてパドックを周回できていた。好スタートを切り、スッと抑えてちょうど中団あたりに位置した。コーナーワークで1コーナーを回る頃には最内の4番手となり、ラチ沿いでじっくり構える態勢に。いい手応えのまま逃げ馬の直後をキープして3~4コーナーを回り、直線に入っても最内を通ってジリジリとは伸びたものの、残り100m地点から脚色が鈍ってしまい7着に敗れた。1番ゲートを引いたので仕方がないとはいえ、直線で伸びない最内に入れてしまったのは誤算。ここ最近は早めに仕掛けるレースをしていたので、直線の長い外回りは逆に合わなかったか。
A43i3553

| | コメント (0)

2017.01.25

条件好転で今回は勝ち負け

ここのところすっかり成績が安定したガーデンズキュー、待望の良馬場+外回りコースで今回は首位争いが可能。

◆1/26(木)大井12R ジャニュアリー賞…◎ガーデンズキュー(笹川)
ここ3戦は内回りの1600mで好走しているけど、脚質的に外回りの1800mが最適条件。苦手な道悪でも好走できていたので、良馬場でレースを迎えられる今回はさらなる前進は必至。ただ、16頭フルゲートであまり力差のない大混戦で、勝ち負けに加われるのは確実でも、展開の助けは欲しいところ。馬群を苦にしなくなった今なら最内枠はかえってプラスのはず。

| | コメント (0)

2017.01.22

積極策で掲示板を確保

今週も人気のわりにはまずまずの結果。徐々に成績も上向いてきそう。

◆1/22(日)京都4R 3歳500万下(牝)…△アンデスクイーン(荻野琢)→5着
前脚を叩き付けるような歩き方をしているのはいつも通り。コンスタントに使われても疲れた様子はなく、一連の状態はキープしているように見えた。揃ったスタートを切り、押して行かせても芝の地点ではなかなか行き脚が付かずに中団から。馬群の内に入れてラチ沿いを進める形に。3~4コーナーも終始ラチ沿いの経済コースを回って、中団のまま脚をためて直線に向くと、前は開いていたもののジリジリとした伸びにとどまって1.3秒差の5着となった。5着でも勝ち馬とはかなり差を付けられてしまい、時計も遅くてちょっと物足りないレース内容。

◆1/22(日)中京6R 4歳上500万下(牝)…×ノーブルソニック(中谷)→5着
馬体を減らさずにレースへ臨めたし、中1週でも無駄な動作をせずキビキビとパドックを周回していて、前走とは打って変わって良好な気配。揃ったスタートを切り、押して前へ行かせて5~6番手あたりに位置した。馬群の外に出して向正面では5番手の先頭を伺う位置に上がり、今までにない積極的な位置取り。3コーナーからは4番手に上がって引き続き馬群の外を回して直線に向くと、ちょっと内にモタれる面も見せつつジリジリと伸び、残り100m地点から脚色が鈍ってしまい5着まで。今回はジョッキーも闘志あふれる乗り方をしてくれて感謝するばかり。4番手でレースをしたのは初めてで、今後につながるのでは。

◆1/22(日)中京9R 4歳上500万下…×エリオットベイ(丸田)→15着
福永騎手が病気のため丸田騎手の乗り替わり。13ヶ月ぶりでプラス18キロのわりには太く見えず、むしろトモの肉付きが寂しく見えたくらい。まずまずのスタートを切り、あまり急かせず馬なりで進めて8番手くらいで1コーナーに入った。縦長の展開になり、ちょうど周囲に馬がおらずスムーズに追走。8番手をキープしたまま3~4コーナーを回ったものの、直線に向いた途端に脚色が鈍くなり、坂を上がったあたりからは後退する一方で15着に終わった。さすがにブランクが長すぎたし、凍結防止剤が撒かれた力の要るダートでは辛かったか。

【次週出走予定】
◆1/23(月)大井11R ガーネット賞…ブリージーストーム(笹川)
◆1/25(水)園田9R リミテッドC2特別…ハルカカナタ(田中学)
◆1/26(木)大井12R ジャニュアリー賞…ガーデンズキュー(笹川)
◆1/28(土)東京3R 3歳新馬…カヴァレリア(未定)
◆1/28(土)東京5R 3歳未勝利(牝)…イストワールファム(ルメール)
◆1/28(土)中京9R 4歳上500万下…クロークス(未定)
◆1/29(日)東京4R 3歳未勝利…グラドゥアーレ(ルメール)

| | コメント (0)

