« 思わぬ大敗を喫しクラシックが遠のく | トップページ | JRA初出走は中山金杯 »

2016.12.31

好騎乗で今年最後のレースを勝利で飾る

ここのところの成績が冴えず、あまり期待していなかったブレッザフレスカ、徐々に馬体が良くなっていたし、桑村騎手が巧く乗ってくれて今年最後のレースを勝利で飾れた。

◆12/31(土)大井5R C2(十五)(十六)…△ブレッザフレスカ(桑村)→1着
パドックでは時折クビを上げたりして少し気の悪さは見せていたけど、右トモの歩様はレースを重ねるごとに良くなり、この日は左右ともほぼバランスの取れた歩き方だった。好スタートを決め、押してハナに立たせた。半馬身ほどリードをとっての逃げで、3~4コーナーまではいい手応えのまま半馬身のリードをキープ。直線に入ってから追われ、いったんは1馬身ほど抜け出し、残り100m地点からは2番手にいた1番人気の馬の急追を受けたものの、クビ差しのいで1着、通算2勝目を飾った。ここ2戦とは打って変わってスムーズに前へ行けたし、桑村騎手も馬場状態を考えて少し内を空けた理想的なコースを通ってくれた。チラついていた引退の二文字も完全に遠のいてホッと一安心。道中の走り方もだいぶ良くなっていて、疲れを癒やせばC2クラスはアッサリと卒業してくれるはず。
A43i2537 A43i2689 A43i2760

|

« 思わぬ大敗を喫しクラシックが遠のく | トップページ | JRA初出走は中山金杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思わぬ大敗を喫しクラシックが遠のく | トップページ | JRA初出走は中山金杯 »