« 南関東に転入できず2歳にして引退確定 | トップページ | クラシック級の大物かどうか? »

2016.12.28

全兄ジャルディーノの足跡を辿って飛躍を

全兄のジャルディーノが4歳時に勝ったL-WING賞に妹のガーデンズキューが出走する。その兄も若い頃は気性面や蹄に問題を抱えてなかなか勝ち切れなかったのが、6歳時に一気に素質が開花して重賞勝ちを含む5連勝を飾り、昨日のオープン特別も優勝したほど。ガーデンズキューも最近は気性面の成長が歴然で、ここを勝って兄の成績に迫りたい。

◆12/28(水)大井11R L-WING賞…◎ガーデンズキュー(笹川)
2走前に1年5ヶ月ぶりの勝利を挙げ、前走では昇級戦にも関わらず今までにない圧倒的な強さを見せて連勝を飾った。今年の前半はレースを途中で止めてしまう悪癖を見せて不振が続き、引退を覚悟するまでに至ったのに、山元トレセンへ放牧してからは後肢に力が付いてスタートダッシュが利くようになったし、気性面が成長して馬群の中に入っても大丈夫になるなど、今年の後半は馬が変わったかのような活躍ぶり。レース間隔を1ヶ月以上とり、調教では長めから直線だけ追うのが好走パターン。今回もいい状態をキープしているそうだし、連勝時と同じ1600m戦で力が入る。昇級戦ながら思ったほど強力なメンバーではなく、実力面でも十分通用する。ただ、おそらく不良馬場のままだろうし、あまり外が伸びない馬場状態なので、前走のような早め先頭に立つような競馬をしたい。

|

« 南関東に転入できず2歳にして引退確定 | トップページ | クラシック級の大物かどうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南関東に転入できず2歳にして引退確定 | トップページ | クラシック級の大物かどうか? »