2017.01.21

好走できるかは展開次第

今週もちょっと勝ち負けは厳しそうな馬ばかりだけど、月曜(大井)のブリージーストームは一発の可能性もある。

◆1/22(日)京都4R 3歳500万下(牝)…△アンデスクイーン(荻野琢)
ダートの未勝利戦は3戦して2着・2着・1着と安定して走れている。前走は先行策から押し切る好内容で、昇級戦の今回も上位争いできそう。メンバーを見渡すと時計面でも大威張りできるけど、初ダート組が何頭かいて力関係は分かりにくい。クラスが上がったことによって前走のような先行策は難しそうで、2走前・3走前のように差し脚を生かしたレースをしたい。

◆1/22(日)中京6R 4歳上500万下(牝)…×ノーブルソニック(中谷)
前走は4ヶ月ぶりなのに10キロ減で状態が今ひとつだったところを中1週で使ってきて、何の工夫もなく1周回ってきただけのジョッキーを再度乗せるなど、レース前から不満だらけ。全く先行できない馬なので12頭立てと比較的少ない頭数になったのは好材料で、相手云々ではなく流れが向けば入着くらいはあっても不思議ではない。馬体が減っていないことが条件になりそう。

◆1/22(日)中京9R 4歳上500万下…×エリオットベイ(福永)
休養中に膝の骨折が判明して13ヶ月ぶりの超久々の出走となる。未勝利戦では常に3着以内と好走していたのに、500万へ昇級してからは苦戦気味で、これだけ長く休んでいたのでさすがに今回は条件が厳しそう。それでも調教の動きはなかなか良かったようだし、福永騎手に乗ってもらえるのもプラス。着順はともかくとして見せ場を作るようなレースを期待したい。

◆1/23(月)大井11R ガーネット賞…△ブリージーストーム(笹川)
休み明けから5戦目となり、そろそろ疲れが出てくる頃かと思ったら、珍しく調教でいい動きを見せたそうで状態面は文句なさそう。2000mは初距離になるけど、ここのところスタートダッシュが鈍いので先手を取りやすくなるはずだし、折り合いに苦労するタイプでもなく、9頭立ての少頭数でスローペースになりそうなことから、かえってこれくらいの距離の方が向いている可能性も。全妹のララベルも2000mのオープン戦で勝っている点も心強い。5連勝中の馬やJRAからの転入馬など強敵揃いだけど、もともと自分のレースができれば強さを見せる馬なので、ハミを抜いてレースを止めるようなところを見せなければ上位好走も十分可能。

| | コメント (0)

2017.01.19

久々の好走でホッと一安心

今週も勝ち星は挙げられなかったけど、ウェスタールンドがうまく立ち直ってくれて安堵した。

◆1/14(土)京都5R 3歳未勝利…×アスティル(シュミノー)→11着
イレ込むほどではないにせよ、前走と同様に終始チャカつきながらパドックを周回していたし、馬場に出た後の返し馬でもクビを使わない走りで、前走からの良化度合いは薄そうに見えた。あまり良いスタートではなく、少し促して後方馬群の中へ。レース中は前走よりもクビを使ったフットワークになっていた。道中はずっとジョッキーが追っ付け気味で、馬群の内側を走らせて3~4コーナーでは中団まで位置を押し上げたものの、直線に向いてからはサッパリ延びず11着に終わった。着順は前走より悪化してしまったけど、かなりメンバーレベルの高い一戦だったし、走法には進境が見られたので、もっと長い距離を馬なりで走らせて直線だけ追い込むような競馬をして、力まずに走れるようになれば前進可能。

◆1/14(土)京都10R 北大路特別…×レーヌドブリエ(藤岡佑)→3着
14キロ増の450キロは過去最高馬体重。全く太い印象はなく、むしろこれくらいでいい。パドックではいつも通りチャカつきながらの周回。この馬にしては珍しくいいスタートを切り、後方6番手くらいに位置した。3コーナー手前から馬群の中に入れ、4コーナーではラチ沿いに進路を取って中団あたりに位置を押し上げ、直線に向いてしばらくしてから追い出すと、あまりピリッと脚は繰り出せず、3着争いは制してゴールした。1着・2着馬はかなり強かったし、昇級戦の休み明けでこの内容なら文句なく、ジョッキーも上手く乗ってくれた。馬群の中から伸びてきてレース内容に自在性が出てきたのは今後を考えると好材料。ロスなく立ち回れば1000万条件でも勝つチャンスがありそう。

◆1/14(土)京都12R 4歳上1000万下…▲ソーディヴァイン(福永)→11着
いつもパドックではよく見える馬だけど、どうも覇気がないというか、力強さを感じない歩き方をしていたのが気になった。いつもよりいいスタートを切り、少し押して前へ行かせ、ハナは切れずに3番手に控えた。逃げ馬の直後でモマれる形になり、3番手をキープしたまま直線に向き、ラチ沿いピッタリに進路はあったのにサッパリ伸びず11着に大敗した。その気になれば3コーナーへ入るまでにハナを切れたのに、控えてしまった時点で好走はなくなった。内枠を引いてしまうと今後もこういったレース内容になりそう。いっそ1200mで追い込むレースを試す価値はあるかも。

◆1/15(日)中山3R 3歳新馬…×オーサム(石橋脩)→11着
502キロの大型馬なのにトモに全く力強さがなく、体つきもまだまだ幼くて、一目見ただけでこれはダメと断言できるほど未完成。飛び上がるようなスタートを切ってダッシュも鈍く、砂を被った途端に頭を上げてしまい後方2番手から。1コーナーに入ったあたりでジョッキーに追われるほど。向正面では最後方まで下がってしまい、全く進んで行く様子がなく、最後方のまま直線に向いてから馬群の外に出すと、ようやくまずまずの脚を使って何頭か交わして11着となった。メンバーレベルが異様に低く、時計も相当遅い中でこの内容ではどうしようもない。

◆1/15(日)中山10R ニューイヤーS…◎グランシルク(戸崎)→2着
クビを振ったりうるさい面を見せながらの周回はいつも通り。イレ込んでるわけではなく、歩様に力強さがあって好気配。ポンと好スタートを切って、一旦ハナに立ちかけたところを抑えて7番手くらいに控えた。いつもよりは前の位置取りで、平均的な流れになったのでちょうどいいポジション。道中の追走もスムーズで、4コーナーまではラチ沿いを走らせ、直線に向いたところでちょうど前が開いたところをジリジリと伸びたものの、2番手から先に抜け出した馬を交わすほどの勢いはなく2着まで。ロスなく立ち回れているし、平均ペースの高速決着の中で34.6秒で上がって2着だから、これは勝ち馬が強かったとしか言いようがない。
A43i3251

◆1/17(火)京都12R 4歳上1000万下…△ウェスタールンド(松若)→3着
降雪のため一旦は芝1800mに変更となったところ、火曜日に延期となって当初の条件どおり芝2000mでレースが行われた。3ヶ月ぶりでもいつも通り落ち着いてパドックを周回できていたし、ちょっとトモの歩様が甘く見えるのもいつも通り変わらず。揃ったスタートを切り、促してもなかなか前に進まず最後方から。9頭立ての割には縦長の展開となり、流れもややスローなペースに落ち着いた。道中の追走はスムーズで、最後方で抑えたまま3コーナーを回り、4コーナーから進出を開始して馬群の一番外に出して直線に向くと、1頭だけいい脚色で伸びてきて先頭に迫り、先に抜け出した2頭には及ばず3着となった。行った行ったの展開の中で伸びてきたのは価値があるし、ここ3走は全くの不振で今回も凡走したら障害入りもあり得ただけに、この好走は心底ホッとした。テンに行けないので、ワンターンの1800mに条件変更されなかったのもこの馬には良かった。今日の内容ならまた1000万条件を勝てる日も来る。

【次週出走予定】
◆1/22(日)京都4R 3歳500万下(牝)…アンデスクイーン(荻野琢)
◆1/22(日)中京6R 4歳上500万下(牝)…ノーブルソニック(中谷)
◆1/22(日)中京9R 4歳上500万下…エリオットベイ(福永)

| | コメント (0)

2017.01.14

障害練習の効果はいかに?

今週は6頭が出走し、いずれもハマれば頭までありそうだけど大敗の可能性もある、ちょっとアテにしづらい顔ぶれ。ここのところ不振だったウェスタールンド、障害練習まで取り入れてしっかりと立て直され、どこまで巻き返せるか。

◆1/14(土)京都5R 3歳未勝利…×アスティル(シュミノー)
デビュー戦の前走は出遅れがたたって後方からあまり差を詰められず9着に敗れたものの、勝ち馬とは0.4秒差で、着順ほど負けていない。ゲートが互角である程度のポジションを取れるようならもう少し前進できそう。およそ3ヶ月ぶりでも、この中間はしっかり乗られていたようで2戦目の上積みも見込める。ただ、その前走はかなりレベルの低いメンバー構成だったのも事実で、今回は前走入着馬が多くて強気にはなれない。道悪はプラスに働く可能性も。前走は首を全く使わずバランスの悪い走りだったので、体の使い方が上手くなっているかがカギになる。

◆1/14(土)京都10R 北大路特別…×レーヌドブリエ(藤岡佑)
500万条件とはいえここ2戦はかなり速い時計で走っていて、1000万条件への再昇級となる今回も時計面ではヒケを取らない。左回りの方が走れているけど、京都コースは1戦1勝で、非力なタイプだから直線平坦コースは向いているはず。3ヶ月ぶりでも特に痛いところがあったわけではないし、ここを目標に仕上がりは良好。13頭中、前走1000万条件で入着していた馬が9頭とかなりレベルが高く、ここは展開が向いた時の入着候補といったところか。おそらく道悪になりそうな点もマイナス材料。

◆1/14(土)京都12R 4歳上1000万下…▲ソーディヴァイン(福永)
リフレッシュ放牧後、昨年末に出走する予定がフレグモーネのため少し間隔が開いてしまった。もともと休み明けの方が走れるタイプだし、一頓挫あったとはいえ完全に休ませたわけではなく、走れる仕上がりにあるはず。1000万条件でも十分通用するところは2走前の2着で証明しているけど、今回は前へ行きたい馬が多く、3番ゲートを引いたことで行き切るか控えるか、乗り方が難しくなってしまった。ゲートの出が遅くて二の脚が速いので、奇数番を引いたのも減点材料。モマれると良くないタイプなので、ここは積極的にハナを奪って行き切って欲しい。脚抜きの良いダートの道悪は得意なはず。

◆1/15(日)中山3R 3歳新馬…×オーサム(石橋脩)
グリーンファームの出資馬。500キロ級のゴールドアリュール牡馬で、中山ダート1800mの条件は合っている。11月上旬に栗東トレセンへ入厩してから順調に乗り込まれてはいるものの、まだ馬体に緩さがあるようで、わざわざ中山でデビューさせるのも絞りたい意図もありそう。調教では水準級の動きを見せているし、抜けた馬も見当たらないので、上手く先手を取れるようなら上位争いも可能。逆にスタートで後手を踏むようなら苦戦必至。

◆1/15(日)中山10R ニューイヤーS…◎グランシルク(戸崎)
昨年末の阪神カップは、かなり強いメンバー構成と外枠がたたって上位好走はできなかった。オープン特別なら力は上位だし、昨年のこのレースで3着となった時よりも順調度で上回っており、ここは勝ち負けに持ち込める。中山芝1600mも最適条件で、内の3番ゲートを引いたのも好材料。ここで賞金を加算してまた重賞路線を歩ませたい。個人的に、出資馬がオープン特別に出走した時の成績が[0-8-7-44]と極端に悪いのが気がかり。

◆1/15(日)京都12R 4歳上1000万下…△ウェスタールンド(松若)
昨年3月に1000万特別を勝ち、準オープンでも5着・5着と好走できたのに、1000万クラスに降級してからサッパリの成績が続いている。特に馬体を傷めたわけではないし、気性面に問題がありそう。レース序盤はまるで走る気を見せない馬なので1800mでは距離が短すぎ、今回は2000m戦になってレースはしやすくなるはず。器用さが売りのネオユニヴァース産駒で内回りコースもプラス。この中間に障害練習を取り入れたところ、気の悪さが解消してきたとのことで、ここは近走不振を払拭する走りを見せて欲しい。切れる脚を持っている馬なので、馬場が渋ると大幅に減点が必要。

| | コメント (0)

2017.01.09

先が思いやられる不振ぶり

新年の第1週目は、中山金杯を含めて馬券圏内がゼロの振るわない結果に。昨秋あたりからどうにも流れが悪く、しばらく不振が続きそう。いいことばかりは続かないけど、悪いことばかりも続かないので、こういう時はひたすら耐えるしかない。

◆1/07(土)京都2R 3歳未勝利…×ウィッシュノート(松若)→4着
前走と変わらない馬体重で、いつものように小走り気味でパドックを周回していたものの、イレ込むほどではなく許容範囲。良いスタートが切れず中団から進め、馬群の内に入れて3コーナーに入るあたりでは中団に付けた。4コーナーではラチ沿いでジッと我慢して、直線に向いてから追い出すと、うまく馬群を捌きつつジリジリと差を詰めて4着となった。今回も松若騎手が非常に上手く乗ってくれ、これ以上の着順は無理じゃないかと思えるほど。今のところこれくらいが精一杯だけど、もっと馬体が増えてくれば勝ち負けできるレベルには持って行けるはず。

◆1/07(土)京都8R 4歳上1000万下…×マズルファイヤー(岩田)→15着
重厚な馬体でパドックではいつも良く見える馬。今回もトモの踏み込みに力強さはあっても、トモの肉付きが落ちていたのが気になった。まずまずのスタートから、押して4番手に付けた。ラチ沿いの経済コースを通り、4コーナーまでは4番手を死守していたものの、直線に向いてからは早々に手応えをなくして後退する一方でブービーの15着に大敗した。1200mのスピードには付いて行けたけど、まだ馬体が太いにせよバッタリと止まりすぎ。しっかり絞った上で、もう1回ダート1400m戦を使えないものか。

◆1/08(日)水沢1R 3歳C1(一)…△ドライビングジョイ(菅原俊)→7着
馬体に増減はなく、パドックは落ち着いて周回できていたし、ゲートの中でもガタ付くことはなかった。まずまずのスタートを切り、少し押してポジションを取りに行こうとしたところ、1コーナーの時点でジョッキーがハミを掛け直すような動作をしていて、向正面に入る頃には最後方へ下がってしまった。そこからは馬群の外に出し、3コーナーから差を詰めようとしたものの、むしろ離される一方で3.1秒差の7着に大敗した。馬なりならいい走りをするのに追った途端に反抗するのは全く変わらず、前走よりもレース内容が悪化してしまった。予定通り今週木曜日のサラブレッドオークションに出品される。

◆1/08(日)京都7R 4歳上500万下(牝)…△ノーブルソニック(中谷)→10着
休み明けで10キロ減と、数字通りお腹のあたりが寂しく見えて気配は今ひとつ。今回もゲートの出が悪くてスタートダッシュも付かずに最後方から。向こう正面で持ったままじんわりと差を詰め、馬群の中に突っ込む形に。後方集団のまま3コーナーでは一旦馬群の外に出したものの、前が横に広がっていたので再度馬群の中に入れ、直線でもソコソコの脚で一旦は伸びかけ、あまり上手く馬群をさばけず10着に終わった。内にこだわるとか、距離損を覚悟で外をブン回すとか、いっそ向正面でマクるとかも一切せず、ただ周りに合わせて回ってきただけの、何の工夫もないクソ騎乗。

◆1/08(日)中山11R フェアリーS…△キュイキュイ(津村)→13着
3ヶ月ぶりの休み明けなのに、2キロとはいえ馬体が減っていたのはマイナス材料。パドックでも落ち着きを欠く面を見せて気配はあまり褒められず。返し馬でも気の悪さを見せていたし、ゲートに入れてからもガタついていた。立ち後れる形でゲートを出てしまい、後方2番手から。馬群の外から2コーナーで後方4番手まで位置を上げた。まずまずのペースでレースは流れ、4コーナーまではガッチリ持ったまま後方で控え、直線の入り口あたりから馬群の外を回して追われたものの、これといった伸びがなく道中の位置取りのままの13着に終わった。スタートで後手を踏んだのは仕方ないにせよ、前走のように外を回したのにサッパリ伸びなかった点は気がかり。自己条件で立て直す。
Dsc00514 Dsc00552

◆1/08(日)京都12R 4歳上1000万下…◎ストレンジクォーク(ルメール)→8着
3ヶ月ぶりでも馬体に増減なし。太いというより、馬体が上下方向に厚みを増したように見え、バランスが悪くなった印象。揃ったスタートを切り、少し抑え加減で3番手で1コーナーに入った。重馬場を考えればちょうどいい位置取りに思え、向正面でも手綱を持ったままの追走。道悪で時折ノメりながらも3番手をキープしたまま3~4コーナーを回ったものの、直線に入った途端に後続馬群に飲み込まれてしまい、後は全く追わずに流したまま直線を走らせて8着に終わった。直線での止まり方があまりにも急だったので故障を疑ったけど、特に問題なかった模様で一安心。息の入らない平均ペースになってしまい、馬場・展開とも不向きと敗因がハッキリしているので仕方なし。2200mの距離もプラスではなかった。

【次週出走予定】
◆1/11(水)園田6R C2普通…ハルカカナタ(田中学)
◆1/14(土)京都5R 3歳未勝利…アスティル(未定)
◆1/14(土)京都10R 北大路特別…レーヌドブリエ(藤岡佑)
◆1/14(土)京都12R 4歳上1000万下…ソーディヴァイン(未定)
◆1/15(日)中山3R 3歳新馬…オーサム(石橋脩)
◆1/15(日)中山10R ニューイヤーS…グランシルク(戸崎)
◆1/15(日)京都12R 4歳上1000万下…ウェスタールンド(松若)

| | コメント (0)

2017.01.07

抽選をクリアした運を生かしたい

日曜日に行われる重賞のフェアリーSにも出走があり、どこまで通用するか楽しみ。

◆1/07(土)京都2R 3歳未勝利…×ウィッシュノート(松若)
前走は松若騎手が最高に巧く乗ってくれて4着と、過去最高着順となった。時計も短縮できたし、最後までしっかりと走れるようになり、レース内容にも成長が見られる。状態は更に上向いているとのことで、今回もいいレースはできそうだけど、牝馬限定戦になってメンバーレベルはかえって上がったような印象だし、いかにもダートの方が良さそうな芝からの転戦組も多く、ここはあまり強気にはなれない。器用に立ち回れるようになった今となっては外枠を引いたのも減点材料。時計面は通用の余地があり、スムーズに先行できれば上位も。

◆1/07(土)京都8R 4歳上1000万下…×マズルファイヤー(岩田)
前走はかなり久々に芝のレースを使われたものの、半年ぶりがたたって直線で失速してしまった。今回はまたダートに戻り、距離を短縮して初の1200m戦に。ダート1400mなら3着が3回あるけれど、いずれもスピード不足だった印象で、さらに距離を短縮して良さが出るとは考えにくい。とはいえ超大型馬なので、展開次第ではパワーで圧倒して上位に食い込むシーンも。もう4年近く勝利から遠ざかっているので、もういい加減メドを立てておかないと引退の危機に。5分の1の抽選に通って出走にこぎ着けた運を生かしたい。

◆1/08(日)水沢1R 3歳C1(一)…△ドライビングジョイ(菅原俊)
昨年末、あと1万円賞金を獲得して南関東へ移籍という一戦で6着に敗れてしまい、今年に入ってから南関東へ移籍するにはあと51万円の賞金が必要なことから、このレースでファンドを解散することになった。門別の未勝利戦を決して悪くないタイムで勝っていて、マトモなら勝ち負けできる力は持っているはずだけど、どうにも馬が反抗して走ってくれない。結果的に馬を御せなかった鞍上がまた今回も乗るのは減点材料。それでも前走程度走れば5着には入れる計算で、前半はどんなに離れようと馬なりでレースを進め、後半で差を詰めるような競馬をすれば入着程度は期待できるのでは。もし仮にここを勝てるようなら、ファンドを継続しつつ一旦去勢してまた3月からの水沢開催に臨むのも悪くないと思う。

◆1/08(日)京都7R 4歳上500万下(牝)…△ノーブルソニック(中谷)
軽度の骨折があり4ヶ月ぶりの出走となる。とにかくスタートダッシュが鈍い馬で、芝でもダートでも前へ行けずに最後の直線だけで差を詰めるような競馬しかできない。それでも500万条件での好走実績はあるし、休み明けの方が走るタイプで、流れが向けば上位に好走できても不思議ない。牝馬限定戦でメンバーレベルも低め。ただ、調教内容からすると今回は仕上がり途上のようで、使ってからの方がいいかもしれない。

◆1/08(日)中山11R フェアリーS…△キュイキュイ(津村)
20分の13の抽選をクリアして出走できた。重賞とはいえオープン馬が3頭しかおらず、この馬も含めて他は1勝馬。例年、1勝馬でも十分通用しているし、スタート後にコーナーがある中山芝1600m戦とあって紛れが大きく、何回やっても勝ち馬が変わりそうな混戦模様。前走、東京の芝1600mでなかなか強い勝ち方をしているし、追い切りでもクビを使った躍動感ある動きを見せていて、上手く先行できるようなら上位好走も十分可能。馬群に包まれた新馬戦ではモタ付いてしまい、馬群の外を回した前走で快勝していることから、モマれないことが好走条件になりそう。

◆1/08(日)京都12R 4歳上1000万下…◎ストレンジクォーク(ルメール)
昨年2月に直線一気の鮮やかな追い込みを決めてから、準オープン・降級後の1000万条件で4戦連続2着と勝ち切れないレースが続いている。展開不向きだったり1頭だけ強い馬がいたりと、ちょっと運がなかった印象で、今回は11頭立ての少頭数になり、展開面での紛れはなさそうで力を発揮できるのでは。平場の割にはかなり強力なメンバー構成になってしまったし、この馬自身は初の関西圏への遠征で、さらに2200mへの距離延長され、実績的には最上位でも確勝とは言えない。パフォーマプロミスが相当な強敵。準オープンでも即通用することが分かりきっているだけに、1000万条件は早く卒業したい。

| | コメント (2)

2017.01.06

気の悪さを見せて大敗

重賞初挑戦のストロングタイタンは厚い壁に跳ね返される結果に。でも強くなるためには今回のように厳しい流れでモマれる経験も必要。

◆01/05(木)中山11R 中山金杯…▲ストロングタイタン(川田)→9着
実馬を見るのは昨年9月の芙蓉S以来。冬毛が伸びて毛艶が悪く見えたのは寒い時期だけに問題ないとして、全体的に落ち着きを欠いていたし、うまく背中を使えずゴトゴトした歩き方をしていたのが気になり、馬券は買いづらい雰囲気。ゲートの中でガタついてしまい、あまり良くないスタートを切ってもすぐに挽回して5番手に付けた。速い流れでバラけた縦長の展開となり、向正面まではスムーズに走れていたものの、3コーナーの手前で後方から進出してきた馬に外から並び掛けられた途端、馬がエキサイトして付いて行ってしまい、3コーナーに入った頃には落ち着いて5番手をキープ。ところがそのあたりから今度は手応えが怪しくなり、4コーナーで後続に来られた時に全く抵抗できず伸びあぐねてしまい、直線に入ってもバテはしなくても勝負圏外に沈んで9着となった。今回は気性面の若さを見せたし、デキも完調とは言えず、次走また改めて期待したい。夏の暑い時期の方がいいのかも。

| | コメント (0)

2017.01.04

JRA初出走は中山金杯

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

昨年は過去最高の勝利数・獲得賞金額を挙げられたものの、現4歳世代・3歳世代の40口馬が不振だったことと、現3歳世代は総じて順調さを欠き気味で、今年は成績的に苦戦が予想されます。ただ、今年は初日からストロングタイタンが重賞に有力馬として出走し、期待が持てる状況で楽しみです。過去5年で初勝利を挙げた日は、2012/6/16、2013/1/20、2014/1/6、2015/1/12、2016/1/16と、現役馬が極端に少なかった2012年を除けばおおむね早めで、今年も早いうちに勝利を挙げて勢いを付けたいところです。

◆01/05(木)中山11R 中山金杯…▲ストロングタイタン(川田)
500万・1000万・1600万を3連勝して重賞に臨むことになった。2歳時に強い内容で新馬戦を勝ったあと、2戦して着外が続いたものの、蹄のトラブルで長期休養から昨夏に復帰してからは見違えるように走りっぷりが良くなり、勝利を重ねるごとにレースの内容も強くなってきている。過去の4勝はいずれも平坦コースなので、坂のある中山コースでどうなるか不安はあるものの、前走は着差は0.1秒差でも全く危なげのない完勝だったし、54キロのハンデなら今回のメンバーでも十分通用する。フルゲートにならなかったのも好材料。2月の小倉大賞典が最適条件だけど、緒戦からいい結果を期待したい。

| | コメント (2)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »